米国株の買い方(銘柄購入の手順)

米国株(アメリカ株)の買い方(銘柄購入の手順)

このページでは、米国株取引の口座開設が完了したあとに実際に購入する手順(米国株の銘柄を買う手順)を解説します。

外国株取引の口座開設がまだの方や「そもそもアメリカの株ってどうやって買うの?」という方はまず米国株取引の始め方や口座開設の手順のページを参照してください。

主要ネット証券会社での買い方を解説

ここでは、米国株を買うことができる3つのネット証券(マネックス証券・SBI証券・楽天証券)のうち、今のところ唯一米国株取引で逆指値注文が使えるマネックス証券での買い方を、実際の画面の画像を使って解説します。

マネックス証券で米国株を買う手順

マネックス証券で米国株を買う流れは以下の3ステップです。

  1. 米国株の取引画面にログインする
  2. 注文画面を表示する
  3. 銘柄や金額などを決めて注文する

※事前に準備として米国株取引の口座は作っておいてくださいね。

順番に見ていきましょう。

1.米国株の取引画面(TradeStation)にログイン

マネックス証券にログインしたトップ画面から「商品・サービス」にマウスを持っていき、出てきたメニューから「外国株」をクリックします。(外国株の口座開設は完了してマネックス証券にログインした画面からです)

マネックス証券のログイン後の画面から外国株取引のページへ

マネックス証券にログインしたトップ画面から「商品・サービス」にマウスを持っていき、出てきたメニューから「外国株」をクリックします。

以下のような外国株取引の画面になるので「米国株取引」をクリックします。

外国株取引の画面から米国株取引のページへ

米国株取引の画面になるので、「米国株取引 ログイン」をクリックします(ここではIDやパスワードの入力は不要です)。

マネックス証券の米国株取引のページ

TradeStationの画面になります。マネックス証券では米国株はTradeStationというツールで取引をします。

TradeStationの動画(マネックス証券公式チャンネル)です。

普段の取引は動画よりもっと簡単なのですが、動画では機能の説明などもあって少し長いので、さっと見れるように実際の画面のキャプチャと共に解説します。

2.注文画面を表示する

上のほうにある「注文」のボタンをクリックします。

TradeStationのトップ画面から注文画面へ

注文の画面が上に出てきます。

TradeStationの注文画面

3.銘柄や金額などを決めて注文する

注文の画面が表示されたら、日本株の取引と同様に銘柄や金額などを決めて注文します。

注文の画面が横長なので2分割して解説します。まず注文の画面の左側の拡大です。

TradeStationの注文画面

「シンボル」というところにティッカー(日本株でいう銘柄コード)を入力します。この画面ではAAPL(アップル)を入力しています。

※「どの銘柄を買おうか?」と迷った場合は人気の外国株銘柄なども参考にしてみてください。

「数量」に何株買うかを入力します。▲▼で10株単位で動かせます。1株だけ買いたい場合など、10株未満の数字は直接入力します。

「注文種類」は指値以外の場合に変更、「指値価格」は金額を入力します(右側の「買い」「売り」の上にある現在の株価や注文の数字をクリックするとその金額が入ります。▲▼で0.01ドル単位で動かせます。

TradeStationの注文画面

注文の画面の右側の拡大です。注文の有効期間を本日中以外にする場合は、「注文有効期間」をクリックし、カレンダーから日付を選んで変更します。マネックス証券は最大90日まで設定できます。

注文内容を決めたら「買い」のボタンを押します。

これで注文することができます。

難しかったですか?初めての人でも迷わず買えるよう細か〜く解説したので難しく感じたかもしれません。

でも、実際に買うのは簡単です。

  1. ログインする
  2. 銘柄を選ぶ
  3. 金額などを決めて注文する

これだけです。

「やってみたら意外と簡単だった」というものなのでぜひトライしてみてください。

↑「米国株の買い方がわかった」「米国株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

 

今回ははじめて米国株を買う初心者の方向けに、いちばんわかりやすい方法として、マネックス証券のホームページからログインして米国株を買う場合の解説でしたが、マネックス証券ではスマホのアプリで米国株の取引をすることもできます。

スマホで取引する場合は「トレードステーション米国株 スマートフォン」というアプリで取引できます。

 

米国株が買えるのはマネックス証券だけではありません。米国株式を取り扱っている主なネット証券は以下の3社です。

※取扱銘柄数は2019年7月22日時点、当サイト調べ(各公式サイトの検索機能を使って計測)、個別銘柄だけでなくETFとADRも含みます(取扱銘柄数の内訳)。

おすすめは米国株式に一番力を入れているマネックス証券です。

取扱銘柄数が一番多く、注文可能時間も長く、手数料も安い、夜間サポートがあるなど、全てにおいて米国株を取扱いしている大手ネット証券で一番条件が良いです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

米国株取引で逆指値注文が使えるのはマネックス証券だけ、注文有効期間も90日と長い、また、米国株の市場が開いている時間は日本は深夜なので、深夜でもサポートの電話がつながるのは便利です。

さらに手数料無料期間ゼロETFがあったり、米国株の厳選銘柄レポートが無料で見れるなどとても便利です。

なので、これから米国株取引を始める場合は、他のネット証券を使っている人でも米国株の取引はマネックス証券で始めるのもよいかもしれませんね。

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などの比較は米国株が買える証券会社のページを見てください。

■米国株取引の関連ページ