会社員の男性40代半ばです。2年ほど前から投資信託を始めました。

貯金もできない自分でも無理なく続けられる投資はないか?

昨今、老後の厚生年金などの受給開始年齢が、65歳からさらに引き上げられるかもしれない、という報道を目にする事も増えてきたかと思います。今まで、老後の生活資金などを心配したことはあまりなかったですが、ふと、年金だけで生活するのは厳しいのかな~と漠然と不安に感じました。

それでは、会社を退職した後に、どのような方法で収入を得ればいいのか?色々とインターネットなどで調べてみました。

今まで定期的に貯金をすることも出来なかったので、無理なく続けられる投資などはないかと思って探してみたところ、毎日の生活にもさほど影響しない範囲での積み立て感覚での投資方法があることがわかり、詳しく知るために早速資料を請求してみました。

始める前は迷いや不安がたくさんありました

投資をするのは初めてでした。世間では投資や株で大失敗したなどの話を沢山聞きますので、損したらどうしよう、せっかくの資金を減らしてしまい、本末転倒になったら家族からも怒られるかななどと不安は正直ありました。

また、数多くある投資先のラインナップから、いったいどれを選べばよいのか、どれにも一長一短があるような感じで、素人には自分で投資先を選ぶことはとても迷うことでした。

また、毎月の投資金額をいくらに設定するのか、家計のやりくりや、損を出してしまっても許容できる範囲などを自分で考えることはとても迷いました。国内の経済情勢のみならず、グローバルな経済情勢にもよって損益が変動されるようなので、自分でも勉強しないといけないなと思いました。

少額でコツコツ積立ができるプランなら自分にも始められる

最終的に投資をやってみようと考えたのは、毎月毎月、自分の家計で負担できる金額の範囲以内でこつこつ積み立てるプランがあったことです。余裕が出来れば月々の投資金額を上げることも可能なことが魅力でした。

また、投資先の選定でも、お願いした会社から詳しい資料を送って頂き、自分でとれるリスクの範囲の投資商品を選ぶことができました。

その投資商品についても、一定の条件のもとで商品を変更することが可能であり、仮に将来的に考え方が変わっても投資先を変えられることが良いなと思いました。また、NISAで税制面でも優遇を受けることが出来ることは、後押しをしてくれました。

長い目でみて老後の生活資金の一助になれば

運用実績報告を見て、最初の数か月はマイナスかトントンの頃もありましたが、その後着実に上がっていき利益が出ています。利益が出たことは非常に嬉しいし、やって良かったと感じました。

しかし、積立てて行く方式のやり方であり、利益や配当金などを直接受け取ってはいません。長期的に積立ていこうと考えていますので、日々の値動きに一喜一憂をするのではなく、長い目でみて老後の生活資金の一助になればよいと考えています。

投資を始めたばかりの頃は、毎日の運用状況や基準額などをサイトでチェックして、上がった下がったと一喜一憂していたように思います。それでは、損得に振り回される感覚もありました。

しかし、今では、長い間、月々定期的に、無理のない金額を積立て行く感覚に変わりました。強制的に貯金している、と言っても良いかと思います。

多少のリスクを取ってでも”増える可能性”がある投資をしてみる

正直、貯金や預金の金利は現在では無いに等しので、それならば、多少のリスクを取ってでも、増える可能性がある投資が良いのではないかと考えています。

将来、どれくらいに増えたのか非常に楽しみでもあります。運用はプロの方に行っていただけるのも安心です。世界情勢やら国内経済状況などはやはり先を読むのは個人では難しいですしね。

投資は少ない金額からコツコツと始められますし、NISAやiDecoなど税制の優遇面もありますから、一歩踏み出してみるのも良いかなと思います。