20代の男性、製造業に従事してます。結婚しており、子供が2人います。

手数料が安く、ネットで完結できるため、SBI証券と住信SBIネット銀行を連携して使っています。

iDecoを始めようと思ったきっかけは、会社でiDecoが導入される説明会があり、銀行員の方が丁寧に説明してくれたからです。

掛け金が全て税金の控除になるという話を聞いて、とてもお得だと思ったことや、私のような20代前半で始めれば40年近い運用が出来て、長期投資のメリットや節税効果で資産がマイナスになる可能性が低いということ、年に5パーセントほどの利回りが期待できることなどのお話を聞いて、とてもワクワクしたのと、今からコツコツと積立れば、将来に希望が持てると思いました。

20代は老後への不安がとても大きい世代です。退職金が少ない事、年金の受給が遅れる可能性があること、年金の額が少ない事もあり、老後の不安を解消させる為にも、対策としてiDecoを始めてみようと思いました。

投資初心者はiDecoで購入する商品は何を選べばいいか?

始める時に迷ったのは、まず購入する商品の種類が多く、何を買えばいいかということです。
全く投資に関する知識が無い初心者状態だったので、60から70ほど種類がある中から選ぶという事がとても不安になりました。

投資先として、大まかに国内株、国内債券、国内REIT、外国株、海外債券、海外REIT、コモディティ、バランス、預金・保険の9つがあり、お金を毎月かけることなので、適切な選択をしたいという気持ちで、とても不安になりました。

投資先の不安は、ネットで調べることで解消出来ました。
まずは種類ですが、国内株、国内債券、国内REIT、外国株、海外債券、海外REIT、コモディティ、バランス、預金・保険の中から私は外国株一本を選ぶことにしました。

いろんなサイトを見て、一番儲かりそうだと思ったものを選択しました。

インデックスファンドとアクティブファンドって何?

次に、インデックスファンドとアクティブファンドについてです。

投資信託では、この聞きなれない言葉がとても重要な事でした。
インデックスファンドとは日経平均などの株式指標と同じような動きをするもので、アクティブファンドとは、ベンチマークより高い運用成果を目指すことで、このどちらがいいのかとても迷いました。

インデックスファンドとアクティブファンドについては、インデックスファンドの方が良いというネットの意見が多く、インデックスファンドを選択しました。

iDecoは一度選択してしてしまえばあとはほったらかし

ネットで検索するのは、とても大変で根気のいることだったが、一度選択してしてしまうと、あとはほったらかしということなので、2~3日かけてなんとか選択することが出来ました。書類については会社で用意、作成したので比較的簡単でした。

お金について、勉強するきっかけになりました。

銀行にあずけるだけじゃなく、いろんな選択がある事、やってみるとそんなに難しくないことがわかりました。少しの努力と勇気で初心者の私でも簡単に資産運用がスタートできました!

iDeCoの関連記事

SBI証券の関連記事