One Tap Buyで口座開設をした方の体験談を紹介しています。

One Tap Buyは、アメリカの個別企業の株を1,000円から手軽に購入出来るのでおすすめです。もちろん日本株も買えます。

  • なぜOne Tap Buyを選んだか?
  • 口座を開設するときの感想
  • One Tap Buyはおすすめできますか?

という順に質問に答えていただきました。

One Tap BuyはホリエモンチャンネルでもOne Tap Buy代表の林さんとホリエモンの対談で紹介されていますね。

米国株の積立のため「One Tap BUY」にスマホから口座開設(46歳女性)

46歳 求職中の女性です。米国株の積立に興味が湧き、「One Tap BUY」にスマホから口座開設の手続きをしました。

去年の末で会社を退職し求職中です。会社都合の為失業手当がすぐ支給されたので、目先のお金には困っていないのですが、今ある手元のお金に働いてもらう為、投資を勉強を始めました。

いろんな株関係のネットや本を読んでみているものの、やはりプロが開催するセミナーなどに行った方が生の声も聞けるしいいのでは?と思い、ある女性投資家の無料セミナーへ参加しました。

そこで勧められたのが、ドルコスト平均法による積立投資。前職では企業型確定拠出年金が取り入れられていた為、馴染みはあったのですが、もう少し攻めた投資したかったのと、出来ればスマートフォンで完結出来るものが良かったので、その女性投資家が勧めていた「One Tap Buy」の口座を開設することにしました。

アプリで口座開設が出来るのがとても便利

開設手続きをアプリ内で完結出来るところが、とても便利でこの証券会社のいいところではないかと思います。開設に必要な書類はスマートフォンのカメラで撮り、アプリ内で添付します。書類は身分を証明出来るもの(私は運転免許証を使いました)とマイナンバーの通知カード。こちらをカメラロールからアップロードします。後は氏名・住所・連絡先などを入力するだけ。

アメリカの企業の株が1,000円から購入出来る!

そしてOne Tap BUYの1番の「ウリ」はアメリカの個別株を1,000円から購入出来ること。
AppleやFacebook、Amazonやスターバックスの個別株が手元のアプリから買えてしまうんです!!

しかも少ない金額から積立で買えるので、リスクを最小限に抑えることが出来、初心者でも踏み出しやすいと思います。

スマートフォンを普段から手放せない人で、株を勉強してみたい人にはオススメします。ただ個人情報をアプリ内でアップロードすることに抵抗のある方には、SBI証券楽天証券など、郵送でも口座開設ができるネット証券会社や、手数料は高いけど大手の証券会社がオススメです。

この記事を読んだ方におすすめの体験談