ネオモバ〜Tポイントで投資できるスマホ証券

SBIネオモバイル証券

今回はTポイントで株の取引ができるというスマホ証券「ネオモバ」(SBIネオモバイル証券)を紹介します。

SBIネオモバイル証券はTポイントで投資ができる新しいスマホ証券で、1株から株を買えて、500円(500ポイントでもOK)以下でも株主になれるため、SBIネオモバイル証券で株主デビューする人も多いようですね。

もちろんTポイントだけでなく現金での購入もできますし、「ちょっとずつ何度も買う」という取引をする場合には手数料はかなり割安になります。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)公式サイト >

ネオモバの口座開設の手順はこちら>

ネオモバのメリット・デメリット

ネオモバのメリット・デメリットです。2019年8月時点の情報なので、制度の変更等で変わる場合があります。

メリット

ネオモバのメリットは、Tポイントで投資ができること、Tポイントを毎月200ポイントもらえること、少額で投資ができること、取引によっては手数料が割安なことです。

■Tポイントで投資ができる

Tポイントで投資ができるのはネオモバが初です。(現在はSBI証券等でも可能)

■毎月200ポイントの期間固定Tポイントがもらえる

ネオモバは毎月200ポイントの期間固定Tポイントがもらえます。ネオモバのみで使える期間固定Tポイントですが、この期間固定Tポイントを使って株を買うことができます。(サービス利用料には使えません)

■少額で投資ができる(1株から買える)

1株から買える単元未満株の制度を使っているため、少額で株主になれます。

株価500円の会社なら、500円の資金またはTポイントが500ポイントあれば株主になれます。

■手数料がかなり割安

こちらは取引のしかたによりますが、ちょっとずつ何度も買うという取引をする場合には手数料はかなり割安になります。

SBIネオモバイル証券の手数料は定額制で月額200円(税込216円)から。期間固定Tポイントを毎月200ポイントもらえるので、実質的に差額の16円で取引し放題のようなイメージです。(※サービス利用料には充当できないため、期間固定Tポイントで株を買って相殺した場合の計算です)

一派的なネット証券で1株ごとに買える単元未満株で何度も取引をしたら、手数料はかなり高くなります。

例えば単元未満株では普通は1回の取引または1日の合計金額ごとに手数料がかかります。最低手数料が48円の証券会社なら、月に10回取引したら最低でも480円、手数料率が0.5%で約定代金が50万円なら1回で2500円の手数料です。

単元未満株より手数料率が安い100株単位での証券会社の手数料比較を見ても割安です。

ネオモバの手数料は1ヶ月の約定金額の合計での計算なので、小さい金額で何度も買ったり売ったりする場合かなり割安に取引ができます。

デメリット

デメリットは、NISAに対応していないこと、株式以外の投資商品に対応していないこと、そしてクレジットカードの登録が必要なことです。

■NISAには非対応

ネオモバは税金対策になるNISAやiDeCoには対応していません。そのため、利益や配当金が出たらかかる約20%の税金からは逃れられません。

■株とロボアドバイザーのみ

また、対応しているのは国内株式とロボアドバイザーのみなので、外国株を買うことや投資信託を購入することはできません。

■クレジットカードの登録が必要

こちらは気にしない人は関係ないですが、嫌な人や面倒だという人も多い項目です。

ネオモバでは毎月のサービス利用料(税別200円〜)の引き落としはクレジットカードになるため、ネオモバで取引を行うにはクレジットカードの登録が必要です。これは今までのネット証券には無いパターンですね。

クレジットカードで株が買えるわけではなく、投資の資金の入金は銀行での入金が必要で、サービス利用料(月額制の手数料)の支払いにクレジットカードが必要という面倒なことになっています。

ネオモバの手数料(月額のサービス利用料)

ネオモバの手数料は、「取引ごとにいくら」ではなく、1ヶ月の約定代金の合計額で計算する月額の「サービス利用料」になります。

約定代金の合計額 月額利用料
(税抜手数料)
50万円以下 200円
300万円以下 1,000円
500万円以下 3,000円
1000万円以下 5,000円
以降100万円ごと +1,000円

取引ごとの手数料はかからず、1ヶ月の約定金額の合計による定額制での取引になります。

月のサービス利用料は一番安い1ヶ月の約定代金の合計50万円以下の場合なら200円(税込216円)。

毎月200ポイントの期間固定Tポイントがもらえるので、この場合はそのポイントで株を買えば実質的には消費税分の16円で取引できるようなものですね。(Tポイントはサービス利用料に充填できないため、取引して相殺した場合の計算です)

取引がない月でもサービス利用料はかかります。ここは注意が必要ですね。

運営しているSBIネオモバイル証券について

ネオモバを運営する株式会社SBIネオモバイル証券は、ネット証券最大手の「株式会社SBI証券」と、TポイントやTSUTAYAのカルチュア・コンビニエンス・クラブの子会社「CCCマーケティング株式会社」が共同出資で2018年10月30日に設立した会社です。

SBIネオモバイル証券
公式サイトはこちら ⇒SBIネオモバイル証券

 

Tポイントカードを持ってる、Tポイントはそこそこ貯まってるけど、使い道がなくて余ってるという方は、Tポイントを使って株デビューしてみるのはいかがでしょうか。

 

ネット証券の口座開設の手順へ >>

ネット証券会社の特徴やメリット・デメリットへ >>