楽天VTIの買い方(楽天・全米株式インデックス・ファンドの購入方法)

楽天VTIは厚切りジェイソンさんのベストセラー書籍「ジェイソン流お金の増やし方」の本で、資産を大きく増やし続けているジェイソンさんの投資先として紹介され、人気が出ています。

楽天VTIは投資信託なので、100円から買える、自動で積立購入ができる、NISAやつみたてNISAでも買える、ノーロード投資信託なので購入時の手数料無料で買えるなどのメリットがあり、投資初心者が初めて買うのにも適しています。

参考:楽天VTIが買える楽天証券(公式サイト)はこちら。

中田敦彦さんのYouTube大学でも「【ジェイソン流お金の増やし方②】楽天VTIをネット証券で毎月定額買うだけ!堅実な投資でゆっくりお金を増やそう」という動画で楽天VTIへの投資が紹介されて、話題になりましたね。


  

このページでは、楽天VTIの買い方(購入方法の手順)をわかりやすく解説しています。

また楽天VTIに似たSBI VTIや、楽天VTIと米国ETFのVTIの違いなども解説しています。

■このページの内容

楽天VTIの買い方(購入方法)

まず、楽天VTIは投資信託なので、各証券会社の「投資信託の検索」で探します。通常の検索は株とETFだけの検索になっていることが多いので、まず投資信託の検索に切り替えましょう

楽天証券の画面

次に、「楽天VTI」は正式名称ではないため、投資信託の検画面で「楽天VTI」や「VTI」で検索しても出てきません

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」や「全米株式インデックス」「全米株式」などで検索すると出てきます。

※楽天VTIという名前で有名ですが、実は正式名称は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、愛称は「楽天・バンガード・ファンド(全米株式)」で、「楽天VTI」という名前は正式なものではないのです。そのため、楽天VTIで検索しても出てこない証券会社が多いです。(楽天証券ですら投資信託検索でVTIで検索しても出てきません)

楽天VTIは楽天証券で買うことができます。

楽天証券以外にもマネックス証券SBI証券他の証券会社でも買うことができるので、ご自身の証券会社で検索してみてください。

いくら分買いたいかを決める

検索で見つけたらあとは簡単です。

投資信託なのでスポット購入(1回だけ買う)か積立注文(定期購入)かを選びます。

次にいくら分買うか(100円から買えます)、分配金をどうするか(分配金として受け取るか再投資するか)などを選んで購入の申し込みをします。

楽天証券の画面

とりあえず買ってみたいという場合は、スポット購入でいくら分買いたいかを入力して注文するだけ。やり方がわかれば簡単ですね。

楽天VTIは手数料無料のノーロードファンドなので、購入する手数料もかかりません。

楽天VTIはいくらから買える?→100円から買えます

楽天VTIの基準価額は2022年6月時点で約2万円ですが、投資信託なので100円から買うことができます

楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)の今の価格はYahoo!ファイナンスでも見ることができます。今の価格とは関係なく、購入するときは100円から買うことができます。

米国市場のほぼ全体に投資する米国ETFの「VTI」を買おうとすると200ドル以上(1ドル100円計算でも2万円以上)するので、100円から買える「楽天VTI」(正式名称は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」)は簡単に買えて人気が集まっています。

楽天VTIが買えるネット証券

楽天VTIは楽天証券以外にもいろいろな証券会社で買うことが出来ます。楽天VTIが買える主なネット証券は以下の5つです。

楽天VTIとSBI VTI、米国ETFのVTIの違い

←表は左右に動かせます← 種類 投資金額 買える証券会社 信託報酬率
楽天VTI 投資信託 100円から 楽天証券ほか 0.162%
SBI VTI 投資信託 100円から SBI証券のみ 0.0938%
VTI(米国ETF) 米国ETF 約25000円から 楽天証券ほか
米国株取扱証券
0.03%

楽天VTIと似た投資信託で、SBI証券に「SBI VTI」とも呼ばれる「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全米株式)というファンドもあります。

SBI VTIと楽天VTIの違いは、ファンドの規模は楽天VTIよりSBI VTIの方が小さいですが信託報酬率は0.0938%と楽天VTI(0.162%)より安いです(※信託報酬率は2022年5月25日時点)。SBI VTIはSBI証券でしか買うことができません。

楽天VTIと米国ETFのVTIの違いは、VTIが米国ETFなのに対して、楽天VTIは主にVTIに投資する日本の投資信託です。

VTIは投資金額が1株単位(現時点で約25000円)なのに対して、楽天VTIは投資信託なので価格にかかわらず100円から投資できたり、積立の設定もできます。

またVTIは価格が米ドルですが、楽天VTIは価格が日本円なので為替に慣れていない人は損益の計算がしやすいというメリットもあります。

米国ETFのVTIについて詳しくはVTIの買い方のページを参考にしてください。

↑「VTIの買い方がわかった」「VTI買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

<楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)の概要>
正式名称 楽天・全米株式インデックス・ファンド
運用会社 楽天投信投資顧問
連動対象 CRSP USトータル・マーケット・インデックス
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.162%程度
信託財産留保額 なし
分類 外国株式型インデックス
ファンド設定日 2017年9月29日
分配金 なし
つみたてNISAでの取扱 ○ 楽天証券など10社
iDeCoでの取扱 ○ 楽天証券松井証券の2社

△このページのトップに戻る

△VTIの買い方まで戻る

米国株取引ができる証券会社はどこ? >

>> 外国株の買い方
>> 外国株口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る