http://www.jasdaq.co.jp/
サイト準備中です

大変ご迷惑おかけいたしますが
後日再度ご訪問下さい

 

投資や資産運用を始める前に

投資や資産運用にはいろいろな種類があります。

株式投資・FX・投資信託(投信)・ETF・REIT・定期預金・保険・債権(国債・社債)・不動産(ビル・マンション・アパート・土地・駐車場)・商品先物・オプション・海外ファンド

いろいろな種類の投資商品がある中で、「どれがいいか」ではなく、それぞれ特長があり、その商品の特徴をきちんと知って「自分の資産形成にどう使っていくか」が重要です。

投資をやっていると言うと「これからは何の投資がいいですか?」とよく聞かれますが、「一番いい投資」というのは人それぞれ違います。

利回りが高い商品がいい人もいれば、長く続けられるものがいい人もいます。金額が少なくてもできる投資がいい人もいます。「自分が投資に求めるものがどういうものか」によって違います。

まずは投資に求めるもの、「目標・ゴール」を具体的にしましょう。
ただ「お金を増やしたい」だけだとうまく行かないことが多いようです。

そして、目標やゴールが定まったら「現状の把握」も必要です。
同じ目標に向かうとしても現状によって取れる選択肢などが全く違ってきます。
例えば投資に使える資金が10万円なのか1億円なのかでは方法も全く違いますね。
リスク許容度などの感情・心理的な面や投資スキル、投資に使える時間などもあります。

「どのくらい増やしたいのか?」(目標)
「どのくらいの期間で増やしたいのか?」(期間)
「何のためにお金を増やしたい?」(目的・理由)
「元本はどのくらい?」(物理的な現状)
「リスクはどのくらい許容できる?」(心理的な現状)

大事なお金を運用する前に現状をしっかり把握し
ゴール(目標)をしっかりと定めてから投資を行いましょう。

 

■投資関連リンク■
日本取引所グループ
2016 新規上場ガイドブック(JASDAQ編)