20代後半の男性で職業は公務員です。2017年に入ってからiDecoで積立をしています。
証券会社はいろいろ調べた結果、手数料が安くネットで簡単に手続きできるため楽天証券を使っています。

公務員もiDecoで積立ができるようになった

社会人になったときから確定拠出年金をやりたいと思っておりましたが、公務員は加入することができませんでした。しかし2017年1月より公務員もiDecoで積立ができるようになったため即申し込みをしました。

なぜそこまでして始めようと思ったかというと、一番はiDecoはけ金が全額税金控除になるということでした。これは本当にすごいことで、例えばNISAやふるさと納税なども「税金が控除されるのでやったほうがいいですよ」とはいっていますが、NISAは運用益のみ、ふるさと納税も住民税の一部のみと、控除になるのは一部にとどまっております。

しかしiDecoについては、掛けた金額がすべて税金の控除になるため、全く無駄がありません。そのうえ運用益に税金がかからないため、やればやるだけお得であります。このような理由がきっかけで加入しました。

60歳になる前にお金が必要になったらどうしよう

iDecoがお得ということは前から知っており、すぐに加入にいたりましたが、何点か不安に思う点ももちろんありました。

まず一つ目は、掛け金を引き出すのは原則として60歳になってからということです。これはよく考えれば当然のことで、年金と名称にも入っていることから、退職後に年金という形で毎月振り込まれるか、一時金として一括でもらうかの2択になっています。

しかしまだ20代の私にとっては60歳になる前にお金が必要になったらどうしようかと不安でした。

上記の不安がありましたが、それでもやろうと思って理由として、まず60歳になるまで引き出せないという点は、確かに将来どうなるか分からないということは現実問題ありますが、その分掛け金が控除され、運用益が非課税になっていると解釈すると、結果として60になるまでにも相当のメリットがあるということを理解し、自己解決しました。

途中で掛け金が払えなくなったらどうしよう

二つ目の不安は、毎月限度額の1万2千円を掛けつづけられるかということです。

確かに公務員の限度額は決して大きいとは言えないかもしれませんが、それでも月に1万円以上もっていかれるのは、20代にとっては結構な負担です。そのため途中で掛け金が払えなくなったらどうしようと考え、迷いが生じていました。

掛け金については、よくよく調べると、最初に1万2千円を設定し、その後5千円にしたいと思えば、iDecoならすぐにネット上から掛け金を変更できるということがわかったため、毎月の収入状況に合わせて金額を変えていけば問題ないとのことで解決にいたりました(もちろん0円にすることはできませんが)。

以上2点を解決したことで、iDecoを始める上での疑問はなくなり、最終的に申し込みすることができました。

iDecoを始めてから貯蓄ができる自信と将来への期待が

私はもともと貯蓄が苦手であったため、貯金というものがほとんどありませんでした。

しかし、投資を始めてからは「貯蓄ができている」という自信と「将来的に増えるかもしれない」という期待が持てました。

また、お金のことを以前よりも大事にするようになった気もします。例えば特になにも考えずにコンビニで買い物をするのではなく、本当にこれが今必要なのかを一度考えてから購入するようになるなど、お金の使い方を少し意識するようになったと思います。

iDecoは20代のうちから少しづつでも始めると、必ず将来にわたってメリットが受けられる素晴らしい制度だと思います。迷われている方はすぐにでも始めたほうがいいと思います。

iDeCoの関連記事