投資信託入門

投資信託とは何なのか?これって株やFXなどの投資をしている人でも意外とわかっていない人が多いです。

投資信託というのは、簡単に言うと

「お金だけ預けたら誰か投資に詳しい人が資産運用してくれないかな?」

というのに答えてくれるのが投資信託です。

もちろん大事なお金を預けて運用してもらうわけですから、投資のスタンス(リスクや大まかな運用する商品)は決める必要があります。

投資信託は商品が多すぎてわかりにくい

投資信託ってたくさんの商品があってわかりにくいですよね。

しかし、わかりにくさというのはそれだけ多くの選択肢があるということでもあります。

「こういうところに投資をします」というのが投資信託の商品。

例えば「アメリカの不動産に投資します」とか「日本株で運用します」とか、そういった投資先やどういった商品を運用するかは投資信託の名称でだいたいわかるようになっています。

運用する資産もいろいろあり、株や債権や不動産、それぞれで運用するものや組み合わせた投資商品などがあります。

また、日本の株や債券や不動産、海外の株や債券や不動産、日本と海外の両方を組み合わせたものなど、投資する地域も先進国や成長中の国など様々です。

インデックス型といって、日経平均株価やTOPIXなどの大きな株の指標と値動きが連動する投資信託もあります。

日経平均と連動しているならわかりやすくて初心者でも始めやすいかもしれませんね。

最初に投資信託は「投資に詳しい人が資産運用してくれるもの」と言いましたが、「こういうふうに運用しますよ」と決められた投資信託の商品がたくさんあり、その中からあなたの希望に合うものや「これはいいな」と思うものを買えばいいのです。

「こんなところに投資したい」というのが決まっている人にとっては非常に便利な投資商品だし、投資信託が「初心者向けの投資商品」と言われるように、リスク(ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンかその中間か)や増やし方(配当のように安定した収入が欲しいのか商品価値を高めて売却したときに利益を出したいのか)を決めればそれに合った商品を探すことができます。

よく「投資信託は商品の選び方がわからない」という話がありますが、それはどういう方向性で投資したいのか決まっていないからで、そこさえ決めてしまえばあとはそれに合った商品を探すだけです。

どんな商品に投資をしたいのかが決まっていれば(例えば有名な「金持ち父さん」の本のようにアメリカの不動産に投資をしたいというように)、そういった投資信託の商品を探せば良いのです。

「投資先とかはどこでもいいからとにかくお金を増やしてほしい」というのであれば、これまでの投資信託の運用履歴を見て順調に商品の価値が高まっているものを選べばいいわけです。

一つ注意して欲しいのは、あなたが指示を出せるわけではないことです。

「最初は低いリスクで安定した収入が欲しかったけどやっぱりちょっとハイリスクでも大きな収入を狙いたい」というように投資の目的が変わった場合は「やっぱもうちょっとリスクを取る感じで運用お願い」というふうに運用ルールを変えることはできません。その場合は新しく別の投資信託商品を買う必要があります。

投資信託は「初心者向けの投資商品」とか「プロが運用してくれるから運用が楽な投資商品」とかそのくらいの「なんとなくな感じで分かる」ぐらいの人が多いでしょう。

もちろん投資信託というのはプロが運用してくれるといったメリットはそうなんですが、それだけだと投資信託をうまく活用することは難しいかもしれません。

しかし、投資信託の特徴を知り、自分の方向性や目的に合った商品を探せば、あとは、運用はプロに任せることができます。

選び方がわからないといううちは大きく運用するのはやめておいたほうがいいでしょう。自分の大事なお金を預けるわけですからね。

まずは利益を出すことなどは考えずに、体験のつもりで小さな金額で投資信託を何か買ってみて感覚をつかんでいくといいと思います。

実際に自分で投資信託の商品を持って、お金が増えていったり運用のレポートを見たりすると、だんだん分かってくると思います。わかってから積極的な運用を始めても遅くないと思います。

 

 

トップページ