現在31歳のIT関連の営業職をやっているものです。最近結婚した男で投資歴は約1年です。楽天証券を使っています。

少ない資金でゲーム感覚で株を始める

株を始めたきっかけはシンプルで、働かずにお金儲けできるのではないかと思ったからです。

よく世間では「株はやめとけ、一瞬で資産が溶けるぞ」とか「どうせ賭け事でしょ、危なっかしい」とかネガティブな声がよく聞こえてくるわけですが、インターネット上の声などはネガティブな声が目立つものですからね。

実はやってみれば影でコソコソ儲けることができるんじゃないかという「ものは試し」精神でした。

私の場合、大した貯金もない状況のせいか、「お金を失うリスク」ということに対する感度が極端に低かったのでしょう。どうせ失うお金もないんだし、とりあえず少ないお金でゲーム感覚で始めてみて、やばい世界だと自分が感じたらやめようという具合です。

そう思ってからの行動は早いもので、ろくに比較もせずに証券口座を開設し入金しました。

資金が少なくて買いたい株が買えない

株を買うに当たって大変だったのは、とにかく開始資金が少ないことでした。

前述の通り、実際に購入するまでは不安はなく、完全にゲームをやる感覚でしたので、その手の不安はあまりありませんでしたが、資金だけは色々と行動が制限されてしまうということに気づきました。

要するに買いたいものが買えない中でどうやっていこうか、という不安はありました。さすがに直後から信用取引使ってレバレッジ全開!とはいきませんから。

親や彼女から「株なんてやって大丈夫?」と批判されるが・・・

あとは、親や当時の彼女からは「お前みたいな金の管理もできないやつが株なんかやって大丈夫なのかよ」と批判はされましたが、自分の資産のことですし、あまり気にしませんでした。

私が良く説明として言っていたのは、「自分だって銀行にお金貸してるでしょ?金利も少ないのに。もっと良い企業に貸すだけだよ。」といったことを言って言い逃れしてましたね。笑

株を始めるという決断ができたのは、結局はお酒飲んだり、ゲームに課金したりする「あぶく銭」と割り切る気持ちを持てたことでしょうか。自分なりに情報収集、勉強して「よしこれなら大丈夫だ!」といった行動は一切取っていませんでしたから。笑

何事もそうですが、やってみないとわからない世界だと割り切ることが必要だと思います。

5年のうちのピンポイントの1ヶ月とかに当たらない限り大暴落で資産が吹っ飛ぶなんてことはありませんから。当たってしまったら人生において株とは縁がなかったとするしかないです。

ちなみに私はその割り切りの精神を保てるためにも最初は10万円からのスタートでした。

一番最初に買った銘柄で数千円の損失、良い勉強代に・・・

一番最初に買った銘柄は、「旭ダイヤモンド工業」という企業でした。購入した理由は・・・当時は本当に知識がありませんでしたら、予算内で購入できる銘柄であったこと、工具というニッチだけど需要はありそうな事業だと浅はかに考えたためです。

購入した時の気持ちは今となれば可愛いものですが、毎時毎日の価格の推移がめちゃくちゃ気になります。笑

今日はいくら減ったとかいくら増えたとか、たかだか数百円の世界でもとにかく気にしていました。いずれ気づくことになるのですが、当時は売るタイミングのルールも何もなかったので、ただ緊張感を持って株価を眺める毎日です。

その結果、良くわからないが株の世界はなんとなくわかったという意味不明な理屈を自分の心にたてて、数千円の損失を出して売却したことを覚えています。

でもこうした気持ちの変化は実際に保有して初めてわかるものですので、やってよかったと今は思っています。勉強代が安く済んでよかったとポジティブに考えています。

ちゃんと勉強して先生を見つければ、資産を溶かすことなんかないと思いましたし、1年経った今も気持ちは変わっていません。世間がいう「株は危険、ギャンブルだ」なんてことは人任せで損失を被った人の風説だと思います。

健全に取引することは可能ですし、リスクをヘッジすることも素人でも可能です。

普段仕事をしていても資産を増やすことができる

株式投資を通して、素人でも、普段仕事をしていても資産を増やすことができると知ることができました。

これが一番の目的であり、この世界を知ることができたメリットは大きいです。

少し話がそれますが、営業などをやっている人にもおすすめです。今世間から注目されている企業だったり、世の中の動きというものが嫌でも気になるようになってきます。仕事をやる上でそうした視点を持てるようにもなることはメリットが大きいのではないでしょうか。

まずは証券会社で口座を作って1銘柄買ってみてください。そうすれば株がどんなものか体で感じることができると思います。

それができたら次のステップとして、そこで思った不安や期待を解消するための先生を見つけましょう。自分なりのルールを見つけてやれば決して怖いものではありませんので。

おすすめというか、良かった銘柄はモバイルファクトリー(3912)、デジタルアーツ(2326)などは購入してよかったと思います。理由はシンプルで、相応の利益を短期間でとることができたからです。

株式投資の関連記事

株を買えるようになると(証券会社の口座を持つと)、株だけでなくETFREITも買えるようになります。