個人向け国債の買い方(購入方法)

このページの内容

個人向け国債はどこで買えるの?どうやって買うの?

いざ個人向け国債を買ってみようと思ったとき、初心者のかたがまず迷うのが「個人向け国債はどこで買えるの?」「個人向け国債はどうやって買うの?」ということです。

このページでは個人向け国債の買い方(購入方法)の解説をしていきます。

証券会社や銀行をはじめいろいろな窓口で購入できる

まず、「個人向け国債はどこで買えるの?」の答えになりますが、個人向け国債は証券会社や銀行の窓口のほか、農協や信用組合・信金などで購入することができます。

証券会社(ネット証券)・銀行(都市銀行・地方銀行・信託銀行)・農林中央金庫・農協(農業協同組合)・信用組合・信用金庫・労働金庫と、いろいろな販売窓口があります。

ゆうちょ銀行やみずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などの大手メガバンクは個人向け国債の販売窓口になっていますが、対象外の店舗があったり、地銀などでは取り扱いのないところもあります。

「銀行なら全て取扱している」というわけではなく、取扱しているところとしていないところがあるので、個人向け国債を買うときは事前に利用する支店などで確認してください。

参考:個人向け国債の全ての取扱金融機関一覧(財務省HP)

銀行の場合は債権用の口座開設が必要

銀行の窓口で個人向け国債を買う場合は預金口座だけではなく、債権用の口座が必要になるため、新たに債権用の口座の開設をする必要があります。

証券会社に口座を持っている場合はその口座でそのまま個人向け国債を購入できます。

ネット証券でも個人向け国債の購入は可能で、店舗に行かずにパソコンやスマートフォンから口座開設ができるので便利です。

どこで購入するかはじっくり相談したいなら窓口で、勧められたら断るのが苦手な人や窓口まで行くのが面倒な場合はネット証券で口座開設をすると良いと思います。

銀行と証券会社での個人向け国債を買うときの違いは?

個人向け国債を買うに当たって銀行の窓口と証券会社でどのような違いがあるか?どちらで買えばいいか迷う方が多いと思いますのでその違いを解説していきます。

まず、個人向け国債は購入するのに販売手数料はかからず、商品内容も同じなので基本的にはどこで買っても同じです。口座管理費などがかからないところならどこで買っても商品や手数料の違いはありません

ただし、証券会社やネット証券などでは個人向け国債キャンペーンを行っているところがあり、数年分の金利と同じ金額がキャンペーンでもらえてしまいます。

そう考えると個人向け国債をどこで買うかは重要なポイントになりますね。

参考:個人向け国債キャンペーンの一覧(外部サイト)

あとは、個人向け国債以外の投資商品を考えるときに、銀行の窓口では個人向け国債や投資信託は販売していますが、それ以外の商品、例えば株式は銀行の窓口では購入できません。

個人向け国債の買い方(購入方法)

次に個人向け国債の買い方、購入の手順についてです。「個人向け国債はどうやって買うの?」ということですね。

個人向け国債を買うには証券会社(ネット証券)の口座または銀行の債権用の口座開設が必要なので、まずは口座開設をします。

銀行や証券会社などの窓口で買う場合

銀行や証券会社の窓口で買う場合は口座開設に必要なものを用意して店舗まで行き、窓口で「個人向け国債を購入したい」と伝えれば案内してくれます。

必要なものに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページの証券口座開設に必要なものを参考にしてください。

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合は、それぞれの証券会社やネット証券の公式サイトから口座開設の申し込みをします。

口座開設の手順や必要な書類などに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページを参照してください。

口座開設が完了したら年数を選んで購入

口座開設ができたら、もう個人向け国債を買う準備は整っています。

必要な資金を投資用の口座に入金し、3年か5年か10年か、買いたい国債といくら買うかを選んで、購入の申し込みをすれば完了です。