私は会社員をやっている49歳の男性です。今から3年前にマネックス証券を使って株式投資を始めました。

マネックス証券を選んだ理由

株式投資を始めるにあたり証券会社選びを慎重に行いました。

手数料だけではなくツールの利便性、投資情報などをネットで比較したところマネックス証券、松井証券やSBI証券などが候補に上がりました。

他には野村証券や大和証券など大手証券会社も安心感という意味で検討しましたが、大手は手数料の高さや小口投資家には合わない側面もあるとの情報があり見送ったのです。

残ったネット証券の中で選ぶことは容易ではありません。手数料も単に安いと言うだけでは比較がしづらく、自分の投資スタンスにより変わってくるのです。

その中でマネックスを選んだ理由はツールの使いやすさでした。チャートやボタンの配置などが他よりも使いやすいのもポイントの一つでした。

ただ銀行に預けておくよりも株をしたほうが儲かりそう!

株式投資を始めた理由は、銀行の預金利息が大幅に下がってしまったからです。

以前は銀行にさえ預けておけば多少なりとも利息が付くというのが常識ですが全くと言っていいほど付かないのです。それどころか引き出し手数料が高いため嫌気がさしたのでした。

そんな時に会社の同僚の多くが株式投資をしておりゲーム感覚で楽しんでいることを知り私もやってみたくなったのです。

現行預金と言う無駄なことよりはリスクがあったとしても全て自己責任で行う投資に魅力を感じたのでした。

毎日一喜一憂する彼らの姿にギャンブルに近しい感覚を持っていましたが、株式投資の場合にはきちんとした勉強や情報を得る感覚を身につけることでリスクを最小限に出来るという側面にも共感を覚えたのです。

20年貯めてきた定期預金が株の失敗で無くなってしまわないだろうか・・・

銀行預金と決別し証券会社に口座を作り投資をすることを選択したものの不安があったのは事実です。

20年以上も貯めてきた1000万円以上の定期預金を解約し証券会社の口座に移すのです。

会社の同僚のようにゲーム感覚でできる物ではありませんし最悪のケースにはパーになってしまうことも想定しなければなりません。

日本を代表する超一流企業ですら倒産や不祥事による株価暴落や上場停止などに追い込まれることはニュースでも散々やっており怖い部分もありました。

このまま投資などせずに銀行の定期預金に入れておけば減ることは決してありません。

勉強などが投資に役立つことは事実ですが絶対という世界ではなくなることが唯一迷ったところだったのです。

リスクを最小限にしたローリスクローリターンの運用で株を開始!

株式投資をする際には様々な投資のスタンスがあることを覚えました。

信用取引によりハイリターンを得る方法や短期売買により売却益を出す方法、中期的に売買をする方法、長期に渡り優良と呼ばれる企業に投資する方法です。

私が実践する投資スタンスはどちらかと言うと長期での投資です。しかも一社への投資ではなく複数者に分散することでリスクを最小限にできるのです。

例え一社が倒産した場合でも全てがパーになる事は避けられるため不安はさほどありません。信用取引や短期での売買など他に仕事を持っている身では出来るはずもないからです。

常に日々のチャートを見るような投資はせずに分散することで堅実に投資することでローリスク、ローリターンを狙うのです。

株は株主優待が充実してる食品関係を中心に購入

私の購入者した株価は大手自動車部品や食品メーカー、外食産業が中心です。

株価は当初に購入した価格よりも上げてはいるものの売却した訳でもないため利益は確定していません。

ただし株主優待が充実している会社を選んで購入したため優待品や高配当を得ることができました。

やはりリスクを取らずにゆっくりとした流れで投資をする事は精神的にも良いと思います。更に優待品が届くたびにその会社への応援の想いも強くなっていくのです。

自分が好きになれる会社に投資するのが成功への近道!

投資を始めたばかりの頃は投資への勉強と企業の研究を熱心にやっていました。

当初は長期的あるものの儲けを期待しており株式サイトなどで推奨するような存在すら知らない企業への投資をしてしまったりして失敗することもありました。

しかし株を学んでいくうちに分かったことは、好きな会社に投資することが成功への近道なのです。

単なるお金のゲームではなく自分が投資したお金がその企業の研究開発や広告に活かせると考え投資したいと考えるようになったのです。

結果としてその企業から優待品が送られて来て更に応援したくなるというサイクルは今の自分にとって非常に有意義だと実感しています。

最悪のケースが発生したとしても好きな企業に対して自分が選んで投資したため諦めも付くと思っています。

株式投資とは本来応援したい企業へ投資するものだと思います。あまりマネーゲームに走りすぎないようにしましょう。

この記事を読んだ方におすすめの体験談