30代の男性です。職業は医療関係でリハビリの仕事をしています。楽天証券でイデコをしています。

会社の上司に確定拠出年金というものがあるということを教わりました。もともと、個人年金を行うのをどうしようか悩んでいたので、まずは調べてみることにしました。

ネットで検索するとだいたいが、概要とメリット・デメリットについての記事が多くあり、確定拠出年金について大まかに把握することができました。

イデコの内容について、調べていくうちに、年金の積み立て以外にも毎年の節税対策となるというメリットを知り、貯蓄ができて税金を減らせるのであれば、一石二鳥と思いました。

イデコについて調べているうちに、楽天証券は今使っている銀行と比較して、年間にかかる費用が少なく、楽天証券のマイページから随時状況を確認できるメリットがあったので選択しました。

また、イデコは毎月の掛け金については1000円単位から自由に設定できることがわかり、口座開設にあたって税務署の審査があり、2か月程度の時間を要することがわかったので、試しに開設してみようと考え実行しました。

60歳まで続けられるか不安、毎月の積立額どうしよう?

毎月の積立額は、小額(1000円単位)から自由に設定できるものの、それが60歳まで続けられるのかという不安にかられました。また、ある程度の額を積み立てなければ、将来の積立額も少なくなり、年金として足りないくなってしまう。しかし、上限(23000円)まで行ってしまえば、毎月の生活を圧迫してしまい、本末転倒になってしまうなど様々な不安を抱えていました。

なによりも、確定拠出年金は基本的に途中でお金をおろしたりすることができず、60歳まで積み立てを続けていかなければならないというのが大きな不安材料でした。

現在の生活費から、どの程度まで確定拠出年金へ回していけるか、ちゃんと続けていけるのかという不安はありました。

しかし、それらの不安よりも将来に備えた年金積み立てをしていかなければ、何もしないでいる将来のほうが不安でした。年金積立に加え、毎年の節税対策になることで始めてみようと強く思いました。

不確かな投資の運用より確実で計算できる「節税効果」が大きい

私の場合、月1万円のつみたてで、貯蓄額は60歳の時点で数百万(投資信託を除いた場合)程度にしかならないものの、節税対策としては、毎月の住民税での減額、年末調整時に約3万円程度戻ってくるという計算となりました。

日々の生活には大きい額でしたが、将来のことや税金対策としてはメリットが強く感じられ、やらなければ損とまで思うようになりました。

最初に感じていた「続けられるかどうか」という不安についても、残っているお金の中でやりくりしようと前向きに考えられるようになり、始めることができました。

イデコを始めてから、動かすことのできないお金でも、為替の動きにより、利益が確認できるため、増えているときに喜びを感じました。(現状、マイナスになったことがないです)また、ニーサなどその他の金融取引についても興味を持つようになり、お金について真剣に考えるきっかけになりました。

今では、将来への貯蓄に加えて節税対策までできる確定拠出年金は早いうちから始めるべきと思っています。

iDeCoの関連記事