米国株取引(アメリカ株)の始め方や口座開設方法

このページは米国株を買うための基礎知識や全体的な流れを解説しています。具体的な買い方(発注の手順)は米国株取引ができる証券会社の口座を作ったうえで米国株の買い方(銘柄購入の手順)のページを見て下さい。

米国株(アメリカ株)の買い方・口座開設方法日本でも外国株の取引が流行してきていますが、外国株で一番人気なのはやはり米国株、つまりアメリカの上場企業の株です。

ニュースでよく聞く「ニューヨーク株式市場」や「ダウ平均株価」や「NASDAQ(ナスダック)」「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」。

NYダウ平均株価はアメリカの企業の株の平均(日本で言う日経平均株価)で、NASDAQはアメリカのベンチャー向け株式市場(日本で言うマザーズ)、「ニューヨーク証券取引所」は日本でいう東京証券取引所にあたるものです。

アメリカには"GAFA"と呼ばれ、世界で最も影響力があるとされる米国のIT先端企業4社、AppleGoogleAmazonFacebook(GAFAは左記4社の頭文字)をはじめ、日本でも有名な企業がたくさんあります。世界の時価総額ランキングを見てみるとトップ10はほとんどが米国(アメリカ)の企業ですね。けっこう知っている企業が多いのではないでしょうか。

にもかかわらず、米国株取引を「難しい」と思っていたり「英語ができない」といった理由で米国株の取引をしている人はまだまだ少ないようです。本当は簡単なんですけどね。

■このページの目次

↑「米国株の買い方がわかった」「米国株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

日本語でできる!米国株の買い方

実は、米国株つまりアメリカの上場企業の株は日本の証券会社でも買うことができます。

日本語で取引ができることを知らなければ難しそうと思ってしまいがちですが、日本語でも買えるとなれば「できる」と思いませんか?

米国株取引の始め方は、やり方さえわかってしまえば簡単に取引ができます。米国の企業の株が買いたいときに、米国株の取引ができる口座を持っていれば日本でもNY株式市場やNASDAQに上場している会社の株を買うことができます。

また、米国株取引の口座を持っていれば米国ETFの購入もできるようになります。

実際に米国株を購入する前に、まずは米国株取引ができる証券会社での口座開設が必要なので、その手順を紹介します。

米国株取引の口座開設の流れ

ネット証券での米国株式の口座開設の流れは以下の2ステップです。

  1. 証券会社の口座を作る
  2. 株を買う資金を入れる

あとは買いたい銘柄を選んで注文すれば米国株を買うことができます。

1.証券会社の口座を作る

米国株取引を取扱しているネット証券(マネックス証券・楽天証券・SBI証券など)で口座開設の申し込みをして口座を作ります。(参考:口座開設の手順はこちら

マネックス証券と楽天証券は口座開設と同時に外国株取引もできます

マネックス証券は最初の20日間は手数料無料で米国株取引ができるのでおすすめです。手数料キャッシュバックの詳細


マネックス証券
※無料で口座開設できます

※ただしマネックス証券で2020年3月15日以前に口座を開設していた人は別途外国株取引口座の申込が必要で、申し込みから最大で3営業日かかります。SBI証券は口座開設をした後に別途外国株取引口座の申込が必要です(最短で申し込みと同時に口座開設完了します)。

2.株を買う資金を入れる(米国株取引開始)

口座開設が完了して株を買う資金を入れたら取引が可能になり、米国株を買うことができます。

マネックス証券の場合は、資金振替で外国株取引口座に資金を入れます。日本株の口座と米国株取引の口座は別扱いになり、入金後に振替を行うことで外国株が買えるようになります。

日本円のままで外国株取引口座に入れておき、日本円のまま買う(円貨決済)こともできるし、為替レートの良いタイミングで米ドルに換えて持っておくこともできます。好きなほうを選びましょう。

SBI証券と楽天証券は振替を行わずに、日本株の買付余力でそのまま米国株を買うこともできます。

米国株が買える証券会社

■ネット証券は3社

主要なネット証券9社(※)の中で米国株が買える(米国株取引ができる)のはマネックス証券SBI証券 楽天証券の3社のみです。(2020年7月現在)

3社ともNISA口座での米国株取引にも対応しています。(ジュニアNISAはSBI証券のみ対応)

※マネックス証券・SBI証券・楽天証券・SBIネオトレード証券・岡三オンライン証券・auカブコム証券・GMOクリック証券・松井証券・マルサントレード

■大手証券は全社可能、ただし制限あり

大手証券会社の5社(野村證券・大和証券・みずほ証券・SMBC日興証券・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)も米国株取引を取扱っていますが、大手には以下のデメリットがあります。

このように、大手証券会社は各社制限が多く手数料も高いため、ここからは主にネット証券のみを解説していきます。

■米国株式を取り扱っている主なネット証券と取扱銘柄数

※取扱銘柄数は2019年7月22日時点、当サイト調べ(各公式サイトの検索機能を使って計測)、個別銘柄だけでなくETFとADRも含みます(取扱銘柄数の内訳)。

上記のいずれかのネット証券へのリンク先をクリックして、まずは口座開設(無料)をしましょう。いずれも米国株式も特定口座に対応しています。

口座開設が完了したあとの実際の買い方は買い方の手順(注文発注の手順)を参考にしてください。

米国株のネット取引でおすすめの証券会社

米国株取引でおすすめの証券会社は、他社と比較すると一目瞭然という形なのですがマネックス証券です。

以下にデータを書いていきますが、取扱銘柄数、注文可能時間、夜間サポート(米国市場が開いてる時間は日本は深夜)など、米国株を取扱いしている大手ネット証券で一番条件が良いです。手数料は3社とも同じなので、だったら条件が良いほうがいいですよね。

まず日本で米国株式の取引ができる主な証券会社は、ネット証券はマネックス証券楽天証券SBI証券 の3社のみです。大手証券会社は5社ともできますが、ネット取引で米国株が買えるのは野村證券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2社みです。(2020年7月現在)

米国株の個別銘柄をネットで取引できるのは

  • 主要ネット証券では
    マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社
  • 大手証券会社では
    野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券

米国株に関しては現時点で取扱いをしているネット証券を比較すると手数料・取扱銘柄・サービス共に現時点ではかなりの差で圧倒的にマネックス証券がおすすめです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

まず取扱い銘柄数がマネックス証券は3547銘柄に対し、SBI証券は2153銘柄・楽天証券は2124銘柄と1000以上の差があります。大手の証券会社はネット取引ができる銘柄数は数百程度とネット証券と比べてかなり少ないです。(2019年7月現在)

3社の中で米国株のリアルタイム株価が無料で見れるのはマネックス証券だけです。

SBI証券・楽天証券は15分遅れでの表示、リアルタイム株価は月額制の有料サービスになります。(SBI証券は月額550円、楽天証券は月額330円、いずれも税込。ただし楽天証券は1ヶ月以内に米国株もしくはETFが約定していれば無料利用可能)

米国株取引で逆指値注文もOCO注文も使えるのはマネックス証券だけ、米国株のスマホ取引用のアプリもある、注文有効期間も90日と長い、また深夜でもサポートの電話がつながる(米国株の市場が開いている時間は日本は深夜)、さらに手数料無料期間があったり、米国株の厳選銘柄レポートが無料で見れる、無料で見れる銘柄スカウター米国株の銘柄情報が豊富などとても便利です。

手数料で比較するとネット証券3社に絞り込まれ、取扱銘柄数なども考えると、アメリカ株の取引に関しては現時点ではマネックス証券1強と言えるかもしれません。

なので、これから米国株取引を始める場合は、他のネット証券を使っている人でも米国株の取引はマネックス証券で始めるとよいかもしれませんね。

特に銘柄スカウター米国株はかなり良いので、これを使うために口座を作る価値は充分あります。

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などを比較してみましょう。

米国株取引の手数料や取扱い銘柄数を比較

米国株の取引手数料は証券会社ごとに異なります。

ネットで取引ができる証券会社の手数料の比較ができるように2019年7月22日時点での各証券会社の手数料を以下に記載しておきます。

ネット取引ができない大手の証券会社などの手数料は計算が複雑なため各社のホームページを参照してください。(だいたい約定金額に応じて1%〜10%+現地委託手数料が多いです)

米国株の手数料の比較(税込)

←表は左右に動かせます← 手数料率 最低手数料 最大手数料 為替※3
マネックス証券 0.495% 無し 22米ドル 25銭
SBI証券 0.495% 無し 22米ドル 25銭
楽天証券 0.495% 無し 22米ドル 25銭
野村證券※1
(オンライン専用支店)
2,389円〜
(約定金額による段階制)
+現地委託手数料
2,389円 251,429円 -
野村證券※1
(店舗)
11%〜
(約定金額による段階制)
+現地委託手数料
- - -
三菱UFJMS証券※2 1.1%〜
(約定金額による段階制)
+現地委託手数料
- - -
大和証券※1 1.1%〜
(約定金額による段階制)
+現地委託手数料
- - -

