ETFの買い方(購入方法)

このページの内容

ETFはどこで買えるの?どうやって買うの?

ETFを買おうと思ったとき、初心者のかたがまず迷うのが「ETFはどこで買えるの?」「どうやって買うの?」ということです。

このページではETFの買い方(購入方法)の解説をしていきます。

ETFは証券会社で購入できる

まず、「ETFはどこで買えるの?」の答えになりますが、ETFは証券会社やネット証券で購入することができます。

ETFは投資信託の上場したものなので、投資信託が購入できる"銀行の窓口"でも買えると思ってしまう方もいるようですが、上場している時点で株式と同じような扱いになるため、証券会社を通じて購入する必要があり、銀行の窓口ではETFは購入できません

銀行の窓口で投資信託を買っている人でも、ETFを購入したい場合は証券会社やネット証券で証券総合口座の口座開設をする必要があります。

また、投資信託は販売窓口によって扱っている商品の種類や数が大きく違いますが、ETFは基本的にどこの証券会社でも取扱商品に大きな違いは無く、どこの証券会社でも購入することができます。

ただし、証券会社によって手数料が違います。特に窓口で買う場合とネット証券で買う場合では手数料がかなり違うので、手数料には気をつけてください。

手数料が高くてもじっくり相談したいなら証券会社の窓口で、勧められたら断るのが苦手な人や手数料を安く抑えたい場合はネット証券でETFを買うと良いと思います。

ETFの買い方(購入方法)

次にETFの買い方、購入の手順についてです。「ETFはどうやって買うの?」ということですね。

ETFを買うには証券会社またはネット証券の証券総合口座が必要なので、まずは口座開設をします。

証券会社の窓口で買う場合

証券会社の窓口で買う場合は口座開設に必要なものを用意して店舗まで行き、窓口で「口座開設をしてETFを購入したい」と伝えれば案内してくれます。

必要なものに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページの証券口座開設に必要なものを参考にしてください。

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合は、それぞれの証券会社やネット証券の公式サイトから口座開設の申し込みをします。

口座開設の手順や必要な書類などに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページを参照してください。

口座開設が完了したら買いたいETFを選んで購入

口座開設ができたら、もうETFを買う準備は整っています。

必要な資金を投資用の口座に入金し、買いたい商品といくら買うかを選んで買い注文を出せば完了です。

基本的にETFの購入は株を買うのと同じです。リアルタイム値段が変わり、リアルタイムで売買できます。株との違いは銘柄が企業なのか、上場した投資信託なのかの違いです。

ETFの銘柄もたくさんあります。ETFの全ての銘柄はJPX(日本取引所グループ)のサイトで見ることができます。

基本的にETFは指数に連動しているため「銘柄が多くて選べない」ということはあまりないと思いますが、同じ指数でもいろいろなETFがあって迷う場合があります。

もし銘柄選びに迷った場合は、窓口で買うなら「こんな指数のETFが買いたい」「日経平均のETFはどれがいいか?」などと相談してみたり、人気のETFやおすすめを聞いてみたりするとよいでしょう。

ネットで買うならランキングを見たりしながら気になったものを詳しく見ていき、いくつかピックアップして比較検討して実際に買うETFを決めるとよいでしょう。

「早く買おう」と焦らず、しっかりと良いものを見つけてくださいね。