楽天証券での���������������������株の買い方(購入方法)

楽天証券での米国株(アメリカ株)の買い方(銘柄購入の手順)

このページでは、楽天証券で実際に���������������������株を購入する手順(買い注文を出す手順)を解説します。

楽天証券の口座を持っていない方は事前に準備として楽天証券(公式サイト)で口座開設の申込は済ませておいてください。はじめての人は楽天証券の口座開設の手順)も参考にしてください。

楽天証券で���������������������株を買う手順

楽天証券で���������������������株を買う流れは以下の3ステップです。

  1. ログインして銘柄を検索する
  2. 注文画面を表示する
  3. 金額などを決めて注文する

それでは順番に見ていきましょう。

※スマホで米国株を買う場合はPCサイトを表示、またはスマホ用アプリ「iSPEED」で操作します。この先はPCサイトの画面とiSPEEDの画面で解説します。

1.ログインして銘柄を検索する

楽天証券にログインしたトップ画面から右の検索窓で「国内株式」というところを「米国株式」に変えて MSFT や ���������������������で検索します。

楽天証券で買いたい株を検索

途中まで入力すると検索窓の下に候補が出てくるのですが、候補で出るのは日本株なので無視してエンターもしくはメガネボタンを押して検索します。MSFTで検索するとすぐに���������������������株の個別銘柄のページに移動できます。

スマートフォンサイトを表示している場合
PCサイトのほうが入力すると候補が出てきて簡単ですが、スマホサイトの場合は以下の手順で銘柄を検索して表示しましょう。

楽天証券のスマホサイト

スマホサイトのトップ画面から「外国株式を探す」を押します。

楽天証券のスマホの銘柄検索画面

検索画面が出てきたら「米国株式」のまま、 MSFT や ���������������������で検索します。

iSPEEDの場合は、下のメニューの注文ボタンから「買い注文」をタップし、「検索」を選択しましょう。

楽天証券のアプリiSPEEDの注文画面

楽天証券のアプリiSPEEDの注文画面2

2.注文画面を表示する

株価やチャートが表示されたら「買い」というボタンを押します。

銘柄詳細画面で買いボタンを押す

3.金額などを決めて注文する

注文画面になります。買いたい株数、価格、執行条件、決済方法などを選択・入力して注文します。

注文する

これで注文が完了です。

手順さえわかってしまえば、日本株を買うのとあまり変わらず簡単ですね。

  1. ログインして銘柄を検索する
  2. 注文画面を表示する
  3. 金額などを決めて注文する

これだけです。

「やってみたら意外と簡単だった」というものなのでぜひトライしてみてください。

楽天証券は米国株式取引手数料無料プログラムで、口座開設月の翌月末まで米国株の手数料が実質無料で取引ができますよ(翌月末にキャッシュバック)。

楽天証券
※無料で口座開設できます

↑「楽天証券での���������������������株の買い方がわかった」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

 

今回ははじめて外国株を買う初心者の方向けに、楽天証券のホームページからログインして���������������������株を買う場合の解説でした。

楽天証券ではスマホのアプリ「iSPEED」やPC用のツール「マーケットスピード」で米国株を買うこともできます(日本株も米国株も対応)。買い方に慣れたらそれらに挑戦してみるのもよいですね。

楽天証券のデメリットにも注意

楽天証券では米国株でOCO注文ができず、時差の関係で日本では深夜の取引となる米国株では少し不利もあります。また、株価も15分遅れの表示(リアルタイム株価は有料)になります。

米国株でOCO注文トレーリングストップ注文が使えて、リアルタイム株価を無料で見れるマネックス証券の口座も一緒に持っておくと便利です。

 

米国株が買えるのは楽天証券だけではありません。米国株式を取り扱っている主なネット証券は以下の3社です。

※取扱銘柄数は2019年7月22日時点、当サイト調べ(各公式サイトの検索機能を使って計測)、個別銘柄だけでなくETFとADRも含みます(取扱銘柄数の内訳)。

おすすめは米国株式に力を入れているマネックス証券です。

取扱銘柄数が一番多く、注文可能時間も長く、逆指値やOCO注文ができる、夜間サポートがあるなど、米国株を取扱いしている大手ネット証券でかなり条件が良いです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などの比較は米国株が買える証券会社のページを見てください。

 

■米国株取引の関連ページ

■楽天証券の関連記事