保険の仕組みと見直し

保険は資産運用とは少し違いますが、資産運用と切っても切れない関係です。

資産運用に向いている保険の商品もありますが、資産運用のための資金作りや家計の見直しとして、ファイナンシャルプランナーに資産運用や家計の見直しの相談をすると、保険の見直しは必ずと言っていいほどチェックされますね。

お金を運用するだけが投資ではなく、運用するお金を作るところも含めて投資(投資の準備)と考えると、保険というのは無視できない部分になります。

保険は複雑でよくわかりにくいから無駄が多く、保険の見直しをして毎月の保険料を安くできることも多く、資産運用の資金作りとの相性もよいです。

  • 保険を見直したいけど、どうやって見直せばいいかわからない
  • 保険はたくさん種類があってどれがいいかわからない

こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、保険は仕組みさえわかれば簡単に見直すことができます。

基本的な特徴を理解しておけば、ある程度自分で見直しをすることができるようになりますし、説明を聞いたときにも、言われるがままではなく本当に自分に必要なのかどうかの判断もできるようになりますので、ぜひ覚えておいてください。

このページの内容

保険の種類は大きく分けて3つ(生保・医療・損保)

保険はたくさんあるように感じますが、大きく分けると3つの分類になります。

  • 生命保険・・・万が一に備える保険
  • 医療保険・・・病気やケガに備える保険
  • 損害保険・・・火災保険や自動車保険

生命保険は万が一のときに残された家族のための保険、医療保険は病気やケガで入院したときのための保険、損害保険は火災保険や自動車保険などと、何に備えるかが違いますが、基本的に共通するのは「いくらの保障が必要か」と「毎月の保険料をいくら負担できるか」のバランスです。

この記事では、「生命保険」と「医療保険」の2つの保険について、自分の保険を自分自身である程度見直すことができるよう、保険の仕組みと考え方を解説していきます。

生命保険の種類は3つ(定期・終身・養老)

生命保険と医療保険の違いは、生命保険は命に保険をかけているので、亡くなったときにお金が出るのが生命保険です。残された家族の生活などのための保険で、基本的には生きている間はもらえません。

