投資信託の買い方(始め方・購入方法)

このページの内容

投資信託はどこで買えるの?どうやって買うの?

いざ投資信託を始めてみようと思ったとき、初心者のかたがまず迷うのが「投資信託はどこで買えるの?」「投資信託はどうやって買うの?」ということです。

このページでは投資信託の始め方(買い方)の解説をしていきます。

投資信託はネットや証券会社や銀行の窓口で購入できる

まず、「投資信託はどこで買えるの?」の答えになりますが、投資信託は証券会社や銀行の窓口で購入することができます。ネット証券などでネットで購入することもできます。

銀行の窓口で投資信託を買う場合は預金口座だけではなく、投資用の口座が必要になるため、新たに投資用口座の開設をする必要があります。

そのため、新しく投資信託を購入する場合は証券会社でも銀行でも必要なものや手間は同じです。

ネット証券でも投資信託の購入は可能で、店舗に行かずにパソコンやスマートフォンから口座開設ができるので便利ですし、手数料も安く済みます。

どこで購入するかはじっくり相談したいなら窓口で、勧められたら断るのが苦手な人や窓口まで行くのが面倒な場合はネット証券で口座開設をすると良いと思います。

銀行と証券会社での投資信託を買うときの違いは?

投資信託を買うに当たって銀行の窓口と証券会社でどのような違いがあるか?どちらで買えばいいか迷う方が多いと思いますのでその違いを解説していきます。

まず銀行の窓口では投資信託は販売していますが投資信託の上場したETF(上場投資信託)REIT(不動産投資信託)は銀行の窓口では購入できません。

また、株式なども証券会社でしか購入できません。

ETFやREITも買いたい場合や、投資信託以外に株式など他の商品も買いたい場合は証券会社やネット証券で口座開設をする必要があります。

また、投資信託の取扱商品も銀行より証券会社のほうが比較的多く、さらにネット証券はより商品が多く、購入時の手数料がかからないノーロード投資信託も多いです。

基本的には特別な事情(窓口で相談したい、いつもの銀行で買いたい等)がない限りはネット証券をおすすめします。

投資信託の買い方(購入方法)

次に投資信託の買い方、購入の手順についてです。「投資信託はどうやって買うの?」ということですね。

投資信託を買うには証券会社(ネット証券)の口座または銀行の投資用の口座開設が必要なので、まずは口座開設をします。

銀行や証券会社の窓口で買う場合

銀行や証券会社の窓口で買う場合は口座開設に必要なものを用意して店舗まで行き、窓口で「投資信託を購入したい」と伝えれば案内してくれます。

必要なものに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページの証券口座開設に必要なものを参考にしてください。

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合

パソコンやスマホを使ってネットで買う場合は、それぞれの証券会社やネット証券の公式サイトから口座開設の申し込みをします。

口座開設の手順や必要な書類などに関しては証券会社の口座の作り方・口座開設の手順のページを参照してください。

口座開設が完了したら買いたいファンドを選んで購入

口座開設ができたら、もう投資信託を買う準備は整っています。

必要な資金を投資用の口座に入金し、買いたい商品といくら買うかを選んで、購入の申し込みをすれば完了です。

投資信託の商品はたくさんありますが、販売窓口によって取扱商品が違います。

窓口で買うなら人気のファンドやおすすめを聞いてみたり、ネットなら検索で探したりランキングを見たりして、ファンド名などで気になったものを詳しく見ていき、商品をいくつかピックアップして実際に買うファンドを検討するとよいでしょう。

「口座開設」と「はじめての購入」が一番の難関

投資が初めてという方は難しいイメージがあるかもしれませんが、始めてしまえば簡単です。特に口座開設が済んでしまえばあとはスムーズなので、いろいろ不安はあるかもしれませんがまずは口座開設の申し込みをしてみましょう。

※口座開設すると口座維持費などがかかる場合がありますので事前に確認しましょう。ネット証券の場合は口座維持費はかかりません。

この2つをクリアすればもうあなたも「投資経験者」です。
未経験と経験済みでは大きな違いがありますので、安くて低リスクな商品でもいいのでまずは何か一つ買ってみることで、今までは想像しかできなかった「投資の世界」が見えてくるようになりますよ。