ここでは、iDeCoについての概要を解説しています。

iDeCoの始め方メリット・デメリットのページも参考にしてください。

iDeCoってどんな投資商品なの?

iDeCo(イデコ)は日本語では「個人型確定拠出年金」と言います。確定拠出とは、毎月一定のお金を出すということを意味します。それを個人でやるため、個人型確定拠出年金と言います。

名前の最後に年金とつくように、「年金と同様の効果を期待して、老後のお金としてためていきましょう」というもので、税金面で非常に大きなメリットがあります。

税のメリットに関して詳しくはiDeCoのメリットとデメリットのページで解説していますが

  • 掛金が全額所得控除になる
  • 運用益も非課税で再投資できる
  • 受け取るときも大きな控除がある

というメリットがあります。

個人型確定拠出年金は実はかなり昔からある制度なのに、あまり知られていませんでした。確定拠出年金という名前が難しいため浸透しなかったのですが、2017年にiDeCoという愛称がついて知れ渡るようになりました。

iDeCoという愛称がついたのは、基本的に20歳以上60歳未満の全ての方が加入できるようになり、今まで確定拠出年金にはいることのできなかった人(公務員や主婦など)も入れるようになったためです。公務員の年金や給与が減ってきているので、2017年から公務員でも入ることができるようになりました。

毎月決まった金額を積み立て投資する

iDeCoは、銀行口座から毎月決まった金額を積み立てていきます。

積立金額は自分で決められますが、上限が決められています。会社員の場合は、毎月3,000円から23,000円の間、公務員と主婦は、毎月3,000円から12,000円の間で設定します。例えば主婦の人が会社員になったら積み立てられる金額があがるということです。

また、個人事業主の場合も、個人型確定拠出年金を利用します。毎月最大68,000円、つまり、年間81万円積み立てることができます。

毎月3,000円以上積み立て、その金額は自分で決められます。

「今はあまり余裕が無いから5000円にしよう」「少し裕が出てきたから1万円にしよう」

というように変更もできます。

掛金の金額の変更は年1回だけ

ただし、金額の変更は年に1回だけです。今月3,000円で設定したけれど来月は5,000円にしよう、というのはできません。年末に金額設定に関する連絡が来るので、変更したい場合は、そのタイミングで変更します。

60歳まで続ける

また、iDeCoは途中でやめることはできません。

いつまで続ければよいのかというと、60歳までとなります。そうなると、若い人は「そんなに長く続けるのは・・・」と躊躇してしまう人もいるようですが、そんなことはありません。

iDeCoには節税メリットがあるので、所得税率が20%の人(所得が330万円超~695万円)なら、掛金の20%分はもともと払うものだった税金を払わなくて良い(=実質的にプラス)と考えると、運用がプラスマイナスゼロだったとしても20%分は実質的にプラスになります。

運用でマイナスになったとしても、20%までなら税金分と相殺してプラスマイナスゼロ、運用がプラス1%だけでも、節税分を考えたらプラス21%と考えることもできます。

運用はどうなるかわかりませんが、節税分は確実にプラスで始められるというのが大きなメリットです。

60歳までしか積立てることが出来ないので、早く始めれば早く始めるほど良いということです。

20歳ではじめれば40年間のメリット(40年分の掛金控除と、40年分の運用益)がありますが、59歳で始めたら1年分のメリットしかないということですね。

「iDeCoは年をとってからやろう」と思っている人もいるようですが、早いうちから始めたほうが良いです。

NISAとiDeCoの組み合わせでの運用を考えよう

iDeCoが60歳までお金をおろせないのに対し、NISAはいつでも引き出せるので、この2つをどのようなバランスでやっていくと良いかが1つ、老後に向けた運用のポイントとなります。

NISAは年間120万円までなので、積み立てでする場合、月平均だと10万円積み立てられますが、NISAとiDeCoの両方をできる余裕はないという人は多いです。

NISAは運用益の非課税はありますが、掛金の税額控除はないので、節税効果はiDeCoのほうが高いです。

そこで、長期間預けられる方は、まずはより節税効果の高いiDeCoから始めると良いと思います。少額で始めて、後から余裕ができたら金額を増やしてもいいですね。

NISAは月々100円から10万円の中ででき、毎月金額を変えられるので流動性が高い制度です。

投資信託もいろいろ選べてうまく選べば10%ぐらいの利回りで運用できます。商品が多い分、iDeCoよりも大きな利益を出せる可能性があります。ですので、NISAとiDeCoの2つをうまくバランスとって運用することがポイントです。

貯金が少ないという人の場合、iDeCoを増やしすぎて生活に困るようなことになってしまったら元も子もありません。貯金が少ない人は、まずは貯金をメインとし、iDeCoを3000円から始めると良いです。

貯金がある人は、例えば、月々2万円の余裕があれば1万円をiDeCoに、1万円をNISAになどと振り分けると良いです。

NISAには、「つみたてNISA」もあります。「iDeCoとNISA」か、「iDeCoとつみたてNISA」のどちらかで運用するとよいです。

つみたてNISAは、毎月100円~33,000円、つまり年間最大40万円で20年間積み立てられる仕組みです。あまり良い投資信託は含まれておらず、利回りはだいたい3~5%ぐらいですが、iDeCoと違っていつでも出せるというのがポイントです。所得控除にはなりませんが、運用の利益に税金がかからないのがメリットです。

NISAの非課税期間は5年なので、運用が得意な人はiDeCoとNISAの組み合わせで、NISAをハイリスク・ハイリターンで運用するのも良いです。運用が苦手な人は、iDeCoとつみたてNISAを組み合わせると良いです。

NISAとつみたてNISAを1年毎に変えることもできるので、やっていく中で自分に合うものを選ぶと良いです。

税金の還付方法

iDeCoのメリットの税金の還付ですが、税金の還付は年末調整で会社にしてもらうか、会社がしてくれない場合は自分で確定申告を行います。

生命保険などの年末調整は会社がやってくれるところが普通ですが、iDeCoについては会社の人事部が慣れていないため、自分でやってくれというところもあるようです。

会社にiDeCoの年末調整を頼んだら出来ないと言われてしまったなどの場合は自分で確定申告するしかありませんので、会社に確認しておきましょう。

法人型確定拠出年金との関係、ポータビリティ

法人型の確定拠出年金をやっている会社に勤めている場合、企業型年金規約でiDeCoに加入できることが定められていなければiDeCoはできません。

他方、確定拠出年金にはポータビリティがあります。

個人でiDeCoをやっており、その後転職した先で法人型確定拠出年金をやっていたという場合、iDeCoを引き継ぐことができます。そしてその後独立したなどの場合、またiDeCoに変えることなどもできます。

法人型確定拠出年金に入っていた後、退職してそのまま放置しているという人もいるかもしれませんが、この場合、その確定拠出年金は管理機構に入れられ、年間5,000円の手数料がかかってきます。

それまでに拠出した金額分のみを運用し、運用がうまくいかないと、手数料だけひかれているような状態の人もいます。いつでもiDeCoに変えることができるので、これは変更すると良いです。

iDeCoを始めるには

個人向け国債は証券会社や銀行などいろいろな販売窓口があります。

どのようにiDeCoを始めるのか、iDeCoの始め方を次のページで解説します。

>> iDeCoの始め方へ