生命保険には3つの種類があります。

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険

この3つを複雑に組み合わせているのが皆さんが入っている生命保険です。順番に解説して行きます。

定期保険

定期保険は、電車の定期券と同じで保障の期間が決まっています。

定期保険は、保障期間、保険金額、保険料の組み合わせです。

  • 保障期間:30歳~60歳
  • 保険金額:1,000万円
  • 保険料:4,000円/月

定期保険の特徴は保険料が1番安いことです。 理由は保障期間が決まっているからで、期間内に亡くならなければお金はもらえません。

終身保険

終身保険はその名前が示す通り、保険期間が一生続きます

終身保険は定期保険と違って、一生保障が続くので定期保険よりも保険料は高くなります。その代わり、終身保険は保険料の払込期間を自分で決めることができます。

つまり、保険料を払う期間は60才まででも保障は一生続きます。もちろん一生払い続けるという選択もできます。

終身保険は保険料の払込期間と保障期間が別々ということです。

  • 保障期間:一生涯
  • 払込期間:30歳~60歳
  • 保険金額:1,000万円
  • 保険料:15,000円/月

終身保険のもう1つの特徴はお金が返って来ることです。

例えば60才で払込が終わり、80才くらいまで長生きして、もう保険は必要ないなとなった時に保険を解約することができます。

終身保険というのは、払込期間が終わったあと、解約すると自分が払った保険料よりも少し増えて戻ってきます。

よく聞く貯蓄型の保険というのは終身保険、もしくはこの後説明する養老保険のことです。

ただし、最近は保険会社も低い利率でしか運用できなくなっているので、増えるといっても1%未満のことが多いです。

銀行に預けるより少しだけ利率のいい、保障のついた貯金みたいなものです。終身保険は、お金が戻ってくるし、保障が一生続くので保険料は高くなります。

養老保険

養老は老後を養うと書くくらいなので、死亡保障もついて老後資金が作れる保険です。

定期保険との違いは、満期になったら老後資金としてお金をもらえることです。
満期の時に、保障とほぼ同じ金額がもらえます

  • 保険期間:30歳~60歳
  • 保険金額:1,000万円
  • 保険料:25,000円/月
  • 満期(60歳):1,000万円

保険金の受け取り方は2通りあります。

1つは満期の時に一括でもらう方法、もう1つは年金払いです。

年金払いは例えば、1年間に100万円ずつ10年間というようなもらい方です。

受け取る金額としては、一括でもらうよりも年金払いにした方が総額が多くなります。払い終わるまでの期間もお金を保険会社が運用するからですね。

最近は、養老保険自体がなくなってきています。
理由は、終身保険のところでも説明したように保険会社の運用利率が下がっているからです。

生命保険をまとめると

  • 定期保険は、お金が一切戻ってこない
  • 終身保険は、お金を払った分は戻ってくる
  • 養老保険は、ほぼ自分で積み立てる

となります。

全ての生命保険はこの、定期保険、終身保険、養老保険の組み合わせになっています。
では、この組み合わせの中で自分に必要な保険はどのような保険でしょうか

 

ライフステージにおける生命保険の基本的な考え方

自分に必要な保険というのは、その人の今の状況(収入や年齢、家族構成、ローンがあるかないかなど)によって決まり、ライフステージ(青年期・壮年期・老年期など)やライフイベント(結婚・出産・住宅の購入など)によって変わっていきます。

状況によって変化はしますが、基本的には安い定期保険と、終身保険の組み合わせで大きな保障を作るというのが一般的です。

例えば、夫婦の保険金額の例として

旦那さんは5,000万円。奥さんにも2,000万円から3,000万円くらい、という感じで、万が一どちらかが亡くなった場合に備えて収入やその後の生活費などを考慮して決めます。

独身の人は最低限の保険に入っておいて、結婚してから見直しをします。

より具体的な例として独身男性の変化のケースとして下記のような流れになります。

独身男性の保険の変化のケースの例

  1. 独身時代:葬式代と部屋片付け分くらい 100万円から300万円くらい
  2. 結婚後:独身+奥さんの為に500万円くらい
  3. 出産後:結婚+子供一人につき1,000万円から1,500万円(教育費として)
  4. 老後:独身時代と同額

生命保険の基本的な考え方としては、一生変わらない部分(独身時代の部分)は終身保険に加入する、そしてそれ以外の変動する部分(奥さんやお子さんのための保障の部分など)は、保障内容が同じなら保険料が1番安い定期保険に加入するのがおすすめです。

このように、生活サイクルに合わせて必要な保障も変化していきます。

子供の年齢にあわせて必要な保障額は変わっていく

子供が0歳の時と19歳の時で成人までに必要なお金は異なります。

子供が成人するまで約20年ある0歳のときと、あと1年で成人する19歳のとき、万が一の場合に必要なお金はかなり違います。

0歳のときはこれから自立するまでの生活費や学費も幼稚園から大学までの学費があります。19歳なら19年分の生活費はもう払い終わっていて、自立までの期間も短くてすみますね。大学の学費も半分くらいは払い終わっている頃です。

そうなれば、万が一のときに必要な保障の金額はかなり違います。

0歳のときのほうがたくさんのお金を用意して備えておく必要があるので、その分保障が大きい(保険料も高い)保険に入る必要がありますね。

しかし、19歳くらいになると、もう少ししたら成人して自立してくれるので、万が一の場合の備えも0歳の頃より本来は少なくて済む(その分保険料を下げることができる)んです。

