30代女性です。現在、扶養内でパートをしています。

楽天証券でiDeCoをしています。楽天銀行に口座を所持していたからです。銀行口座と証券口座間のお金の移動が簡単なことが決め手となりました。

え?100万円以上預けて利息が6円だけ?

投資を始めようと思ったきっかけは、小学生の子どもの教育資金口座に記帳をし、その利息を目にした時です。100万円以上預けて、利息はなんと6円でした。

今はまだ小学生の子どもの大学や専門学校入学にあたって長期的に貯めていく資金、そんな位置付けの預金です。それが6円の利息。

超低金利時代とはいえ、これではあと10年預けたとしてもいくらも増えません

この時初めて「これから先の人生、預金だけでは備えられないかもしれない」と本気で思ったのです。

人生100年時代、備えを厚くするためiDeCoを始めようと思った

子どもの教育資金をどうにか用意して、その後は自らの老後資金の準備が果たして間に合うでしょうか?

しかも、今や人生100年時代と言われているのですから備えは厚くしなければ不安です。

そのため、教育資金を用意する傍ら、確実に、けれども負担を抑えた老後資金の準備であるiDeCoを始めようと思ったのです。

ところで・・・iDeCoはどうやって始めるの?

「預金だけではこれからの人生に備えられない」と本気で思った時に初めてiDeCoのことを考えました。そのため、何もかもが不安でした。

まず、iDeCoはどうやって始めるのかというところから迷ったのを覚えています。証券口座を作らなければ始められないらしいけれど、証券口座はどこにどんなものがあるのだろうか?窓口に行かなければならないのか?など本当に分からないことだらけで、全て調べて手探り状態でした。

無事に証券口座を開設したら次はiDeCo用の口座を開き、送られてくる書類に目を通し、銘柄を選択するのですが、その銘柄もどれが良いか非常に迷いました。

また、長期投資とは言え、いざ老後になったら資産が大きく減少したらどうしよう、などとても不安に思いました。

長期投資のコツは細く長く続けること!続けながら勉強していく

不安いっぱいの中で、たくさんの本や雑誌、インターネットの情報を見て調べていました。その時に長期投資は細く長く続けることが大切だと知りました。

また、同じような主婦の方が先にiDeCoを始めていらして、分からないこともまず始めてみて、続けながら勉強していくことも重要だと感じました。

たしかに分からないことは不安です。しかし、分かるまで勉強しても分かる日がいつになるのか、いつになったら始められるのか、という不安の方が大きくなったのです。

1か月、2ヶ月ならば良いけれど5年経っても10年経っても分からなかったらそれだけ積み立てる期間が短くなる、その不安が未知のiDeCoを始める不安より大きくなった時、私は学びながらiDeCoを始めることを決めました。

よくわからないiDeCoを始める不安より、将来途方に暮れる不安が勝った

iDeCoを始める前、私は不安でいっぱいでした。でも今ではiDeCoを始めなかったら数年後に途方に暮れているかもしれない自分を想像する方が怖いです。

未知の領域は怖いけれど、iDeCoを始めて積み立てながら1つずつ不安を潰していくという方法を取るのも手だと思います。

iDeCoを始めてから、前よりも節約を意識するようになりました。以前から貯金を少しでも増やすように節約していましたが、目先の節約というよりも将来の自分のための投資だと思って意欲が湧いてきました。

iDeCoの関連記事