未公開株の買い方(非上場株の購入)※投資詐欺には注意

このページでは、非公開株を一般的な個人が買う方法を解説します。

このページを読むことで、上場していない会社の株をどうやって買うのか?手に入れる方法(購入のしかた)がわかるだけでなく、非公開株のメリット・デメリットなど基本的な知識を知ることができます。

■このページの内容

一般の個人でも簡単に非公開株を買えるようになった

株式を上場していない未公開株(非上場株式)は、これまで不特定多数の個人が投資を行うことは出来ませんでした。

未公開株を買うには、その会社の社長や役員などと知り合いだったり、あなたがエンジェル投資家として有名で会社から投資の話が来たりといった直接的なつながりがなければ上場していない会社の株を買うことは難しかったのです。

しかし、今は株式投資型クラウドファンディングを通じて、誰でも未来の上場企業へ投資をする事が出来る様になりました。

非公開株=詐欺だったの?

これまでは直接的なつながりがない会社への投資として突然持ちかけられた「おいしい話」は投資詐欺であることも多く「未公開株=詐欺」という考えを持った人もいます。

もちろんそうとは限らず、「そういうこともある」というだけなのですが、ただ、一般人にまわってくる話、それも良く知らない会社の話がいきなり来たとなれば、詐欺である可能性が高いのは冷静な時に考えたらわかります。

普通に考えたらエンジェル投資家でもない一般人においしい投資話がまわってくるなんておかしいですよね。 (それでも人生一発逆転の欲が出ると信じたくなってしまうものなので、そういう話に乗ってしまう人も多いようですが)

また、非公開株は上場株と比べて換金性が低く、比較的ハイリスクハイリターンなので、しっかりと見極めずに話に乗ってしまい、投資に失敗したときに「詐欺だ」と言う人もいます。これは上場している株でも倒産したら詐欺扱いする人がいるのと同じパターンですね。

話が逸れましたが、ようするに非公開株の場合は上場株式と違って、投資する前にそれがそもそも資金を集めて逃げるつもりの詐欺なのかそうでないものなのかをまず見極める必要がありました。

それに対して、株式投資型クラウドファンディングを通じた非公開株への投資は、クラウドファンディング会社の審査を通り、一般に広く告知された案件になるため、詐欺である可能性は低くなりますし、話を聞いたら「投資しないと損」だと心理的に思い込まされる心配もなく、安心して案件の情報を見ることができます。

もちろん、非公開株は投資なのでリスクはあります。

これは上場した株式も同じですし、非公開株の場合は換金性が低いため上場株よりハイリスクハイリターンだと言えます。

そのため、非公開株は資金に余裕がある人がポートフォリオの「攻め」の部分として取り入れる、という使い方が適しているのではないかと個人的には思います。

あとは「え?この会社に投資できるの?」という案件がたまにあるので、そのタイミングを見逃さないこと。

いつでも動けるように、入金はしなくてもいいので、株式投資型クラウドファンディングの投資家登録だけは、審査に時間がかかるので事前に済ませておくとよいと思います。

エンジェル投資家と株式投資型クラウドファンディングの違いは?

投資できる会社は株式投資型クラウドファンディングを通じて資金調達をしようとしているタイミングの会社に限られています。

これに関しては、巨額の資産を持ったエンジェル投資家たちでも基本的には資金調達をしようとしていない会社の株は買えないのでそこに大きな違いはありません。

(非公開の企業でも株主には持ち分に応じて議決権などがあります。会社としても必要ないのに外部から口出しされたくないですからね)

大きな違いは投資資金です。

これまでのエンジェル投資家たちは、非公開の株を買うのに何百万、何千万、時には億単位の投資をしてきました。

しかし、株式投資型クラウドファンディングなら10万円から投資することが可能です。1年間で同じ企業に投資できる金額は50万円までという制限があります。

何百万円という巨額な資金は必要なく、このくらいの金額で投資できるなら普通のサラリーマンや主婦などでも少しお金に余裕のある人なら未公開株への投資ができます。

莫大な資産を持ったエンジェル投資家や、投資したい会社の上層部と直接的な知り合いでなくても、株式を公開していないベンチャー企業やスタートアップ企業の株を買うことができるんです。

非公開株のメリット・デメリット

次は、非公開株のメリットとデメリットです。

非公開株のメリットは、投資した企業が上場(IPO)やM&Aに至った場合は、ハイリターンが期待できること。

エンジェル税制の適用される企業への投資なら税制優遇が受けられる。

デメリットは、上場株式と違ってすぐに売ることができないこと。

株式に譲渡制限がついている場合があり、その場合は譲渡しても権利の移転が認められない場合がある。

あとは上場株と同じメリット・デメリットです。

メリット

デメリット

上場している会社の株との違い

上場株と違うのはすぐに売れないこと。すぐに現金化したり、損切りはできません。基本的には買ったら長期的に持ち続けるイメージです。

ただ、上場(IPO)やM&Aに至ったときには大きなリターンが期待できます。

という比較的ハイリスクハイリターンなものですが、これまでは未公開株といえば投資詐欺の可能性が高かったり、そうでなかったとしても基本的にかなり高額の投資案件が多かったです。

しかし、今は10万円から未公開株に投資することができます。

10万円くらいなら、自分の投資ポートフォリオの一部に「攻め」の部分として一部取り入れてみることも検討してよいのではないでしょうか。

主な株式投資型クラウドファンディングは

があります。

どちらも投資家の手数料は無料です。

投資家登録や口座開設はもちろん無料、投資する際の手数料もかかりません。

「え?じゃあクラウドファンディング側はどうやって儲けてるの?」

と思うかもしれませんが、基本的に資金調達する企業側が払うため、投資家の手数料は無料です。

どんな会社の株が買えるの?

どんな会社の株が買えるかは、タイミングによります。

人気の会社はすぐに募集金額の上限に達して募集終了してしまうこともあるので、タイミングを逃さないためにも投資家登録は早めにしておくことをおすすめします。

タイミングによっては募集中の案件が1件もない時もありますし、「え?この会社に投資できるの!?」という良い案件があることも(人気の案件はすぐ募集が終わってしまうこともあります)

「今どんな案件があるのかな?」

と案件を見てみるだけでも楽しいですよ。

投資家登録も無料でできるのでぜひしてみてください。

どちらにどういう案件がどのタイミングで来るかわからないので、両方に投資家登録しておくことをおすすめします。

Amazonギフト券がもらえるキャンペーン中

CAMPFIRE Angelsは最大3000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

いずれも先着1000名ずつです。

キャンペーン期間は2021年7月21日(水)〜 2021年8月31日(火)まで。先着順なので期限前に終了する可能性もあります。

7月21日にスタートしたばかりで、抽選ではなく先着なので早めに登録すればもらえる可能性は高いですね。

↑「この会社の株が買いたい」という銘柄をぜひシェアで教えてください。

>> 有名企業の株の買い方
>> ネット証券口座開設の手順