ところが、日本の保険会社だと、例えば5,000万円の保険なら、子供が0歳のときでも19歳のときでも一律5,000万円です。

保障金額をグラフにしたときに四角くなるので「四角い保険」と言われます。

四角い保険は子供が0歳のときも19歳のときも同じだけの保障があるので、毎月の保険料は高いままになります。

効率的なのは、右上半分を削った三角の形です。

このような保険は収入保障保険(定期保険の応用バージョン)と呼ばれています。

昔はプルデンシャル生命とソニー生命にしか収入保障保険はありませんでしたが、最近は日系の保険会社でも収入保障保険の商品があります。

お子さんがいる家庭で保険料を見直すならこの部分が見直しやすいポイントです。多くの人が、四角型の保険に入っています。

日本の保険の注意点は保険料の値上がり

日本の保険の注意点は、定期の10年更新です。 何が問題かというと10年の更新ごとに保険料が値上がりする点です。

これは、10年ごとに保険に入り直すことと同じです。

保険は年齢が上がるほど保険料が高くなるので、最後に更新する時には保険料が倍になっていたりします。

保険料が上がる保険は自動更新がついている定期保険です。

注意点がもう1つあります。

日本の保険会社では終身保険という名前で売っていても、終身保険10万円、定期保険5,000万円といった保険が存在するので中身をしっかり確認してください。

ドル建ての保険の注意点は為替の影響

ドル建て養老保険やドル建て終身保険は、外資系の保険会社によくある保険です。

仕組みとしては、終身保険や養老保険をドルで運用している保険です。
基本的にはドルで払ってドルでもらう形になります。

ドル建てで保険を作る理由は、利回りがいいからです。

利回りのいいドル建て保険ですが、注意したいのはドル払いなので為替の影響を受けて円で支払う金額が自動的に変わることです。

例:保険料が100ドルの場合の毎月の保険料

  • 1ドル80円  →  8,000円/月
  • 1ドル100円 → 10,000円/月
  • 1ドル120円 → 12,000円/月

ドル円の為替相場が80円~120円まで変動すると毎月4,000円も支払額が違ってきます。

また、保険金の支払いもドルなので、仮に5万ドルの保険金をもらえたとしても為替相場の影響を受けます。

例:保険金が5万ドルの場合の受取保険金の額

  • 1ドル80円  →  400万円
  • 1ドル100円 → 500万円
  • 1ドル120円 → 600万円

一般的にドル建てのものは、いつ受け取るのかを選べるようになっているので、為替レートが良いときなど、自分が好きな時に円に変えることができます。

老後で受け取ろうという時には、円高や円安があるので資金に余裕を持つなど注意が必要です。 老後資金をほぼ全てドル建てで作るというのはおすすめしません。

医療保険

医療保険は入院もしくは手術をした時にお金がもらえる保険です。

実際この2つ(手術と入院)はほぼセットになっています。 手術して入院しないケースは少ないです。 医療保険のポイントは「1日いくらもらえるか」です。

  • 入院:5,000円~10,000円/日
  • 手術:10~30万円/回

入院したときに1日いくらもらえるのか、何日の入院から保険金が出るのか、手術代が出るかどうかは必ず確認した方がいいです。

通院保障

昔は5日以上の入院から保険金が出る保険が多かったのですが、今は入院期間が短くなっているので日帰り手術でも保険金が出るものが多いです。

今のトレンド(流れ)は入院日数をどんどん減らして、通院で治すというのが主流になっています。

通院が主流になってきたので、医療保険も通院保障が付いている保険が増えました。通院保障は交通費分という形が非常に多いです。

  • 3,000円~5,000円/通院

通院保障をつけると当然、保険料が上がります。

最終的には、保険料と自分が欲しい保障とのバランスになってきます。

先進医療特約

先進医療特約は、つけておいた方が安心の特約です。健康保険の効かない治療の時に役立ちます。

例えば、1,000万円の先進医療を受ける時などに支払われます。

保険料は、月々500円程度など安いものが多いです。ただし、保険料が安いということは使う機会はほとんどないともいえます。使う可能性は低いけど、使うことになったときは大きな金額なので非常に助かるというものです。

  • 先進医療特約:1000万円~2000万円程度

医療保険に入るタイミング・つけるべき保障や特約

医療保険にも定期保険と終身保険があり、全ての医療保険は掛け捨てです。そのため、定期保険にするか終身保険にするかどちらかの選択肢となります。

統計を見ると入院しないで亡くなられる方は数%程度しかおらず全体の10%未満です。9割の人は最終的に病院に入院して亡くなられます。

そのため、統計的に考えると、今現在、健康な人も将来は高い確率で60才を過ぎると入院することになります。

保険は若くて健康的なうちに入った方が安いですし、病気や手術をしてしまうと、保険に入れなくなってしまいます。

病気になって初めて保険に入ればよかったと思うのですが、その時には保険に入れないんですね。仮に入れてたとしても、条件がついたりします。

そのため、医療保険は出来るだけ若く健康なうちに終身で加入しておいた方がいいということがいえます。

加入する保険や特約の種類としては、入院、手術、先進医療特約は基本的にほとんどのケースで加入することをおすすめします。

そのうえで、余裕があれば通院保険を優先的につけて、そのほかのオプションについては保険料とのバランスを考えたうえで加入を検討する必要があります。

とはいえ、保険にはたくさんの種類があり、状況に合うものも、人によってもタイミング(ライフステージ)によっても違うので、やはりFPや保険会社の方に相談されることをおすすめします。