2021年4月1日時点の情報です。
※1 手数料率ではないため詳細は公式サイト参照オンライン専用支店店舗
※2 手数料率ではないため詳細はこちら(公式サイト)参照
※3 円と米ドルの為替取引のスプレッド
※円貨決済の場合の為替レートは、SBI証券・楽天証券は米国市場約定日の翌国内営業日午前10:00(日本時間)頃の各社為替レート、マネックス証券は連携当日の振替為替レートに105%の掛け目をかけたレートで計算。
米ドルのレートはYahoo!ファイナンスの米ドルのレート等を参照してください。

最低手数料/最大手数料の比較(税込)

※2021年4月1日時点の情報です

変更の可能性もあるため、現在の実際の手数料は各ネット証券の公式サイトのページを参考にして下さい。現時点での手数料を比較するとマネックス証券・SBI証券が一番安くて有利ですね。

取扱い銘柄数で比較

米国株式は日本株のように全銘柄が買えるわけではなく証券会社ごとに取扱い銘柄数が違います。

取扱い銘柄数で比較するとマネックス証券が圧倒的に多いです。

←表は左右に動かせます← 個別銘柄 ETF ADR 合計
マネックス証券 3,154 270 123 3,547
SBI証券 1,753 265 135 2,153
楽天証券 1,640 345 139 2,124

※取扱銘柄数は2019年7月22日時点、当サイト調べ(各公式サイトの検索機能を使って計測)

注文方法で比較

米国株の取引で可能な注文方法の対応は以下のとおりです。

←表は左右に動かせます← 指値
成行
逆指値 OCO 連続注文 トレール
ストップ
マネックス証券
SBI証券 × ×
楽天証券 × × ×

※2021年9月時点の対応表です。

各注文方法の説明は以下のページを参考にしてください。

米国株の取引時間と注文受付時間

取引時間

ニューヨーク現地時間:9:30〜16:00 が米国株式の取引時間です。

日本時間では、23:30〜6:00となります。米国サマータイム(※3月第2日曜日〜11月第1日曜日)は22:30〜5:00となります。

マネックス証券はプレ・マーケットとアフター・マーケットの取引ができるため他のネット証券と比べて取引時間も少し長いので時間的にも有利です。

注文受付時間

注文受付時間はネット証券によって異なります。(取引時間ではなく、ネット証券が注文を受付けてくれる時間です)

米国市場のオープン時間は日本時間では23:30〜6:00なので、基本的に米国株取引はリアルタイム取引ではなく「取引時間外に注文を出しておく」というケースも増えると思います。

そうなると、この注文受付時間はけっこう重要です。

マネックス証券は24時間受付してくれます。

SBI証券は米国営業日の日本時間19:00〜19:30と、日本時間での取引終了時刻から10:30頃までを除く時間帯。

楽天証券は日本時間で15時〜翌日6時(サマータイムは当日15時〜翌日5時)となります。(15時〜17時15分までは円貨決済不可、この時間帯は外貨決済のみ)

注文受付時間でもマネックス証券が有利ですね。

深夜サポート

アメリカと日本は時差が13時間あるため、現地での取引時間は日本は夜間になります。

慣れない外国株の取引で何かあったときにサポートは重要ですが、現時点で夜間サポートに対応しているのはマネックス証券のみです。

NISA口座にも対応

3社ともNISA口座が外国株にも対応しているため、NISA口座で米国株に投資することも可能です。

米国株式の取引を開始するには

上記でも述べましたが、米国株式の取引を開始するにはまず米国株式を取り扱っている主なット証券で最初に日本株の口座開設をしましょう。

日本株の口座開設が完了したら、ログインして米国株の取引口座の申し込みをします。すでにネット証券に口座を持っている方は米国株取引口座の申し込みをすればOKです。

口座開設にはお金がかからないので、いくつか口座を作ってみて使い勝手などを比較してもよいかもしれません。あなたに合った使いやすいネット証券で米国株取引を楽しんで下さい。

米国株式を取り扱っている主なネット証券

■米国株取引の関連ページ

※このページの主要ネット証券とはマネックス証券・SBI証券・楽天証券・SBIネオトレード証券・岡三オンライン証券・auカブコム証券・GMOクリック証券・松井証券・マルサントレードの9社を指します。