30歳の専業主婦です。24歳から楽天証券を使って株式投資と投資信託を始めました。

楽天証券を選んだ理由

楽天証券を選んだ理由は、ネット経由で取引が簡単に行えるからです。パソコンからはもちろん、スマートフォンからも取引を行うことができます。

私はiphoneユーザーですが、楽天証券のアプリ「ispeed」をダウンロードして株の売買をしています。指紋認証なのでセキュリティも万全です。チャートも見やすいし、入金・出金時の操作がしやすいアプリです。

カブドットコム証券のアプリも使ったことがありますが、楽天証券のアプリの方が断然使いやすかったです。

また、投資信託の取り扱い本数が豊富であること、株などの取り引きにかかる手数料がネット証券会社の中でも良心的であることも理由の一つです。

あとは楽天銀行とマネーブリッジすると、普通預金の金利が優遇され0.1%になることも選んだ要因です。

デイトレーダーである母のすすめで楽天証券の口座を開設

私が証券会社に口座を作ろうと思ったきっかけは、自分の母に投資をすすめられたからです。私の母はデイトレーダーで、自営業の傍ら副業として株の売買で利益を出して生活していました。

母の言葉で印象的だったのは、「一生に仕事で稼ぐことのできる金額は限られているから、お金を使わないようにすることよりも、もらったお金を何とかして増やしていくことを考えなさい。」というものでした。

そこで私も自分のお給料を元手に、500円でも1000円でもいいからとにかくお金を増やしていこうと思い、母の勧めで楽天証券に口座を作りました。

当時の私のお給料は手取り15万円程度でした。毎月の生活をするだけで精一杯で貯金をする余裕が無かったので、すこしでも投資で利益を出してお金を貯めたかったのです。

ネットで株の取引きをしたいけどセキュリティは大丈夫なの?

証券会社の口座を作る前に不安だったことは、投資の右も左もわからない自分が証券会社で取引が行えるのか?ということでした。

当時は株の取引きなどやったことも無いし、投資や取引に関する用語もわかりませんでしたので、証券会社のホームページをみても何が何だかちんぷんかんぷんだったのを覚えています。

また、一口に証券会社といっても色んな会社があるので、どの証券会社が自分に合っているのか分からず、非常に選択に迷いました。

私は出先でもオンライントレードがしたかったので、インターネットで取引できる証券会社を選びたかったのですが、ネット上でお金を動かすことはセキュリティや不正アクセスなどは大丈夫なのかという不安も少しありました。

投資に充てられるお金が少なかったことも不安要素の一つでした。

えっ!投資信託ってたったの500円から始めることができるの!?

不安を抱えながらも証券会社の口座を作り投資を始めることができた理由は、始める前に投資や取引に関する勉強をして投資に関する疑問を解消できたからです。

私の場合は身近な存在である母が投資の先生として、取引の仕方やルール、チャートの活用の仕方など基本的なことを教えてくれたことが大きかったです。

また、まとまったお金が必要だと思い込んでいた投資も、証券会社によってはミニ株などを使えば少額で取引が行えること、投資信託も月々500円程度から積立購入ができることを調べて知り、私のような元手が少ない人間でも投資を始められるのだと思えたことも大きかったです。

私が証券会社に口座を作ろうと思っていたころに丁度NISAが始まっていましたので、この制度も投資を始める後押しとなりました。

毎日コツコツ利益を出していけばいつか給料以上の収入になるかも!

私が初めて投資で利益を得たのは株式の売買でした。確かアイフルの株です。

デイトレードでその日の朝に買った株を取引終了間際に売却して、わずかながら利益を得ることができました。

初めての利益を出し、証券会社の自分の資産が+表示になっているのを見たときはやはり嬉しかったです。

こうやって毎日少しづつコツコツと自分の資産を増やしていけば、お給料以上の収入を得ることができるのではないかという希望が生まれました。

分散投資をすることで資産が減るリスクを軽減できる

投資をしてみて感じたことは、投資は分散して行うことが大切だということです。

投資を始めたばかりの頃は、目先の利益に囚われがちで焦る気持ちが大きかったです。買ってみた株が下落していき利益がなくなると、ショックでなかなか手放せないでいました。

今はある程度まで下落したら思い切って損切りすることも、全体の利益を守るうえで大切だということを学びました。

Aがだめでも、BやCがあるといった具合に、分散して投資を行うことでリスクを回避できます。分散投資という概念を得てからは、株の売買以外にも、投資信託という選択肢も増えました。

すぐに結果を得ようとせず、長期的な目線で投資を行う選択もあるのだなということを学びました。

お金を増やす方法は、収入を増やす・支出を減らす以外に、お金に働いてもらうという選択肢があり、その一つが投資です。誰しも最初は初心者なので、実践して失敗を繰り返していくうちに投資の感覚が身につきます。頑張ってください。

この記事を読んだ方におすすめの体験談