それでも、何も知らずに話を聞くより、ここまで知った上で話を聞くと、ただただ言われるがままではなく、自分の判断もできるようになりますよね。

医療保険は最低限入っておいた方がいい

生命保険(終身保険)は、独身である程度の貯金があれば入っても入らなくてもどちらでもよいと思いますが、最低限の医療保険は加入しておいた方がいいです。

現代は長生き時代ですし、がんも治る病気になってきたので、長期的に考えると医療保険は必要な人が多いです。

統計的に多くの人は一生のうちにがんなどの大きな病気を経験しますが、入院して手術しても高い確率で元気になって退院します。

そのうえ、現在は健康保険の自己負担は3割ですが、今後の日本は高齢社会で医療費が増えていくので、自己負担が増える状況になる可能性もあるからです。

高額医療費の制度があるのに医療保険は必要?

医療保険の話でよく言われるのは、「日本は健康保険が充実しているので入院とかしたとしても自費で払うものはそんなにないんじゃないか」ということです。

理由は、高額医療費があるからです。

高額医療費というのは、例えば平均年収400万だと月にどんなに医療費がかかっても健康保険が効く範囲であれば最大8万円しか払わなくていいという制度です。

高額医療費で賄えないのは、食事や差額ベット代、施設利用料などです。これらの料金は医療費に上乗せされる仕組みになっています。

例えば、自分や家族が入院したときに個室しか空いていなくて個室代かかることがあります。病院では部屋を自分で選べないことが多いのでこういうケースは多いです。

こんな時のために、最低限でも医療保険に入っておいた方が、たとえ保険金で全額は賄えなくても金銭的にも精神的にも助かります。

共済と保険はどっちが良い?

共済に入っている人は、早めに普通の保険に入った方がいいです。

共済は安くて助かるのですが、年を重ねれば重ねるほど保険の内容が悪くなっていきます。

共済は本来、「若い時にお金がない人たちをみんなで助け合いましょう」というのが成り立ちです。

実際に40代までは安い共済費で、いい保障を受けられます

50代以降は、簡単にいうと同じ保障内容で掛け金が倍になる、もしくは同じ掛け金で保障内容が半分になります。

若いうちは共済でもすごく内容がよくて安いものに入れますが、問題は60才を過ぎてからです。

確率論でいうと、入院は60才を超えてから増えてきます。

その確率を考えると、若くて健康なうちに終身の医療保険に入っておいた方が長い目でみてお得です。

一般的には共済は若いうちの一時的な保障と考えて、将来のために最終的には医療保険に入っておいた方がいいですね。

”得する保険”はない

生命保険も医療保険も、得する保険はありません。タイミングとして結果的にお金の面では得することもあるかもしれませんが、病気や生命と引き換えにお金を得しても嬉しくないですよね。

それでも、保険を選ぶときは得するかどうかで選んでしまう人が多いので注意が必要です。

保険は「得するかしないか」ではなく、「自分の将来の不安を保険で軽減させられるかどうか」で選びます。

不安な部分を保険に入って安心を買うということです。

特約をたくさんつければ安心ですが、保険料が高くなってしまいます。結局はバランスが大切です。

投資もそうですが、”絶対この商品がいい”というのはありません。

  • ライフスタイル
  • ライフステージ
  • 家族構成
  • 考え方
  • 貯金
  • 収入

などいろいろありますので、状況に合わせてうまく組み合わせを変えていくというのが上手な保険の選び方のポイントになります。

そのためには、保険の見直しが大事になってきます。まずはしっかりと状況に合ったものなのか(保険のセールスで言われるがままに入ったものでないか)を見直し、保障内容などの条件や保険料が今の状況に合っているかをしっかりと把握することが大事です

そして、タイミングが来たときに見直しをすることも重要です。

保険の見直しをするタイミング

状況に合わせて保険の組み合わせを変える必要があるとはいっても、いったん「今の状況に合っている保険」に入れば、そう頻繁に変える必要はありません。

結婚や出産で家族が増えたり、収入が変わったりといった大きな変化があったときに見直しを考えましょう。

  • 家族が増えた(結婚や出産など)
  • 収入が大きく変わった(転職や退職など)
  • 大きなお金が手に入った(退職金や相続など)
  • 学費が必要なくなった(子供が大学等を卒業した)
  • 自分が養う家族が減った(子供の結婚や就職して自立したなど)
  • 家を買った

といったように、お金に関して将来的な大きな変化があったときは見直しをするとよいタイミングですね。

この記事のシェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア