1度きりの人生を楽しむため、将来の年収を考えても会社の給料だけでは足りない!会社の給料と投資の「2つの収入」で年収を押し上げるためにFX取引をしている男性の体験談です。

どうにかして給与以外の収入を得たい!

福岡在住で30代、30歳からFX投資を始めました。

投資を始めようと思ったきっかけは単純に「お金を稼ぎたい」という強い気持ちからです。

社会人経験も数年経ちある程度収入も貰えるようになりましたが、今後を考えても年収700~800万、良くて1000万届かないところまでしか年収は上がらないと考えていました。

人生1回しかなく車も家も良いものを買いたいという想いをずっと持っているため、年収1000万に届いたとしても満足はできません。

どうにかして給与以外の収入を得ないとと考え投資を始めようと考えました。

ちょうど、先輩がFXをやっていたので、先輩に話を聞き、なんとなく自分でもやっていけそうと思ったためFXを始めました。今思えば、あの時始めて良かったと思いますし、できればもっと早く始めておけば良かったとも思います。

「資金が0円になる可能性もあるから気をつけろ」

投資を始める前に不安だったことは「投資資金が0円になったらどうしよう」ということです。また、なんとなくですが「怪しいのでは?」「本当に儲かるのか?」という疑問も抱いていました。

投資を始める際に話を聞いた先輩にも「資金が0円になる可能性もあるから気をつけろ」と何度も言われていたため、本当に0円になったらどうしようという不安はずっとありました。

今でもその不安はありますが「なくなったらなくなったでしょうがない」という楽観的な考えを持っています。

「お金を稼ぎたい」「今のままでは嫌だ」

不安や疑問などがあるなかで、投資を始めれた理由は「お金を稼ぎたい」「今のままでは嫌だ」という強い想いがあったことと、「いろいろ考えていてもしょうがないか」という楽観的な考えを持っていたためです。

そのため、不安や迷いはあったものの、投資をやめる、開始しないという判断をするほど大きな問題ではありませんでした。

むしろ「稼いだら◯◯を買おう」「仕事の月収+月10万円稼ぐ」など、楽しみの方が大きかったので始めれたように思います。

いろいろな本やWebサイト、口コミなども見ましたが、投資やFXに関しては賛否両論でした。恐らく儲かった人は良いことを書いて、失敗した人は悪いことを書くといった程度の内容だと感じたので、影響はありませんでした。

本当に儲かるのか?という疑問は考えるだけ無駄だったように思います。

なぜなら、やったこともない状態で疑問が晴れることもないですし、結果が出れば自分で答えが出せると思ったからです。

米ドル円のドルショートから始める

FXをはじめた時は、情報量が多い米ドル円のドルショートからポジションを持ち取引を開始しました。

最初は知識が全然なかったので、スワップポイント狙いである程度稼げるのでは?と思っていましたが全然稼げなかったので、すぐにキャピタルゲイン狙いに変えました。

1回目の取引でいくら利益を得たかは忘れましたが、最初の1ヶ月で4~5万円は稼げました

正直、結構簡単に稼げるな、と思いました。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を勉強して、自分の持論を持ち長期的目線で試していけば意外に勝てると今でも考えています。

「ちゃんとやれば稼げる」

投資を始めたばかりの頃と今でもあまり投資への考え方や気持ちに変わりはありません。「ちゃんとやれば稼げる」と考えています。

安易な考えや最初から勘や運に頼ってギャンブル的に投資をする人は負けて損すると思いますが、勉強した上で自分の持論を持ち検証しながら長期的に投資すればあまり負けることはないような気がします(資金管理大事です)。

サラリーマンとして働いても生涯年収はある程度限られますし、今後寿命も伸びます。銀行預金に入れても利息は付かず、年金などもどうなるかわかりません。

であれば会社と投資の2つの収入で年収を押し上げる方法しかないと思います。ノウハウも蓄積されるので早く始めるに越したことはないと考えています。

勢いも大事ですが、勉強もした上で始めることです。本やWebなどで紹介されている方法も良いのかもしれませんが、持論を持って臨んでいく方が良いと思います!