株(株式投資)は投資商品の中では特にメジャーな商品で、資産運用を始めて行う方は株式投資か投資信託を選択する方が多いです。

このコーナーでは、株式投資初心者の方のために、株式投資の基本的な仕組みや始め方、株の分析方法、投資信託との違いは何か?など、最低限知っておくべきことを紹介します。

■このカテゴリの記事

■このページの内容

株ってどんな投資商品なの?

株式投資では上場した企業の株を買うことでその企業の株主、つまりオーナーの一人になることができます。

オーナーとは言っても上場企業が発行している株式の数は膨大なので、100株や1000株の購入ではオーナーとしての発言権は微々たるものですが、50%超の株式を保有すればその企業を実質的に支配することもできるくらいの権力を持っていて、企業の買収などにも使われます。

とはいっても、私たち個人投資家にとってはそのような何億円という単位の大きな話はあまり身近ではありませんね。

私たち個人投資家が株を買うメリットは、「売買益」「配当金」「株主優待」の3つです。順に見ていきましょう。

株を買うメリット

売買益(買ったときより高く売れた利益)

売買益は、株を買ったときと売ったときの金額の差で出す利益です。

100円で買った株の株価が上がり110円で売れたら10円の利益ですね。それが1000株なら1万円の利益、1万株なら10万円の利益となります。

この売買益のことを”キャピタルゲイン”とも呼びます。キャピタルゲインという言葉は投資ではよく使われるので、覚えておくといろいろな話が理解しやすいです。

配当金(定期的にもらえる利益の株主還元)

配当金は株の売買ではなく、株を持っていることで得られる利益で、年に1回または2回定期的にもらえる不労所得になります。

企業によって配当金を出しているところと出していないところがあり、また配当金を出している企業でも利益の大きさも違えば利益のうちのどのくらいを配当にまわすかも違い、その企業の株を買う株価も違います。

そこで、配当金を得たくて株を買う場合は「配当金額」と「株価」で計算する「配当利回り」や「配当性向(利益のうちのどのくらいを配当にまわすかの割合)」、配当金額の推移(「増配」といって配当金額が増えることをしているか等)を参考にします。

1回1回のもらえる金額は小さくても、安定して配当を出している企業の株を長期的にコツコツと買い増し続けていけば、いずれ配当による大きな不労所得を得るということも可能になってきます。

株主優待(企業から株主へのプレゼントで日本独自の制度)

株主優待は、企業から株主へのプレゼントで、日本独自の制度です。

鉄道や航空券の運賃が割引になる株主優待券、ファーストフードや飲食チェーン店のお食事券や割引券、ディズニーリゾートの運営会社オリエンタルランドの優待パスポートなどは有名な株主優待ですね。

他にもその企業の商品が送られてきたり、サービスが割引や無料で受けられたりと企業によってさまざまな株主優待があります。

株主優待は企業にとっては原価で商品やサービスを提供でき、株主は普通に買うのと同じだけ得するため、お互いにとってメリットのある制度です。

また、株主優待のために株を買う人がいたり、投資としてしか考えていなかったけど株主優待で商品をもらったから使ってみたら気に入ったということもあったりなど、経済的な影響としても優れた制度です。

株式投資を始めたい、株を買いたいという方は株の買い方のページを参考にしてください。

※株式投資に関しては、株を購入した人の体験談も紹介しています。
>> 株を購入した体験談の一覧へ

株式投資の仕組み

株式投資では、日本にあるどの企業の株でも買えるわけではなく、一般的な個人投資家は取引所に上場している企業の株のみ取引できます。

よく言う「一部上場企業」というのはこの取引所の一部(一部・二部・マザーズ・JASDAQがあります)に上場している会社なので、私たちはその企業の株を買うことができます。

この上場している企業の株のことを公開株といいます。また、取引所に上場していない株を未公開株といいます。

企業が発行している公開株を、取引所を通して投資して、その企業の株価が上下することによって利益や損失が発生したり配当金や株主優待を受け取る、これが株式投資です。

証券取引所は鮮魚の市場のようなもの

鮮魚を扱う築地市場などには、売りたい人が取引してほしい魚を持っていき、鮮魚を買いたい人がやってきます。

これと同じように、東京証券取引所に株を扱ってほしい企業が申請して、審査を通過した株が流通します。その企業の株を買いたい人は、東京証券取引所を通じて購入するわけです。

また、各鮮魚の市場で取り扱っている魚が違うように、証券取引所によって扱っている株が違います。

このように、証券取引所=鮮魚の市場だとイメージすれば、株が取り引きされている仕組みが簡単にイメージできるはずです。

ほぼすべての公開株が東京証券取引所で流通している

鮮魚の市場は、日本中にいくつかあります。それと同じように、株の取引所も日本中にいくつか存在します。例えば、東証(東京証券取引所)以外に名古屋証券取引所や福岡証券取引所、札幌証券取引所などがあります。

昔は人々が取引所に集まって売買していましたが、現在はネットでどこからでも簡単に取引することができるようになりました。その結果、複数の取引所がありますが、今ではほぼすべての取引が東京証券取引所で行われています。

ただ、どの企業の株も扱ってくれるわけではなく、先程紹介したように、ある一定の基準を満たしている審査に通過した上場企業の株だけが流通します。そして、取引所の区分によって、その審査は違います。

例えば、東京証券取引所の第一部(通称東証一部)の審査は、最も厳しいものになります。だから、東証一部に上場している一部上場企業は一流企業と言われるのです。多くの企業が最終的に東証一部に上場することを目指しています。

単元株とは?

