株で勝っていたけど分散投資のため投資信託を始める

株式投資それなりに勝っていたけど、他の資産運用で分散投資をしようと投資信託を始めたという30代の自営業の男性の投資信託の体験談です。

株では勝っていたけど分散投資のために投資信託を始める

元々は株式投資をずっと続けてきておりそれなりにリターンを得ていました。しかし将来の事を考えた時に、株式投資だけではなく他の資産運用の方法も考えておかなければ上手く自分の資産を分散していくことが難しいのではないかと思うようになりました。そこで投資信託にいくらかの資金を投入して上手く資産分散を図ろうとしたのがそもそものきっかけです。

株式投資をやっている時から投資信託への投資を考えた事はありましたが、真剣に悩んだことはありませんでした。しかし30歳を過ぎたあたりから将来への不安を感じ始め、その際には投資信託を購入することで運用のプロに任せる方が気軽でいいかなという気持ちもありました。このような様々な気持ちを抱えるようになり、投資信託を購入するに至りました。

もともと投資信託には”悪いイメージ”があり不安だった

投資信託を購入する前は、証券会社や銀行員などが手数料稼ぎのために勧めてくるという悪いイメージを持っており不安でした。多くの手数料を取られてしまい、結局の所リターンを得ることが難しいのではと思っていました。

また株式投資をしていた私でさえ、投資信託のパンフレットなどを見ていても意味が分からないことだらけで、このような投資をして本当にリターンが得られるのか不明な点が多いように感じました。

またそれはリターンだけではなく、むしろリスクに対して強烈に感じていました。正直な所、投資信託は複雑性が高い商品のように思いました。

そのように一般客には分かりにくくしておいて、証券会社や銀行員が手数料を稼ぐのではという猜疑心を持っていました。

ネットで情報を調べて投資信託に対する誤解がとける

よくよく調べてみると投資信託には購入手数料がかからないノーロードといわれる商品があることが分かりました。これならば手数料コストを抑えながら投資信託を購入することができると分かりました。

また、ネットやスマホなどの発達により投資信託に対する情報が入りやすくなったのも大きいと思います。評判の悪い投資信託は一目で判別可能となりましたし、その逆にリターンやリスクのバランスが良い投資信託の情報も入ってくるようになりました。これにより投資信託に対する誤解が解けていったのが大きな理由でした。

もともと株をやっていたので投資信託も買うと決めたらすんなり購入

初めて購入し現在も保有しているのがeMAXIS先進国株式インデックスです。ネット証券で購入しましたが、正直な話株式を購入するのとそこまで感情的な差異はありませんでした。あくまで資産運用の一環として、資金を投入するのだという冷静な気持ちだったのを覚えています。

eMAXIS先進国株式インデックスは日本を除いた先進国株式指数のMSCIコクサイインデックスをベンチマークとした先進国株式のインデックスファンドです。もちろん購入手数料がかからないノーロードであり、先進20カ国以上の株式市場約1300銘柄から構成されている商品です。基本的には分散投資を目指しているので、リスクはそれほど大きくなくリターンもそれなりにあるというバランスの良い商品ではないかと思います。

株以外の資産運用方法で分散投資

株式投資以外の資産運用方法を見つけて、心に余裕ができ将来への不安が軽減したように感じます。

資産運用において投資信託は重要な商品となってきています。今は購入手数料のかからないノーロードの投資信託もあり、ネットやスマホなどでも情報を集められますので是非自分の将来を豊かにするものとして投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。

オススメはeMAXIS先進国株式インデックス

私のオススメはeMAXIS先進国株式インデックスです。ノーロードですので購入手数料がかかりませんし、先進各国に投資する投資信託ですのでリスクとリターンのバランスが良く安心して保有し続けられるのが一番の理由です。

投資信託の関連記事