私は北海道在住の専業主婦(31歳)です。2年くらい前に株を購入したくて、松井証券とSBI証券の口座を開設しました。

松井証券とSBI証券を選んだ理由

松井証券の口座を作った理由は、1日の株取引が10万円以下の場合において手数料が無料だからです。

そしてSBI証券の口座を作った理由は、ここの証券は株主優待などの検索がしやすいと評判だったからです。また、他銀行への振り込みがランクによって一定回数無料になっているのもキッカケのひとつです。

本当は家の近くに店舗がある野村証券のほうが安全なのかなって気持ちもあったのですが、裕福でもないただの主婦が、野村証券に入り株をやってみたい、というとなんだか鼻で笑われるような気がして、勇気がでなかったのでやめました。

株主優待生活で有名な桐谷さんの影響で株を始めてみた

もともと専業主婦になる前から株式投資には興味がありましたが、株のリスクを考えると怖くて始めることが出来ませんでした。

そんな時にテレビ「月曜から夜ふかし」でおなじみの、株主優待で暮らしている桐谷さんの存在を知って、今まで遠かった株の存在がすごく身近に感じました。

改めて株について調べてみると、5万円から購入できる株があること、近所のスーパーやドラックストアなど身近にあるお店の株も購入して配当金や優待券などがもらえることを知りました。

そして独身時代に貯めていた貯金の一部を使って、優待目的で購入してみたのが株をはじめたきっかけです。

ネットの証券口座って個人情報が流出したりするんじゃないの?

最初はネット銀行やネット証券というのに少々抵抗がありました。ネット銀行は店舗がある銀行に比べて定期の金利が高くお得なのは知っていたのですが、まとまったお金を入金することに対して抵抗があったのです。

その抵抗の理由はパソコンのウイルスです。ウイルスに感染して、「もしかしたら誰かにネット銀行のパスワードや暗証番号などを知られてしまうのではないのか」といった心配がありました。なので普段からもネット銀行の口座は作らず、ネットで買い物をしても代金引換で購入したり銀行振込を選択して購入していました。

しかし小遣い稼ぎで、とあるサイトに登録した際にその振込先がネット口座のほうが何かと便利だということ知り、思い切ってネット銀行に口座を作りました。作ってみると、とても便利だったので証券もネット口座を利用してみようという気になりました。

株なら小さい子供を育てながらでもやることが出来る!

ネット銀行に口座を作るまでは抵抗があったのですが、ネット銀行に口座を作り利用してみるとすごく便利だという事を知りました。なのでネット証券もきっと便利なんだろうなと感じ、証券に対してはあまり抵抗を感じることなく口座を作りました。

口座を作ったばかりの時は、子供がまだ1歳くらいで外に働きにでたくてもできなく、外出するのにもなかなか自由がきかない時期でもありました。しかし、株なら自宅で子供がいてもやれるので、株主優待目的で証券に口座を作り株取引をやってみることにしたのです。

気になったことは、失敗してもやってみたほうがいい、やらないで後悔するよりもやって後悔したほうがいい、いつも私が思っていることを実行したのです。

初めての配当金でお金持ちになった気分を味わえた

株の運用はパソコンを操作して、売ったり買ったりするだけなので簡単にできます。ただ最初は、画面上で株を売って利益が出てもお金を稼いでいる実感がわきませんでした。

はじめて実感したのは配当金が入った時です。自宅に封筒がきて郵便局にもっていくと配当金を得ることができました。なんだか自分が株を所有しているお金持ちにみられているような気がして、鼻が高かったです。

また、はじめてのことでその時は運転免許所をもっていったのですが、配当金が少額なので運転免許証は必要ないといわれ恥ずかしい思いをしたのを覚えてます(笑)

配当金と株式優待を目的にすると一喜一憂ぜず楽しめる!

投資をはじめたばかりの頃は、所有している株が少しでも下がれば、その日1日がブルーな気分で落ち込んでいました。

そして、自分の所有している株が上がればウキウキ気分でいるものの一体いつ手放せばいいのか、もしかしてまだまだ上がるのではないかとすごく悩みました。思い切って株を手放せば、その株がどんどん値上がりしてしまい、ショックを受けました時もあります。

そんなこんなしているうちに妊娠して、なかなか所有している株を毎日チェックできなくなり、株の動向を気にしなくなっていきました。そうすると、とても気持ちが楽になっていったのです。

もともと株主優待目的で株をはじめていたので、毎年の配当金と株主優待を楽しみ長く所有すれば毎日一喜一憂する必要もないなって実感したのです。

株は上がったり下がったりするので、生活に支障のでないお金で優待や配当金目的ではじめてみると楽しめると思います。

SBI証券の関連記事

この記事を読んだ方におすすめの体験談