市場で株を売買する際に、最低取引単位が会社ごとに決まっています。これを単元株といいます。少し前までは1~1,000株単位と様々で株を購入する際には単元株を確認する必要がありましたが、2018年10月に100株で統一されました。

そのため、株を買うには その企業の株価×100円 の資金が必要になります。

例えば、トヨタ株が1株7,000円で取引されているのなら、最低でも70万円のお金が必要になります。

1株7,000円×単元100株=70万円(購入に必要な金額)

このように、1万円程度から購入できる投資信託と違って、株式投資はある程度まとまったお金が必要になります。

そうは言っても、一流の企業でも数万円で買えるところもあります。

また、1株単位で買える単元未満株や、500円単位で買うことができるFROGGYなどのサービスもありますが、100株単位で買うより手数料が高いことや、一日に一回しか取引できないなどの制約があります。

株を買うには?

実際に株を購入するためにはどうすればいいのでしょうか?株を購入するには、証券会社に口座(証券口座)を開設する必要があります。その証券口座を使って、実際の取引をします。

>> 株の買い方(始め方・購入方法)へ

では、どの証券会社に口座を開設すればいいのか?ですが、まず株に関しては投資信託と違って、どの証券会社も取り扱っている銘柄に違いはありません。

ただ、手数料が各証券会社によって違うため、頻繁に取引する人は各証券会社を比較する必要があるでしょう。

また、サービスや画面の使いやすさ、情報や注文方法の豊富さなど、証券会社によっていろいろあるため「個人の好みによる」ということになりますが、初心者のうちはまだ基準もないと思うので、まずは使いやすさで選んで、慣れてきたら新たに口座を作ってみるというのもいいと思います。

口座開設にお金はかからないので、いろいろ口座を作ってみて実際に使ってみるのが一番ですが、初心者のかたの評判として使いやすさに定評のあるマネックス証券や、スマホで取引する場合は岡三オンライン証券などは初めて株取引をする初心者のかたや、いろいろ使い比べているかたにも人気があります。

詳しくは証券会社の選び方のカテゴリを見てください。

株と投資信託の違い

基本的な仕組み以外にも、株と投資信託の違いは多々あります。ここでは、実際に投資する際に知っておくべき、株と投資信託の違いを解説していきます。

投資したお金が0円になる可能性があるか

万が一投資している企業が倒産した場合、その会社の株の価値はなくなります。また上場廃止になっても、取引できないため、事実上0円になってしまいます。このように、株は投資した金額が全てなくなってしまう可能性があります。

その点、投資信託は1つの投資信託商品でも複数は複数のものを組み合わせて運用されているため、投資したお金が0円になることはありません。ここは株と投資信託の大きな違いです。

価格の決まり方の違い

株の価格は、オークション方式で決まります。例えば、トヨタの株を1万円で売りたいといっても、1万円で買いたい人がいなければ取引は成立しません。だから一方的に高く売りたい!安く買いたい!と思っていても、相手がいなければ取引は成立しません。

株はオークション方式を採用しているから、業績に何の変化がなくても刻々と株価は変わります。人気があると株価が上がり、人気がないと株価は下がります。要するに、株は市場に参加している人々の心理状況によって左右されるのです。

一方、投資信託の価格は、純資産/口数で決まります。

投資信託の価格=純資産/口数×10,000

株との絶対的な違いは、市場の心理が価格に反映されないことです。運用資産を口数で割れば、明確な数字を導き出せます。株と投資信託では、価格の決まり方が全く違うため、ここを混同してしまうと間違った買い方をするはめになるので注意が必要です。

例えば、今投資信託が高くなっているから、これ以上値上がりしないのではないか?逆に、今投資信託の価格が低いから、今買えば値上がりするのではないか?といった具合です。

価格が低いから「割安だから上がりやすい」とか、価格が高いから「もうこれ以上上がらないんじゃないか」というのは、投資信託に関しては言えません。

株は人の心理(人気)に影響され、投資信託は運用成績に影響される。

この違いを覚えておきましょう。

証券会社ごとの取扱い商品の違い

投資信託は銀行などでも販売していますが、株は証券会社でしか買えません。

投資信託は証券会社によって取り扱っている商品が違います。何も考えずに証券会社を選ぶと、自分の取引したい投資信託がない可能性もあります。これも株と投資信託の違いの一つです。

株の場合はどの証券会社を選んでも取り扱い商品は同じでしたね。

じゃあ、株ならどこの証券会社でもいいのかと言うと、そんなことはありません。

証券会社によって手数料が違ったり、情報やツール、使いやすさ、サポート等違いはたくさんあります。

証券会社による違いや詳しくは証券会社の選び方のカテゴリを見てください。

株式投資を始めるにあたってどこの証券会社で取引をするかは重要なので、これらの違いを意識して証券会社を決めましょう。

>> 株の買い方(始め方・購入方法)へ

関連記事