自営業の男性が初めて投資信託を購入したときの体験談です。

友達が投資信託で儲かった話を聞き、子供の将来のためのお金として100万円を増やすことを考え、定期預金をしていた銀行で投資信託ひふみプラスを購入。

投資信託は面白い!楽しみが増え生活にハリが出て来て楽しんでいるそうです。投資はお金の上下だけだと面白くありません。楽しむことが大事ですよね。

株や投資信託を始めてみたいけど・・・

預貯金に余裕があったので、株や投資信託を始めてみたいという気持ちが以前からありました。

しかし、投資信託や株に興味はありましたが、なかなか始める勇気がありませんでした。友達から投資信託で儲けた話を聞いて「やってみたい」という気持ちが高まりました。今まで定期預金として利用したことのある福岡銀行で購入することにしました。

投資信託は、株ほど大きな損はしないことが決め手でした。損をしても0円になることはない、半分程度になるのは仕方がないと思ったからです。投資信託をしたら儲かると思い込んでいたところもありました。ちょうど手元にお金があり、100万円を何かの形で増やしたいと強く思っていました。子供の将来に使えるようにそれまでに増えてたらいいなという気持ちでした。友達とは違う投資信託で、できるだけ安全なものにしようと思いました。

「投資信託は儲かる」という雰囲気で説明される

投資信託の金額が下がったら、損をしてもったいないなという気持ちもありました。しかし、なぜか絶対に儲かると自信がありました。この自信が不安でした。投資信託は必ず儲かるとはセールスしませんが、儲かりそうな雰囲気で説明していきます。短い期間で儲からない時もあれば、長い目で見るとそのうち値上がりするときがあるという説明をするからです。そのため、私の中では必ず値上がりするということが頭の中にインプットされていました

そこで、リスクの少ない投資信託を探すことにしました。リスクが少ないので、配当金はそれほど期待できません。投資をするなら儲けたい、しかし投資信託を考えたときに一番大切なことは損をなくすことだと考えました。

初めて買ったのはひふみプラスです。国内株式なので、変動に敏感になれます。上昇していることで、国内株式の動向が感じられます。

ここまで悩むなら買ってみよう

実際に買うにあたってはネットで色々見て、口コミを読みました。いろいろ悩んでも仕方がないので、ここまで悩むなら始めようと思いました。

「このお金はなかった事にできるか?」

そう自分自身に問いかけてみました。別にいいかなという気持ちになると、心が軽くなりました。

妻に相談すると、「買ってみよう。」と言われたのが、最終的なきっかけです。あっさりと言われて、拍子抜けしました。今すぐ買わないともったいないという気持ちになって、申し込みをしました。

ついに買っちゃった!毎日変動を見てドキドキ

初めて買ったときはうれしかったし、ドキドキしました。とても期待していました。最初のうちは、毎日投資信託の変動を気にしていました。ちょっとした動きに喜んだり、がっかりしたりするのが日課になりました。

初めて買ったものを今でも持っています。長い目で見るということは、簡単なようで難しく感じます。私が運用しているわけではないので、何もすることが出来ずに見守るだけですが、これが楽しいです。

福岡銀行のひふみプラスは今も人気があります。5年は長いような短いような感じがしました。今でも続けています。これからも続けて行くつもりですが、いつ下がるか心配です。ひふみプラスは上昇しています。下がるときもありますが、安心感のある投資信託です。

投資信託は面白い!楽しみが増えた

投資を始めることで生活にハリが出て来ました。投資信託の上下変動が、生きがいになります。楽しみが増えたことで、明日になるのが楽しみになってきました。

投資を始めても必ずお金が増えるとは限りません。損をすることもあります。手数料がかかったりして、単純計算したものとは実際に差が出てくるので注意が必要です。しかし、長いスパンで考えると面白い金融商品です。