このページの内容

株の銘柄の選び方

株を買おうと思ったとき、初心者の方はまず銘柄の選び方、つまり「どの企業の株を買ったらいいの?」という部分で迷いがちです。

株が買える上場企業の数は3000社以上あるので、そこから選ぼうと思ったら初心者のかたは大変だと感じるのも仕方ないことですね。

しかし、3000以上の銘柄があると言っても、選択肢(可能性)がたくさんあるだけで、全部を検討しないといけないわけではありません。

自分が知っている会社、知っている商品の会社、聞いたことがある会社、ランキングで見た会社、そういった中で探していくとよいでしょう。

ポイントはいきなり「今買う銘柄」を探すのではなく、タイミングが来たら買う銘柄つまり、値動きや買い時のタイミングをチェックする銘柄を探していくことです。

まずは絞り込み(スクリーニング)をしよう

銘柄が多すぎて選び方がわからないという場合は、まずは絞り込みをしましょう。

絞込みは「スクリーニング」といって、証券会社やネット証券に口座を持っていればネットでスクリーニング機能を使うことができます。

まずは自分が投資にまわせる資金で買える銘柄に絞り込み、業種や株主優待、配当利回りなど、気になる指標で絞り込みをします。

ある程度絞り込めたら出てきた企業の中から気になったところや、かなり絞り込めたなら1つ1つ詳しく見て調べていきます。

最初はわからなくて見るのも苦痛かもしれませんが、わからないなりに数を見ていくとだんだんと見るポイントがわかってきて、銘柄を選ぶのも楽しくなってきますよ。

そうやって「候補」の銘柄をいくつか見つけたら日々株価やその銘柄のニュースなどをチェックし、買うタイミングを待ちます。

早く始めたい場合は、数万円程度の少額で買える株を1つ買ってみるのもいいですね。初心者のうちは「いきなり儲けよう」では投資ではなくギャンブルになってしまうので、まずは小さく経験を積み(金額が小さい銘柄や、または値動きが穏やかでリスクが小さい銘柄)、慣れて利益が出せるようになるにしたがって投資資金を大きくしていくというプロセスを経ることをおすすめします。

株式投資を始めたい、株を買いたいという方は株の買い方のページを参考にしてください。

株を選ぶ時の2ステップ

どの株に投資すればいいのか?やみくもに考えるのはよくありません。

株を選ぶ際には、正しい2ステップを経ましょう。

  1. 投資する価値のある会社を選ぶ
  2. 安く買う(買うタイミング)

それでは早速、株を選ぶ時の2ステップを具体的に見ていきましょう。

ステップ1.投資する価値のある会社を探す

株式投資でよくある失敗パターンがあります。それは「今投資したいから買う」「今投資できるものを選ぶ」ことです。

投資したいと思った株が、必ずしも投資に適しているタイミングかどうかはわかりません。だから、今すぐ投資するかは別として、まずは投資する価値がある会社を探しましょう。これが第一段階です。

それでは、そもそも投資する価値がある会社とはどんな企業でしょうか?例えば、下記のようなものが考えられます。

  • 財務的に安定していて倒産しづらい会社
  • ちゃんと利益を出している会社

このように、長期で保有していても安心できる会社をピックアップしましょう。

ここで、みんな見つけたらすぐに買いたくなってしまうものですが、それはおすすめしません。

良い企業にも株価が高いときと安いときがあり、買うタイミングが大事だからです。

ステップ2.安く買う(買うタイミング)

ステップ1で見つけた良い会社のほとんどが、「今は高くて買えない…。」これが普通です。

良い会社ならみんな買いたいですからね。そこで、買うタイミング、つまり安く買うことが大事になります。

とにかく、選んだ株が安くなるまでひたすら待ち、チャンスが来たら買う。この選ぶことと、安く買うことを切り離して考えるのが、株式投資で成功するためのコツです。

例えば、リーマンショックや震災やチャイナショック、イギリスのEU離脱の投票日など、日本株は世界中のありとあらゆるニュースで時々暴落しています。この市場全体が暴落しているときこそ、買いたい株を買うチャンスというわけです。

ちゃんと適切な企業を選んで、安い時に買えば、株で大きな失敗をすることはありません。だけど、みんなそれができない…。その理由は待てないからです。

また、暴落時に何でもかんでも買えばいいというわけではありません。ぼろ株をやみくもに買っても後悔するでしょう。だから、ステップ1の事前に投資する価値のある会社を決めておく必要があるのです。

