30代女性、主婦です。現在2人の子育てをしています。
出産前は都市銀行の正社員として勤務しており、銀行の資産運用相談の業務を担当していました。投資歴は15年です。

銀行員として資産運用相談や投資信託の販売をすることに

銀行に就職し、資産運用の相談や投資信託の販売をすることになりました

銀行に就職し、資産運用の相談や投資信託の販売をすることになりました。

仕事で投資信託の販売をするのに、自分が購入した経験があったほうがお客様に説明する時もうまくできるだろう、と思い投資信託を購入しました。その時は、銀行に勤め始めたばかりの新人だったので、運用の知識はゼロでした。

「運用は危険」という声を、銀行にくるお客様から直接きいていたので、私の一生懸命稼いだお金で運用するのだから、「危険なものには投資したくない。まず、なにが危ないのかを確認しよう」とおもい、本屋で投資信託がのっている雑誌を購入して勉強しました。

リスク、手数料など投資信託の仕組みを理解して、その後は自分が興味がある国や会社の情報を日本経済新聞やマネー雑誌から学び、購入することに決めました。

購入金額も、私の全く使う予定のない資金のうちの1/3にしました。購入したときは、投資信託のすべての情報を理解したので、こわくはなく、危険だなと思うこともありませんでした。

もちろん、購入時よりも価格があがり利益がでればうれしかったですが、値が下がって損失がでていても「この資金は当分使わないし、今後この投資信託は値上がりしそうな元気なファンドだから購入したんだ」という自信からドキドキや不安な気持ちにはなりませんでした。

これから、投資信託を購入する予定の人も、まずはしっかり自分が納得いくまで、投資信託の仕組みを理解すると、運用がたのしく、不安な気持ちもなく、運用できると思います。

種類が多くて難しくて、最初はどの投資信託が良いのかわからない

初めて投資信託を購入するときはどの銘柄を購入しようか迷いました。種類がいっぱいありすぎて、そして難しいことが沢山書かれていて、どの投資信託が良いのかわかりませんでした。そして、購入して損失がでてしまったらどうしようという不安がありました。

実際、私が銀行の窓口で仕事をしていて、

「投資信託で損失がでた!
どうしてくれるんだ!」

投資信託で損失が出て窓口で怒鳴るお客さん

と怒鳴るお客様がいたので、そんなにこわい投資信託をお客様に売ることはできないし、自分も購入できないな、と思っていました。

いつ購入したらいいのか、という買うタイミングもわからなかったです。

毎日値動きがあり、「今後値下がりしそうだな」と思っていたら下がらずどんどん基準価格が上がっていったり、逆に「今後値上がりしそうだな」と思っていたら基準価格がさがっていったり。毎日動くので、購入チャンスをつかむことが難しかったです。

自分で選べなかったので最初はランキングを参考に買いました

私の知識では選べなかったので、マネー雑誌の投資信託人気銘柄ランキングや、銀行や証券会社の投資信託ランキングを参考にしました。

ランキングにでている投資信託は人気があるので、それなりに良い値動きをしていたり、手数料が他の投資信託よりは安かったり、商品内容がわかりやすかったりします。

はじめての人には、有益な情報だと思い、これを参考にして投資信託を選びました。

選んでもすぐに購入はせず、その投資信託に組み込まれている国や会社の情報を調べ、今後成長していきそうか調べました。購入する投資信託をここまで調べたので、買う決断ができました。

初めて購入した投資信託は「外国債券オープン」

初めて購入した投資信託は『外国債券オープン』でした。

当時はどこの銀行や証券会社でも一番人気の投資信託で、新聞にもよく掲載されていました。毎月分配金がもらえるもので、お小遣いが毎月銀行口座に入ってくるのでなんとなくうれしかったです。

はじめて投資信託を購入した時は、自分も資産運用ができる立派な大人になれたな、とうれしかったです。

また、社会人になって間もない頃で、銀行以外に勤務している友達は、「運用」を詳しく知らなかったので、私だけ一歩先を歩いている社会人だな、と一歩先を歩いている感覚でうれしかったです。

また、世界経済、日本経済に目を向ける機会が多くなりました。

初めてでも利益が出せた理由は・・・

投資信託の仕組みを理解して購入していたので、購入時よりも基準価格が下がれば、追加購入を何度かしていました。そのため、解約時は利益をだすことができ、初めての投資信託でしたがうまく運用ができてうれしかったのを覚えています。

投資信託は銀行員や証券マン、マネー雑誌の情報だけで購入はせず、自分でちゃんと調べて購入すれば、リスクは少なく安全に運用できる良い商品です。

忙しい人でも運用しやすいおすすめ投資信託は「インデックス225オープン」

『三菱UFJインデックス225オープン』はおすすめの投資信託で、かつ自分でも買ってよかった投資信託です。インデックス225オープンは、日常のニュースや新聞をみていてはいってくる情報だけで、今値上がりしているかそうでないかがわかるからです。忙しい人でも運用しやすい商品だと思います。

わが国の株式を投資対象とし、日経平均株価、日経225に連動しているので、日本は今景気が良いな、企業が利益を出しているニュースが多いな、などと日本経済に元気があるとき、この投資信託も値上がりしていることが多かったです。

UFJの窓口だけでなく、SBI証券や楽天証券などのネット証券でも買うことができます。