45歳男、勤続25年の会社員で、企業型の確定拠出年金をやっています。投資を始めたのは今から10年程前になります。

年金が全額貰えないかもしれないから確定拠出年金で積み立てませんか?

10年程前に会社側から「この先、年金が全額貰えないかもしれないので、個人単位で自ら不足する年金分を積み立てませんか?」と言う斡旋を受けて、確定拠出年金を行う事にしてみました。

私の勤める会社は割と有名な規模の大きい上場企業なので「会社が保証する銘柄なら安心かな?」と言う程度の理解で投資を始めました。

投資自体は定年迄の期間限定だったので都合25年分になりますが、投資金額の総額は計100万円程度にしておきました。

何しろ、申請の受け付け期間が短くて検討するにも知識は無いですし、会社が保証しているので(会社が提携しているメーカーや大手企業の銘柄が多い)、お勧めのコースを選んだ結果が、「安定していて問題が無く、ほぼ損はしないが、大きく得する事は無い」コースを選択しました。

リスクと取るか安全を取るか、それとも半々でいくか?

投資金額の総額が25年で100万円でしたが、とにかく初めての事だったので凄く不安な面もあり、興味が先走って期待が膨らむ思いが実感出来ました。

銘柄を選ぶ時は凄く迷いました。リスクと取るか安全を取るか、それとも半々でいくか、など色々考えました。

結局は、会社が勧める安定した企業を10社選び、損はしないコースを選択するしました。

何しろ会社側からプラスアルファの補助金みたいな形で支給されるので、それだけでもプラスがある為に安全で安定したコースで良いなと心を決めました。

それでもまだ不安と言えば不安でしたが、当時の私はまだ独身だったので、100万円位は損しても良いかな?と割り切れたので1ヶ月もすれば、投資している事もすっかり忘れていました。

会社からの補助金が支給されるのでお得感も十分

かなり不安や迷いはありましたが、会社と提携している企業や大手企業の銘柄を紹介されており、会社からの補助金が支給されるのでお得感が十分であった事が確定拠出年金で投資を始める良いきっかけになったと思います。

しかも、会社で斡旋しているので同時に始めるひとが多く、短い募集期間でしたが他人の意見や考え方を相談し合える環境であった事が強い後押しとなりました。

会社で斡旋された確定拠出年金は投資自体を途中で止める事が出来ますし、酷い不況か何かでどうしようも無い理由で暴落しても会社側でいくらか補填してくれると案内されていたので、安心の度合いが高くてかなり優遇されていると思います。

自分が勤めるこの会社でなければ投資はしていなかったかもしれません。

配当金はないけど、持ち金が増えているのを見ると嬉しい

投資結果は毎年定期的に紙で通知されています。

確定拠出年金なので配当金はありませんが、持ち金が増えているのを見るとやっぱり嬉しいです。

始めた頃の不安や心配事は今の所問題無く、順調に金額が増えているので今後も大丈夫だと根拠はありませんがなんとなく思っています。

今更ですが、もっと金額を増やしておけば良かったなとつくづく思っていますが、安全とリスクのバランスから取った選択ですが、このへんは初心者の限界と思って諦めます。

独身か既婚か、子供がいるか・・・状況で取れるリスクが違う

確定拠出年金を始めた頃は独身だったこともあり、正直「損しても良いかな?」と言う位の心待ちで始めましたが、今現在は結婚して子どもがいるので状況は大きく変わり、もっと確実に稼げる方法があったのでは無いか?と思っています。

これから確定拠出年金を始める人はこの事を念頭に入れて、事前に勉強してから確定拠出年金で投資する銘柄を選択していく方が良いと思います。

安定している企業はやはり安定しているので、そこで少しのプラスを当てにして、少しリスクの高い銘柄を選択し、リスクを分散させる方法が最終的には儲かると思います。

もし独身のまま一生を過ごすのであれば、ハイリスクハイリターンを求めてみると良いと思います。私も当時は独身だったのでハイリスクハイリターンを選択しても良かったのですが、その後結婚する事になったので、安全をとって正解でした。

確定拠出年金カテゴリのトップへ