暴落時に株を買うには、勇気が必要です。ただ、日頃からステップ1で買う株を決めておけば、何の躊躇もなく買うことができます。買いたい株が、安くなっているだけですからね。バーゲン中に、欲しかった商品を購入することに躊躇する人はいないでしょう。

株価の水準(高いか安いか)を判断するための基準

各会社によって、企業規模や発行株数が違うため、他の企業と比べて株価が高いか安いか単純に比較することはできません。これが株式投資の難しいポイントです。

例えば、トヨタが1株7,000円で、オリエンタルランドが1株10,000円だったとします。この場合、単純にトヨタが安いとは言えません。どうやって、2つの企業を比べるのか?その基準を持っていないから、多くの人が株式投資で失敗してしまいます。

株の投資では買った時と売った時の差額が利益になるため、純粋に安く買って高く売ることを考えることが大事です。

では、何を基準に安いと判断するのでしょうか?ここでは、その基準について紹介していきます。

何を基準に安いと判断すればいいのか?

スーパーで売られている野菜が高いか安いかわかるのは、日頃購入している相場の基準があるからです。だから「今日は安い」と判断できます。

しかし、株に関しては一般的には毎日同じ株を取引することはありませんし、そもそもいつもの価格が適正なのかもわかりません。

では、何を基準に安いかどうか判断するのか?ここが非常に大事なポイントです。

安さを判断するときに、基準となる指標がいくつかあります。BPSやPBRといった指標は株式投資をする際に役立つひとつの指標です。このような指標が、株式投資にはいくつかあります。

株価水準を判断するための指標をいくつか紹介していきましょう。

BPS(1株当たり純資産)

株価水準を判断するための基準の一つに、BPSというものがあります。BPSとは、1株当たり純資産のことです。

  • BPS=1株当たり純資産

BPSは、その会社の資産の価値に対して、均等に一株ずつ割り振ったら、一株当たりの純資産はいくらになるのかを導き出したものです。

そもそも、純資産とは何なのか?まずはここから理解しましょう。

企業は多くの資産を持っています。現金や在庫に土地や建物…これらすべての資産のことを、総資産といいます。また、企業は通常銀行などから借金をしています。この借金を総資産から引いたものが純資産です。

  • 純資産=総資産-借金

要するに、企業が倒産した場合、すべての資産を売却して現金化し、すべての借金を返済した後に残るものが純資産になります。

BPSの具体例

ある会社(A社)の純資産が7,200憶円だとします。仮にこのA社が倒産した場合、現金や土地などすべての資産を売却して、借金を返済しても手元に7,200憶円残ることになります。

この純資産である7,200憶円を株主に平等に分配した場合に、1株当たりいくらもらえるのか?これが1株当たり純資産(BPS)です。

純資産をその会社の発行株式数で割れば、BPSを求めることができます。A社の発行株式数を3憶6000万株として計算したものが下記になります。

7200憶円/3憶6千万株=2,000円

BPS=2,000円

これが決算書から導き出される純粋なA社の資産価値です。仮に今倒産しても、株主の手元に残る理論価格のため、BPSは理論上の株の定価とも考えられます。(実際には株の定価はありません)

仮にA社の株価が1万円だった場合、2,000円のものが1万円で売られていることになります。

それだけだと高いと感じるかもしれませんが、今後の成長性や株価の上昇の期待などがあるので、基本的にBPSより高く取引されるのが普通です。

このように、基準をもとに株価の水準を判断できることは、株式投資にとって非常に大切なことです。

BPSは自分で計算しなくても、ネットで誰でも無料で閲覧できます。

それなのに、多くの人がBPSを確認しません。それどころか、株式投資をしている人の多くがBPSを知らないのが現実です。株で利益を出せる人が、一握りしかいないことも頷けますね。

BPSは定価と考えることができます。そもそも株に定価はありませんが、BPSを株の定価と仮定することにより、市場で取引されている株価がBPS(定価)よりも高いか?安いか?で株価水準を判断します。

そして、現在の株価が定価の何倍で取引されているかを表した指標がPBRです。

PBR

PBRとは株の定価(BPS)に対して、株価が何倍で取引されているのかを知るための指標です。下記の計算式で求めることができます。

  • PBR=株価/BPS(定価)

