ボーナスを安全に増やしたい!銀行の資産運用相談で国債を購入

投資歴10年くらいになる40代の会社員の女性、ボーナスをどう運用しようか考え、銀行で資産運用の話を聞いて初めて個人向け国債を購入したときの体験談です。

ボーナスを安全に増やしたい!銀行の資産運用の話を聞いて個人向け国債を購入

ボーナスが出て、しばらく使わない貯金ができそうだったので、安全に増やせる商品を検討してました。銀行の資産運用の話を聞いてみようと予約を入れて行きました。

定期預金はあまり利息がつかないので、銀行からは保険か投資信託の提案を受けました。

保険はそれまでに加入していましたし、投資信託は仕組みが理解できず以前に損をしており、どちらもあまり興味が持てませんでした。

次に個人向け国債を勧められました。キャンペーンで現金のキャッシュバックを受けられること、安定的に運用できること、解約時期を気にせず10年くらい放っておいていい気楽さから購入することにしました。

そうはいっても利率がいいわけではなかったので、途中で運用先を変えられるように少額にしました。どちらかというと他に選択肢が見つからなかったから仕方なくという感じが強いです。

どうせそれほど増えないのなら、逆に減らさない方がいい

少なからず投資信託の経験があるとはいえ、今まで預金や保険など安全な商品を選んできたことが多かったです。株や投資信託のように元本が割れて損することや常に値動きをチェックしなければならないこと、解約時期を検討しなければならないことがとても面倒で嫌に思っていました。

国の債券だから比較的安全とはいいますが、絶対大丈夫とは言えないところが心配でした。やはりリスクはとりたくないので、それほど増えないのであれば、逆に減らさない方がいいとも思っていました。

今は何もせず、もう少し利率が良くなってきたら保険や定期預金など他の商品を考えようかと迷いました。国債の種類で、期間や固定か変動かを選ぶというのもしばらく迷いました。

個人向け国債キャンペーンのキャッシュバックに惹かれる

いろいろ迷いましたが、キャンペーンでキャッシュバックがあったこと、少額で購入が可能だったこと、期間がそれほど長くなかったこと、途中換金も可能なこと、利息も半年ごとに少しでも付くことで購入を決めました。

他の商品に魅力を感じられなかったこともあります。ただ、自分の資産のバランスを見て、預金や保険以外にもリスク商品を少し入れてもいいのではないかと思いました。投資信託や株は少しハードルが高かったので国債を入れて少し様子を見ようと思いました。

銀行の資産運用相談を2行まわってみる

まず三菱東京UFJ銀行の資産運用相談に行きました。予約した時間に行くとそこではすでに保険や投資信託の案内が用意されていて、あまり興味がもてずに何もせずに帰りました。

他にも話が聞いてみたかったので、次に三井住友銀行の資産運用相談に行きました。

そこではまず私の希望を聞いてくれて、比較的安定的な運用方法として個人向け国債があるという提案を受けました。銀行が売りたい商品ではなく、自分の希望をまず聞いてくれたことで信頼できました。

商品の説明とキャッシュバックの説明をわかりやすくしてくれて、迷っていてもしばらく待ってくれたので、冷静になって判断できました。「今は少額でやって、また検討しましょう」とアドバイスしてくれたのもよかったと思っています。

個人向け国債を買ってよかったこと

個人向け国債を買ってからは自分の資産のバランスについて考えるようになりました。株や投資信託と違って値動きにそれほどストレスを感じなくていいです。

あまりリスクをとりたくない人はまず国債からやってみたらいいと思います。預貯金や保険、有価証券など資産をバランス良く持つことも大切かもしれません。