イオンの株を買いたい(イオンの株主になる方法)

イオン株主に提供される「オーナーズカード」/イオン株の購入方法イオンといえば全国にイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターやイオンモールなどの店舗を展開する小売業界の最大手企業です。

イオンは株主優待として提供される「オーナーズカード」で店舗での買い物金額がキャッシュバックされたり、イオンラウンジを無料で利用できたりといった株主優待が人気で、株主優待目的でイオン株を購入する主婦やサラリーマンの方も多い、個人投資家に人気の銘柄です。

業績も非常に良く、2014年2月期の決算では国内の小売業としては初の6兆円超えを果たし、翌2015年は7兆円超え、2016年は8兆円超えを果たしています。長期のチャートを見ると株価も順調に増えていますね。

また、イオンの2018年2月の年間配当実績は1株当たり30円(100株なら3000円)となり、配当利回りも高めの銘柄になりますし、2018年7月の株価では必要な購入資金も22万円前後と比較的少額で購入することができる銘柄です。

人気の株主優待+高い配当利回り、さらに少額で買えて株主になりやすいということで、イオンの株主になりたいという人は多く、イオン株は大人気の銘柄ですね。

■このページの内容

イオン株の買い方

イオンの株はどこで買えるの?のページでも解説していますが、株を買うときは「証券会社」というところで買います。

今はスマホやパソコンでカンタンに口座開設や取引ができて手数料も安いネット証券があるので、そちらがおすすめです。

イオンの株を買いたい、イオンの株主になりたいという方は、まずはネット証券に口座開設をしましょう。

イオンの株は証券会社の口座(無料で作れます)を作ればすぐに買うことができます。

スマホで株を買うのは簡単

ネット証券ならスマホやパソコンで簡単に株を買えるので、まずはネット証券の口座開設の手順を参考に、口座開設の申し込みをしてみて下さい。

ネット証券の口座開設は無料で、維持費などもかかりません。また、キャンペーン中に口座開設をすれば、お金がもらえたり口座開設をするだけでお得な場合もあります。

例えば、 岡三オンライン証券 2019年12月31日まで限定口座開設で2000円がもらえるキャンペーンもやっています。2000円をもらって株取引をスタートできるのでお得ですよ。

ネット証券の口座開設は申込から数日かかりますので申込みは早めにしておきましょう。口座を作っただけで使わなくてもペナルティはなにも無いですからね。

口座開設が完了したら、ネット証券の銘柄検索で「イオン」または「8267」で検索をしてみましょう。8267はイオンの株価コードです。

イオン株を購入する資金をネット証券に入金して、買いの注文を入れれば買うことができます。現在イオン株の売買単位は100株なので、そのときの株価×100円がイオン株購入に必要な資金です。

そして、もう優待が必要ないと思ったらその時の株価でイオン株を売ることもできます。株価は変動するので、買ったときより高く売れて優待を受けたうえに株の売買でも儲かることもありますよ。

イオン株の買い方まとめ

  1. 証券会社に口座を作る(ネット証券がおすすめ)
  2. 証券会社で「イオン」か「8267」で検索する
  3. イオン株の購入の手続きをする

イオン株の買い方は以上のような流れになります。

証券会社の口座は無料で作れるので、まずはネット証券の口座開設の手順を参考に申し込みをしてみてください。

イオン株の買い時はいつ?

イオンの株の買い時に関しては、株主優待を狙って買う場合は2月と8月の末に株主になっていると株主優待がもらえるので、その日を狙いましょう。(権利付最終日参照)

※ちなみに2019年は2月25日(月)または8月27日(火)まで、2020年は2月26日(水)または8月27日(木)までに株を買ってその翌日まで売らずにいれば権利確定です。

ただし、イオンのように株主優待が人気の企業は株主優待目当てでその日に向かって買いが入り、株価が上がっていくケースもあるため、その時々のタイミングによって少し早めに買っておいたほうがいい場合もあります。

株価の動きは変動するため「この日」という買い時はありません。しかし、株主優待目的なら終わりの日(権利付最終日)は決まっているので、少し前から株価をチェックしておき、安くなったタイミングなど、株価の動きで少しでも安く買えそうな買い時を見定めましょう。

■株主優待だけが目的の場合の買い時

株主優待だけが目的の場合は、権利付確定日までに買い、翌日まで持ち越せば優待がもらえます。

ツナギ売り(クロス取引)を使えば、株価の急な変動で大きな損失が発生するリスク無く株主優待をもらうことができます。(そのかわり株価が上がっても儲かりません)

ツナギ売りの場合は権利付確定日の当日に買ってその翌日に売ります。ただし、オーナーズカード入手方法のページの「どのくらいの期間でカードがもらえるの?」の項でも書きましたが、全株売ってしまうと株主優待番号が変わってしまうので、新規のオーナーズカードを発行してもらう必要があり、また約2ヶ月待つことになります。

そのため、株主優待のオーナーズカードを長く使い続けたい場合は、100株でもいいので普通に買って保有し続ける(または単元未満株で1株だけ持っておく)必要があります。

