私は岡山県で会社員をやっております。2008年から楽天証券を使って、株式投資とFXを中心に投資をしています。

楽天証券を選んだ理由

もともとは松井証券で株式を中心に投資をやっていましたが、FXにも興味がでてきて今までの証券会社の手数料が気になるようになりました。デイトレードもしていたので、少しでも手数料の安いところを利用したいと思い始めましたのが楽天証券を選んだ理由です。

また、楽天銀行の口座を持っていたのもキッカケのひとつです。資金の移動などがかなり簡略化できて現金として持っておきたいタイミングや証拠金を手厚くしたいタイミングなどで、手早く入出金できるのが最大のメリットと感じています。

楽天証券は急激に相場が変動した場合に、銀行の口座から投資資金を自動で移動できるサービスなども充実しています。

また、投資は家族に内緒でやっていたので「楽天」とついた郵便物ならあまり怪しまれることがなく続けることができています。

給料以外の副収入が欲しくて150万円分の株を購入

当時は社会人になったばかりでまだ給料も高くなく、給料以外に何万円か副収入が欲しいと思っていました。そしてゆくゆくは不労所得といった働かずに収入を得たいと思うようになり松井証券で株式を始めました。

最初は手持ちのお金150万ほどで株を買ってレバレッジをかけて配当を受けることができましたが、相場の急落で損失がでて一度やめました。

しかし巷でFXが流行りはじめ、今度は無理せずスワップ狙いで新興国通貨を所有しました。「1日に3千円のスワップなら月9万円だな」と思い始めてまたレバレッジをかけて大量に保有するようになりました。一旦、損失をだしておやすみをしましたが、一昨年から再び参戦して英国のE U離脱などで利益をだしました。

本当に証券口座は家族や会社にバレずに作れるの?

初めて楽天証券の口座を作る時は、とにかく家族にや会社にバレないかどうかが一番の不安でした。もしかしたら郵便物や電話などからバレるんじゃないか・・・と不安に思っていました。

また、株式投資の経験はありますがFXは初めてだったので、「損するんじゃないか」という不安は感じていました。いろいろと投資もカテゴリーがあってどの分野が固いのか、儲かるのか、初心者でもやりやすいのかなど、初めは迷いながらFXの運用をしていました。

他にも、当時は結婚もしていませんでしたので家を建てたり、彼女と結婚するほうが先じゃないかといった漠然とした将来への不安もありました。株で失敗して人生が変わりました的な話も聞いたりしていたので、自分もそうならないか不安でした。

いくら仕事を頑張っても簡単には給料を上げることは出来ない!

不安ながらも投資を始められた一番の理由は、安い給料では満足できず「収入を増やして良い暮らしをしたい!好きなことをやって過ごしたい!」と思っていたからです。

当時は仕事を頑張るだけでは自分が思うような生活はできないと思っていたので、同僚とは違う生き方をしなければならないと思っていました。「こんな車に乗りたい」とか、「こんな家で暮らしたい」とか、物欲のほうが最終は勝ちました。

また、何もやらずに後悔するより何事かを失敗してでもトライするという気持ちが大事だと思っていたこともありました。

ネットも発達してきて投資への参入のハードルが低くくなっていたのも大きかったと思っています。パソコンや携帯電話で、株や為替の動きもチェックできるので安心感がありました。

投資のおかげで給料以外で10万円のお金を手に入れた!

はじめて投資で利益が出たのは、佐藤商事という会社の配当金です。いきなり10万円くらいもらいました。

郵便局に配当金を受け取りに行きましたが、郵便局員から「ウチで投資信託しませんか?」と勧誘されました。ちょっとした優越感があったのを覚えています。

会社の給料以外でまとまったお金をもらうことは全くなかったので嬉しくなり、「もっと稼いでやりたい!」と思いました。

生活費には手を出すな!余裕資金だけで投資をしよう

投資を始めたばかりの頃は焦って初歩的な失敗ばかりしていたように思います。

配当目当てに高値で摑まされて、安値で売り払うことが多かったです。ちょっとした相場変動でロスカットされるようなレバレッジをかけてみたり、生活に必要なお金まで投資の資金として使ってしまいました。おかげで二度破綻しそうになりました。

最近ではゆったりと構えて無理なレバレッジをかけずに、余裕資金だけで投資をしています。買おうかと思っている株や為替もタイミングを一歩遅らせるようにしています。

余裕資金だけで運用しているので我慢がきくようになりました。視野も広がり行き当たりばったりでなく、ある程度の予想の範囲内で投資できるようになりました。

この記事を読んだ方におすすめの体験談