現在3人の方のSBI証券でNISA口座やつみたてNISAの口座開設をした方の体験談を紹介しています。NISAではない通常のSBI証券の口座開設の体験談はこちら。

SBI証券はネット証券の利用者数(口座数)がNo1で、外国株や投資信託などの商品の種類も豊富、夜間取引も唯一(※)できるネット証券なのでおすすめですね。※2018年2月現在

  • なぜSBI証券を選んだか?
  • 口座を開設するときの感想
  • SBI証券はおすすめできますか?

 

子供が産まれ「積立NISA」「iDeCo」を利用するために(32歳女性)

32歳女性、会社員です。子供が産まれたので計画的に貯蓄を始めようと思い、「積立NISA」「iDeCo」を利用するためにSBI証券の口座開設をしました。

どの証券会社がよいかネットで調べて比較をしましたが、手数料が安いことと、取り扱いの銘柄が多いこと、レイアウトが見やすく操作がしやすそうだったのでSBI証券に決めました。

元々「住信sbiネット銀行」を利用していたこともあり、入金等の連携がしやすそうだったことも理由です。

投資は全くの初心者ですが、「積立NISA」や「iDeCo」に関する説明ページが豊富で、初心者にも非常にわかりやすく解説してくれているため安心感がありました。スマホ用サイトも見やすく、ポートフォリオ等の機能も充実してそうだったので良いなと思いました。

口座開設はペーパーレスで非常に楽でした

ペーパーレスで書類を送る必要がなく、WEB上だけで開設でき非常に楽でした。

マイナンバーカードをWEBアップロードし、あとは基本情報を記入するだけで簡単に開設できました。職場情報(仕事内容、資本金等)の記入があったのでその部分だけ少し時間がかかりましたが、全部で15分もあれば終わると思います。その場でマイページにログインできるようになり、2週間後ぐらいに口座開設の書類が届きました。

証券口座の開設は敷居が高い印象がありましたが、SBI証券はわかりやすくスムーズにできました。

「積立NISA」「iDeCo」の口座開設は別途申込書が届き、記入押印して郵送する必要がありましたが、申込書も非常にシンプルでわかりやすくまったく手がかかりませんでした。

初心者にも優しい証券会社なのでおすすめ

おすすめできます。 サイトの分かりやすさ、申込の簡単さ、説明ページの豊富さなど、初心者にも優しい証券会社だと思います。

インスタでも多くの人がSBI証券のNISAを使っていた(40歳男性)

現在40歳の、男性、福祉関係の仕事をしています。

NISAを始めたいと思ったのが、証券口座を作るきっかけでした。インターネットでどこの証券会社で口座を作るのが良いか検索をしたところ、多くのサイトでSBI証券を勧めていたのでSBI証券で口座開設をしました。

また私はインスタグラムをしているのですが、そこでNISAをしている人が多くいて、ほとんどの人がSBI証券を利用していることがわかりました。

これだけおすすめされていて、多くの人が利用しているなら、かなり信用できる会社だということがわかると思います。

またSBIは証券会社だけでなく、保険やお金に関することなど色んな事業をしていて、実際に私はSBIの自動車保険に加入しています。資金力もあるし、人気の証券会社ということもあり、SBI証券に決めました。

NISAの口座開設には時間がかかる

最初に申込みをするときは思ったより、よくわからないことも多く、二日くらいかけて入力をすることが出来ました。あと、入力して完了を押したときに、接続が悪いのかなんなのかきちんと繋がらなくて、また一から入力しなければいけないという状況になってしまいました。その時点で少しやる気がなくなったのですが、申し込まないわけにもいかないので頑張って最後まで入力して、二回目で成功しました。申し込みをしてから、全部の工程が済んで実際に取引を開始するまでにはものすごく時間がかかりました。

普通の株取引の口座は1週間もせずにできるようですが、NISAの口座はいろいろ手続きがあって時間がかかるようです。結果的にすべてが揃うまで申し込んでから一か月半以上かかりました。

SBI証券は会社が大きいので安心できます。 また取引できる会社も多いので、選択肢が広がり色んな会社の株や投資信託などをNISAで購入することが出来ます。

つみたてNISAの毎日積立をするため(46歳男性)

46歳フリーランスの男性です。2018年から始まったつみたてNISA制度にあわせてSBI証券に証券口座を開設することにしました。

いろいろと証券会社の特徴を調べてみましたがサービスは各社とも充実しており、最終的にはSBI証券と楽天証券の二強で検討した結果、サイトのみやすさと投資信託の積み立て注文方法でSBI証券にしました。

証券総合口座でも毎日積立ができるSBI証券で

私はNISA口座以外の通常の証券総合口座でも投資信託の積み立てをする計画ですが、つみたてNISA口座同様に証券総合口座でも毎日積み立てを設定できる証券会社を探していました。今現在、楽天証券はつみたてNISA口座ではできるけど証券総合口座での毎日積み立てはできず、SBI証券だけが可能でした。(※2018年3月時点)

また、住信SBIネット銀行の口座を持っていたので銀行口座と証券口座間の資金移動が簡単に済むのもSBI証券に決めた理由です。ただ、楽天証券が課税口座の毎日積み立てに対応すれば、SBI証券はNISA口座用、楽天証券は課税口座用として使い分けるかもしれません。

つみたてNISA口座の開設にはけっこう時間がかかる

口座開設にあたり印象的だったのは、マイナンバーの登録とつみたてNISA口座の開設にけっこう時間がかかったことです。つみたてNISAは2018年から始まった新しい制度なので、口座開設依頼が殺到していたらしく開設手続きに時間がかかったようです。また、マイナンバーも証券口座を開設するために登録が義務化されており、こちらの登録にも時間がかかるようです。結局、取引ができるまでに1ヶ月ほどかかりました。

初めて資産運用をする人にも簡単でおすすめ

口座開設後、投資信託の購入資金を住信SBIネット銀行のハイブリッド預金口座に預け、実際の取引画面で計画していた銘柄の注文を入力しました。とくに画面や操作がわかりにくいということはなく、むしろ思ったよりスムーズに出来たと思います。

ひと通り注文設定を終えたあとは何もする必要がなく、ただひたすら自動で積み立てていくだけです。これなら資産運用を初めてする人にも簡単でおすすめ出来ます。

SBI証券はやはりネット証券口座開設数1位ということもあり、細かいところまでサービスが行き届いています。今の所、取引上の障害もなく安心して利用できます。メイン口座でもサブ口座にしても構いませんが、ネット証券口座で開設必須の会社といえるでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの体験談