■長期保有する場合の買い時

株価の動きはプロでも難しくなかなか読み通りには動かないものです。株主優待目的で長期保有なら株価チャートを見て、株価が高値でないときだったらあまり気にせず買ってしまったほうがいいかもしれませんね。

大人気のイオンの株主優待

イオンでは『お客さまであり株主である「お客さま株主」のご意見をもとに、よりお客さまの視点にたった経営を目指しています。』と公式サイトでも記載しているとおり、株主を重視した経営姿勢を持っており、イオン株主になると以下のような株主優待を受けることができます。

イオンの株主優待では「オーナーズカード」がもらえ、保有株数による返金率で買上金額に対してキャッシュバックされます。

普段の生活で使う日用品が割引になるとすれば、たとえ3%の割引でも半年分の買い物と考えればかなりの額になります。キャッシュバックは半年分まとめて返ってくるので、よく使う人はかなりの金額が戻ってきます。株主優待によってイオン等での買い物が安くお得になりますね。

また、毎月20・30日のお客様感謝デーはイオンカード等での買い物で5%OFFになり、さらにお得になります(5%OFFされた金額からさらにオーナーズカードのキャッシュバックで2重の割引になります)。カードを作るときにもけっこうポイントがもらえるのでさらにいいですよね。

※キャッシュバックは買い物時にオーナーズカードを提示し、現金またはWAON(イオンの電子マネー)、イオンマークのカードによるクレジット払い、イオン商品券、イオンギフトカードでの支払い分に関して、キャッシュバックの特典が適用されます。(一部店舗では、現金払いのみ特典適用) ようは「他社クレジットカードでの支払いはキャッシュバック対象外です」ということです。

さらに、長期保有株主優待として、3年以上継続して1000株以上保有し続けると、保有株式数に応じたイオンギフトカードがもらえます。

※2018年9月1日の情報です。変更の可能性もあるので最新情報は公式サイトでご確認下さい。

また、株主優待ではありませんが、マネックス証券でイオン株を買うときの手数料が無料になる優遇サービスもあります。

イオンラウンジを無料で使える

イオンラウンジには「オーナーズカード」で入れる/イオン株の購入方法イオンの一部店舗では「イオンラウンジ」が併設されていて、オーナーズカードを提示すると無料で利用することができます。

イオンラウンジではコーヒー、お茶、ジュース(オレンジ、アップル、フルーツ、野菜、トマト)の飲み放題や、試食品が提供されます。

オーナーズカードを提示すればこの「株主専用のラウンジ」に入ることができます。高級ブランドショップのVIPルームみたいでかっこいいですよね。

広いイオンで買い物の途中で休めるというのがいいし、一般の人が入れないから比較的混まずにゆっくりできるというのがなにより良いです。

オーナーズカードをさっと見せて割引を受け、さっと見せて株主専用ラウンジに入ることが許可される。すごくお得感満載で便利なオーナーズカードがあるため、一度イオン株主になるとやめられないそうです(笑)。

イオンの株主になって「オーナーズカード」をもらう方法

イオンの株主になり、株主権利確定日を迎えるとイオンの「オーナーズカード」をもらうことができます。

オーナーズカードをもらうには、「株主権利確定日」(8月末日および2月末日)に100株以上を所有している必要があります。株の仕組みで実際は末日の少し前に購入している必要があります権利付最終日参照)。

※ちなみに2019年は2月25日(月)、8月28日(水)までに株を買ってその翌日まで売らずにいれば権利確定です。

オーナーズカードは株主本人に1枚・家族カード1枚の合計2枚発行されます。イオンのオーナーズカードを持っていると、毎日の買い物が楽しみになりますね。

「イオン株の買い方がわかった」「イオン株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

イオンの株価や株価チャート

イオンの現在の株価や株価チャートなど株価の動向は、Yahoo!ファイナンスなどで見ることもできます。イオンの株価コードは8267です。

ただし、これは20分遅れのデータとなりますし、自動更新もしません。見れる情報も限られていますので、リアルタイムの株価やもっとより多くの情報をより速く知りたい方はネット証券で口座開設をしましょう。

ネット証券なら口座を持っていればリアルタイムの株価や詳しい情報、会社四季報のデータなどを無料で見ることができます。もちろん口座開設も無料で維持費などもかかりませんので、今すぐ取引をしないとしても株に興味があるならネット証券の口座開設は必須です。(参考:図解:ネット証券の口座開設の手順

また、マネックス証券のアラートメール (無料)などのサービスを使えば、指定した銘柄の株価を毎日メールや携帯メールにお知らせしてくれたり、設定した株価になったらメールで通知してくれたり、ランキングをお知らせしてくれたりと、わざわざ見に行かなくても勝手に株価や情報をお知らせしてくれるので、とても便利なサービスですよ。

イオンの株価がいくら以上(いくら以下)になったら携帯メールに知らせてもらえば、毎日株価をチェックしなくても安心していられます。株価が気になるなら、毎日イオンの株価を携帯メールに知らせてもらえばわざわざネット証券にログインしなくても株価をチェックすることができて便利ですね。

>> 有名企業の株の買い方
>> ネット証券口座開設の手順
>> イオン株はどこで買えるの?
>> オーナーズカードの入手方法