20代の製造業の男性が株式投資を始めたときの体験談です。
現在の投資歴は4年。始めた当初は無職で、貯金で株を始めたそうです。使っている証券会社はマネックス証券です。

失うものは何も無い!無職のときに貯金で株を始める

株を始めた時は自身は無職で貯金はそれなりにあったのでこのまま低賃金であくせく働くより株で楽して稼げるならそちらの方がいいと思いましたし、どうせ無職なので失うものは何もないと開き直り、少し株の本を買い勉強してから株を始めました。

その時、読んだ本には労働者では金持ちになれないと書いてありました。自分は大金持ちになりたいわけではないが、その読んだ本のとうり労働者に金持ちはいません。金持ちは会社の創始者か投資家だけです。

そして最近では年金問題もあり、年をとったとき満足のいく年金がもらえるとは限らないという将来の不安があり、これからは株式投資をしてお金自身に働いてもらい自身でお金を増やしていかないといけないという衝動にかられ始めました。

何十万円という高い株をはじめて買う不安

株を始める前に不安だったことは、少しのお金では投資はできないことです。まずは日本株から始めようと思ったのですが、日本株の多くは単元株方式で1株からではなく最低100株から買わなければ買うことが出来ません。

1株から買えれば数百円から買えるのですが、100株からとなると数万~数百万円必要になります。(一株100円なら100株で一万円、1000円なら10万円、10000円なら100万円です。)

始めようとしましたがいきなり数十万円を投資するのは怖かったですし、あまり大きな買い物もしたこともないので、額の大きさに踏みとどまってしまいました。

買ったとしても株価が下がれば自分のお金が勝手になくなってしまいますし倒産すれば紙くずとなってしまうので、その恐怖が壁となっていました。

だがしかし!無職だから失うものは何もない!

不安はありましたが、無職で何も失う物もないし、お金がなくなれば労働して働けばいいという開き直りと、もし株を始めてこのままうまくいき株で儲けることが出来れば働なくてもいいかもしれないという衝動が強く働いたことが大きかったです。

また、株の本で少し勉強しているうちに将来的がある会社で数万円で持つことができる株が見つかったので欲しくてたまらなくなり、開き直りのおかげで、「数万円くらいなら失ってもいいか、それにこれで株価が上がれば儲けもん」という気持ちが強くなり買うことにしました。

ついに株を買ってしまった!!!買い注文を出して一瞬で約定!

初めて株を買ったときは「ついに買ってしまった!!!」という感情が溢れ出しました。

開き直りながらも不安や恐怖を感じていましたが、買い注文を出して一瞬で約定していたので驚きました

その時買った株はセブン銀行というセブンイレブンの全店舗に展開している銀行の株です。

セブンイレブンは全国に展開し、24時間経営をしセブン銀行自身も24時間使え多くの人が利用するので需要があるなと思い、買う前に会社四季報などで経営状況を調べ堅実な経営をし着実に利益を伸ばしていました。

しかも全国展開しセブンイレブン全店舗にあるのにもかかわらず1株250円(自身が買った時の株価)、100株でたったの25000円だったので初心者の自分でも手軽に買える株価だったので買うことを決意し買いました。

株はギャンブル・・・じゃなかった

よく「株はギャンブルだ」という人がいて自身もそう思っていましたが、そういうことはありません。株価は下がるかもしれませんが会社が倒産しない限りはゼロにはなりませんし、会社が上手くいけば株価は上がり自身も儲かります。お小遣い程度ですが配当金もでます。

金利がほとんどない銀行に預け入れるより優良株を買って持っていた方が全然いいです。

また、株価は世界情勢に左右される事があるので頻繁に世界の動きをチェックするようになり、社会に少し詳しくなりました。

株を始めるか迷っている人に一言

迷っていてもしょうがないここまで来たのだから今すぐ始めよう。そして労働者を卒業しよう。

株式投資の関連記事

株を買えるようになると(証券会社の口座を持つと)、株だけでなくETFREITも買えるようになります。