BPSより株価が高ければ1より大きくなり、定価より株価が安ければ、PBRは1より小さくなります。

例えば、BPSが2,000円に対して、株価が1万円のA社の場合、PBRは5倍です。PBR5倍なら、定価の5倍で取引されていることになります。

株価10,000円/BPS2,000円=PBR5倍

PBRが低ければ低いほど、株価は割安です。このPBRを使えば、株価水準を判断する一つの基準になります。

・株価1万円、定価1万円、PBR1倍=定価で取引されている。
・株価9,000円、定価1万円、PBR0.9倍=定価より安く取引されている。

ただ、これだけを基準にしても、投資で成功することはできません。PBRが1以下でも、株が上がらなければ儲かりませんからね。他の指標も総合的に考えて投資判断することが大切です。

ROAとROE

会社の価値を上げれば、株価は上がっていきます。では、どのように会社の価値を上げるのか?そのために必要なのが会社の利益です。

会社が利益を出すことによって、内部留保を確保することができます。また、稼いだお金を使って事業を拡大したり、効率化して売上を上げることも可能です。こうやって、会社の価値を高めて、その結果株価にポジティブな影響を与えることが、企業の目的であり使命なのです。

利益は会社の価値を高めていく原動力のため、その点に注目した株式投資分析の指標も存在します。それがROEとROAです。

  • ROE・・・自己資本利益率
  • ROA・・・総資本利益率

会社の総資産の中で、自分で用意したものが自己資本、それ以外が他人資本(借金)になります。

自己資本をどれだけ効率よく使って利益を上げているのかを計るのがROEで、総資本全体をどれだけ効率よく使って利益を出しているのかがROAになります。

  • ROE=利益/自己資本
  • ROA=利益/総資本

ROEは上記のように計算するため、自己資本が小さくなればなるほど、ROEは上がってしまいます。そのため、ROEが高いからすごくいい会社だと思ったら、実は借金が多いだけだったということもあり得ます。そうならないためにも、ROEとROAの両方を確認しましょう

返すお金が少なければ、コスト(金利)が小さくなるため、借金は少ないほうがいいですが、だからといって100%自己資本がいいわけではありません。借金をして、金利以上に利益を生み出すことができれば、そちらのほうが効率的です。必ずしも無借金がいいわけではないことを覚えておきましょう。

また、業種によって、ROEとROAは全く違います。大型製造業と新興IT企業を比べてもあまり参考になりません。比較をする際には、同業他社で比べることも覚えておきましょう。

一つの指標だけで判断するわけではない

投資の神様と言われているウォーレン・バフェットは、初期のころはPBR1倍以下の株に10年以上投資して資産を築きました。もちろん、PBRは投資判断の一つの基準であり、これだけで判断しているわけではありません。

BPSやPBRなどの決算書の数字をもとに、指標を導き出して株価分析をすることを、ファンダメンタルズ分析といいます。

いくつもの基準を使って、買うべき株を絞り込んでいく=ファンダメンタルズ分析をするのが、賢い株式投資のやり方です。

ロボット産業はどうか?今後インドはどうか?このように、未来を予測して株式投資で利益を出すのは困難です。予想はだいたいはずれます。プロでもはずれるのに、初心者なら尚更です。予想だけではなく、客観的な基準(数値)をもって投資判断をしましょう。

まとめ:日頃から準備をしておくことが大事

株式投資で利益を出すコツは、安く買って高く売ることです。良い会社を安く買う必要があるため、割高割安を判断することが大切なのです。

株は需要と供給で決まるオークション取引です。欲しい人が多いと株価は上がり、人気がないとどんどん下がります。同じ方向に動き続けることはないため、ピックアップした企業が割安になるチャンスを待ち続ければ、意外とチャンスが巡ってきます。

そのチャンスが訪れたときに、怖がらずに購入するためにも、しっかりと準備をしておきましょう。

多くの人は、株が上がってきたときに準備もせずに買ってしまうか、暴落時に株の選び方のステップ1をすることなく、変な株を買ってしまいます。

投資するに値する企業をピックアップしておき、BPSやPBRなどのファンダメンタルズ分析をして、いくらなら買ってもいいか?準備しておきましょう。

良い会社と「いくらで買いたいか」を決めたら、アラートメールなどの機能を使えば、タイミングが来たら教えてもらうこともできます。

ちゃんと準備をしておいた人だけが、暴落時にいい株を買うことができます。この準備をしないから、一部の人しか株で成功しないのです。

関連記事