マネックス証券での株の買い方の解説をします。スマホで購入する場合はパソコンと画面が違うため、ページ後半のスマホで購入する手順を参照して下さい。

パソコンから株を購入する場合

ホームページから買いたい銘柄を検索する

※マネックス証券ホームページからログイン後の画面からの解説になります。ログインにはマネックス証券の口座が必要です。口座開設の方法に関してはマネックス証券の口座開設の手順のページを参照して下さい。

マネックス証券にログイン後のトップ画面から『買い注文』の赤いボタンの横に買いたい株の銘柄コードを入力します。マネックス証券での株の買い方(PC・スマホからの購入の手順)

銘柄コードを入力して『買い注文』をクリックすると『スタンダード注文』の買い注文画面が表示されます。
※ここでは8267(イオンの銘柄コード)を入力しています。

ここで株数や金額などを指定して注文を出します。

マネックス証券の株のスタンダード注文(買い注文)の画面

銘柄コードがわからない場合は、最初の画面で銘柄名を入れると検索して候補の一覧が出ます。

マネックス証券で買いたい株を銘柄名で検索

ここで『現物買い』の赤いボタンをクリックすると上記の『スタンダード注文』の買い注文画面に、銘柄名をクリックすると銘柄の詳細画面が表示されます。
※ここでは「イオン」で検索しています。名前に「イオン」を含む銘柄やグループ会社が多いため表示が多いですが、他に候補がない場合(例えば「イオン九州」で検索した場合など)は買い注文画面が表示されます。

銘柄の詳細情報画面はこのような感じです。ここからでも右上の『現物買』の赤いボタンをクリックすると『スタンダード注文』の買い注文画面に行けます。

マネックス証券の株の個別銘柄の詳細画面

買い注文画面で金額や株数などを入力

『スタンダード注文』の買い注文画面の画像で解説します。

マネックス証券の株のスタンダード注文(買い注文)の画面
❶市場を変更する場合は選択します。

❷買いたい株数を『+・−』ボタンで増減、または直接入力します。

❸成行または指値を選択し、指値の場合は価格を制限値幅内で入力します。
※『+・−』ボタンや右側の複数気配(板)に表示されている「気配値」をクリックすることで入力することもできます。

❹有効期間を設定する場合は選択します。

❺執行条件をつける場合は『なし』から『寄付』『引け』『指成』『IOC』に変更します。

❻口座の種類を変更する場合は選択します。

『次へ(注文内容確認)』をクリックすると、確認画面が表示されます。

確認画面を確認し、買い注文を発注します。

以上で注文は完了です。

※逆指値注文やツイン指値注文などの条件付注文、リバース注文をしたい場合や、ワン株(単元未満株)で買いたい場合は、銘柄名の上にある「スタンダード注文」の横の「条件付注文」「リバース注文」「ワン株注文」のタブをクリックするとそれぞれの注文ができる画面になります。

 

株は注文すればすぐに買えるわけではありません。売買が成立することを約定(やくじょう)と言いますが、約定してはじめて株を買えたことになります

約定するまではまだ注文を出しただけなので、約定するまでは買ったつもりにならず、株価の変動に注意しておきましょう。

 

次はスマホで購入する場合の手順を見ていきましょう。

スマホで株を購入する場合

買いたい銘柄の証券コードか銘柄名を入力

スマートフォンサイトでログイン後のトップ画面で証券コードまたは銘柄名を入力します。

※ログインにはマネックス証券の口座が必要です。口座開設に関してはマネックス証券の口座開設の手順のページを参照して下さい。

マネックス証券での株の買い方(スマホで買う場合)

証券コードを入力して「注文」をタップするとすぐに注文画面に進みます。

証券コードがわからない場合は、銘柄名を入れると候補の一覧が出ます。
※ここでは「イオン」で検索しています。

マネックス証券でスマホで銘柄を検索した検索結果

ここで銘柄名の下の『現物買い』をタップすると注文画面に進みます。銘柄名をタップすると銘柄の詳細画面に進みます。

候補が1つしかない場合(例えば「イオンモール」で検索した場合など)は買い注文画面が表示されます。

 

銘柄の詳細情報画面はこのような感じです。ここはスマホでもPCの画面が表示されます。ここからでも右上の『現物買』の赤いボタンをタップすると買い注文の画面に進めます。

マネックス証券での株の買い方

買い注文画面で金額や株数などを入力

「スタンダード注文 買い注文」の画面が表示されます。

※現在の株価などは、銘柄名の下の「注文入力」の横の「株価」をタップすると、株価や板(売気配・買気配の注文状況)などが見れます。

マネックス証券のスマホの買い注文画面
❶市場を変更する場合は選択します。

❷株数を『+・−』ボタンで増減、または直接入力します。

❸成行または指値を選択して制限値幅内の価格を入力します。
*『+・−』ボタンで入力することもできます。

❹有効期間を設定する場合は選択します。

❺執行条件をつける場合は『なし』から『寄付』『引け』『指成』『IOC』に変更します。

❻口座区分を変更する場合は選択します。

『次へ』をタップすると確認画面が表示されます。

確認画面を確認し、買い注文を発注します。

以上で注文は完了です。

※逆指値注文やツイン指値注文などの条件付注文、リバース注文をしたい場合や、ワン株(単元未満株)で買いたい場合は、銘柄名の上にある「スタンダード注文」の横の「条件付注文」「リバース注文」「ワン株注文」のタブをタップするとそれぞれの注文ができる画面になります。

 

株は注文すればすぐに買えるわけではありません。売買が成立することを約定(やくじょう)と言いますが、約定してはじめて株を買えたことになります

約定するまではまだ注文を出しただけなので、約定するまでは買ったつもりにならず、株価の変動に注意しておきましょう。

 

※この解説は2018年6月20日時点の内容に基づいています。デザインや仕様等は変更の可能性がありますので、あくまで参考としてご利用ください。

マネックス証券の関連記事

株式投資の関連記事

株を買えるようになると(証券会社の口座を持つと)、株だけでなくETFREITも買えるようになります。