はじめての株式投資入門(初心者向け)

このページの内容

株ってどんな投資商品なの?

株(株式投資)は投資商品の中では特にメジャーな商品で、上場した企業の株を買うことでその企業の株主、つまりオーナーの一人になることができます。

オーナーとは言っても上場企業が発行している株式の数は膨大なので、100株や1000株の購入ではオーナーとしての発言権は微々たるものですが、50%超の株式を保有すればその企業を実質的に支配することもできるくらいの権力を持っていて、企業の買収などにも使われます。

とはいっても、私たち個人投資家にとってはそのような何億円という単位の大きな話はあまり身近ではありませんね。

私たち個人投資家が株を買うメリットは、「売買益」「配当金」「株主優待」の3つです。順に見ていきましょう。

売買益(買ったときより高く売れた利益)

売買益は、株を買ったときと売ったときの金額の差で出す利益です。

100円で買った株の株価が上がり110円で売れたら10円の利益ですね。それが1000株なら1万円の利益、1万株なら10万円の利益となります。

この売買益のことを”キャピタルゲイン”とも呼びます。キャピタルゲインという言葉は投資ではよく使われるので、覚えておくといろいろな話が理解しやすいです。

配当金(定期的にもらえる利益の株主還元)

配当金は株の売買ではなく、株を持っていることで得られる利益で、年に1回または2回定期的にもらえる不労所得になります。

企業によって配当金を出しているところと出していないところがあり、また配当金を出している企業でも利益の大きさも違えば利益のうちのどのくらいを配当にまわすかも違い、その企業の株を買う株価も違います。

そこで、配当金を得たくて株を買う場合は「配当金額」と「株価」で計算する「配当利回り」や「配当性向(利益のうちのどのくらいを配当にまわすかの割合)」、配当金額の推移(「増配」といって配当金額が増えることをしているか等)を参考にします。

1回1回のもらえる金額は小さくても、安定して配当を出している企業の株を長期的にコツコツと買い増し続けていけば、いずれ配当による大きな不労所得を得るということも可能になってきます。

株主優待(企業から株主へのプレゼントで日本独自の制度)

株主優待は、企業から株主へのプレゼントで、日本独自の制度です。

鉄道や航空券の運賃が割引になる株主優待券、ファーストフードや飲食チェーン店のお食事券や割引券、ディズニーリゾートの運営会社オリエンタルランドの優待パスポートなどは有名な株主優待ですね。

他にもその企業の商品が送られてきたり、サービスが割引や無料で受けられたりと企業によってさまざまな株主優待があります。

株主優待は企業にとっては原価で商品やサービスを提供でき、株主は普通に買うのと同じだけ得するため、お互いにとってメリットのある制度です。

また、株主優待のために株を買う人がいたり、投資としてしか考えていなかったけど株主優待で商品をもらったから使ってみたら気に入ったということもあったりなど、経済的な影響としても優れた制度です。

株式投資を始めたい、株を買いたいという方は株の買い方のページを参考にしてください。

※株式投資に関しては、株を購入した人の体験談も紹介しています。
>> 株を購入した体験談の一覧へ

株の銘柄の選び方

株を買おうと思ったとき、初心者の方はまず銘柄の選び方、つまり「どの企業の株を買ったらいいの?」という部分で迷いがちです。

株が買える上場企業の数は3000社以上あるので、そこから選ぼうと思ったら初心者のかたは大変だと感じるのも仕方ないことですね。

しかし、3000以上の銘柄があると言っても、選択肢(可能性)がたくさんあるだけで、全部を検討しないといけないわけではありません。

自分が知っている会社、知っている商品の会社、聞いたことがある会社、ランキングで見た会社、そういった中で探していくとよいでしょう。

ポイントはいきなり「今買う銘柄」を探すのではなく、タイミングが来たら買う銘柄つまり、値動きや買い時のタイミングをチェックする銘柄を探していくことです。

銘柄が多すぎて選び方がわからないときは

銘柄が多すぎて選び方がわからないという場合は、まずは絞り込みをしましょう。

絞込みは「スクリーニング」といって、証券会社やネット証券に口座を持っていればネットでスクリーニング機能を使うことができます。

まずは自分が投資にまわせる資金で買える銘柄に絞り込み、業種や株主優待、配当利回りなど、気になる指標で絞り込みます。

ある程度絞り込めたら出てきた企業の中から気になったところや、かなり絞り込めたなら1つ1つ詳しく見て調べていきます。

最初はわからなくて見るのも苦痛かもしれませんが、わからないなりに数を見ていくとだんだんと見るポイントがわかってきて、銘柄を選ぶのも楽しくなってきますよ。

そうやって「候補」の銘柄をいくつか見つけたら日々株価やその銘柄のニュースなどをチェックし、買うタイミングを待ちます。

早く始めたい場合は、数万円程度の少額で買える株を1つ買ってみるのもいいですね。初心者のうちは「いきなり儲けよう」では投資ではなくギャンブルになってしまうので、まずは小さく経験を積み(金額が小さい銘柄や、または値動きが穏やかでリスクが小さい銘柄)、慣れて利益が出せるようになるにしたがって投資資金を大きくしていくというプロセスを経ることをおすすめします。

株式投資を始めたい、株を買いたいという方は株の買い方のページを参考にしてください。

株を買うときの「手数料」は証券会社によって違う

株を買うときに重要なポイントの一つが手数料です。

株は買うときと売るときにそれぞれ手数料がかかります。この売買手数料は証券会社によって違いますし、同じ証券会社でも取引の金額によって違い、また注文する窓口(店舗の窓口か電話かネットか)によっても違います。

手数料の違いは以下の3つです。

詳しくは証券会社によって手数料が違うのページを参考にしてください。

この違いがあることは意識しておくとよいでしょう。証券会社の選択はベストな選択でなくてもかまいません。「違うな」と思ったら変えればいいだけですから、この違いがあるということを意識しておきましょう。

証券会社の窓口とネット証券の違い

ここで、これから株を始めるという方のために店舗型の証券会社とネット証券の大きな違いをいくつか挙げておきます。

特に大きな違いは前述した「手数料の違い」のほかに、「投資の相談やアドバイス」「IPO」「営業電話」があります。

大手の証券会社に口座を作る人の中には「初心者で投資はあまり詳しくないから相談したくて大手にした」という人も多いですが、基本的な知識や操作方法などはネット証券のサポートでも十分対応してくれます

詳しくは証券会社の窓口とネット証券の違いのページを参考にしてください。

 

株式投資を始めるにあたってどこの証券会社で取引をするかは重要なので、これらの違いを意識して証券会社を決めましょう。

>> 株の買い方(始め方・購入方法)へ