30代、小売業、投資歴は約10年。松井証券を使っています。

「投資のことは何も知りません」では一人の大人として情けない

株を始めたきっかけは、自分の資産が銀行預金だけでは寂しいと思ったのと、社会人になると自分の周囲も投資関連の話をする機会が増え、「投資のことは何も知りません」では一人の大人として情けないかなと思ったのがきっかけです。

それで手軽に始められそうな株を始めてみました。購入条件として「比較的安価に買えるもの」、「一ファンとして買いたいと思えるもの」「個人的に将来性が見込めるもの」と決めた上での購入です。

安価と言ってもコンビニ感覚でお金を出せるものではありませんので、日経新聞をくまなく読み漁ったり、週刊ダイヤモンドが発行している投資関連の本を片っ端からウキウキしながら読んだのをよく覚えております。無理なく始めたいと思ったので、とりあえず一つの銘柄から購入し、初めました。

事前に雑誌や新聞、ニュース等で情報を集めてからの購入だったので不安よりも期待感の方が高かったです。

友人知人は株を買っている、又は買おうと検討している者が多かったので何をどんな理由で買ったか等の質問は開口一番くらいにされた記憶があります。

両親には反対されるけど・・・リスクを負わずに投資は始められない

やや反対意見だったのが両親です。増えたり減ったりするだけではなく、最悪購入した会社が破産してゼロになる可能性があるのでは?という理由での反対です。

しかし、そもそも私は儲けで購入しているわけではなく、購入する会社を応援したいという気持ちで購入してますので無論、ゼロになってしまうのは悲しいことですが、そのくらいのリスクを背負わずして投資は始められないと思っておりますので、反対していた両親もそのあたりは納得しておりました。

そして、上記に記載したように、好きだからというのが一番なのと、学生時代にそこの会社でお世話になっていたので少ない中でも恩返しがしたいと、そして株を買うことによりさらに好きになるだろうと思い購入に至ることができました。

その購入もネットで簡単にでき、私の場合はCMや雑誌によく紹介されている松井証券を利用させていただいておりますが、分からないことや不安なことを質問しても丁寧に教えて頂けるので大変ありがたく思っております。

1ヶ月の手取り給料分くらいの金額で株を購入

最初に購入したのは「モスフードサービス」です。昔から好きだった、自分なりに株を調べた、周りに株を始めている人が多かったといいましても、趣味で車を買いましたとか海外旅行に行きました等のような感覚とはかなり違う気持ちだったのを覚えております。軽い気持ちでむしろ購入したかったのですが、私の月収はどこにでもいるサラリーマンの平均月収です。

一月の手取り給料分くらいの株を購入したので、ゼロになってもしょうがないとはいえ、正直なところ損するのは絶対に嫌という気持ちに襲われました。誰でもそうでしょうが。

株としては少額な方ですが、少額でもその会社の一オーナーです。頑張ってもらわないと困る!と一人で勝手に興奮しておりました。今思えば迷惑な話です。

儲けのためのマネーゲームのイメージから、株を買った会社の発展を願うように

実際に株を買う前のイメージは、自分の資産を守る一つの方法であったり、儲けのためのマネーゲームであったりと私利私欲に特化したイメージが正直ありました。

しかし、いざ投資してみると私利私欲に関しては全否定は確かにできませんが(株価が上がると売りたくなりますし、株主優待券をもらったら当然喜びます)、不等号的には会社の発展を心から願うようになりました。本当に頑張ってほしいです。

お金を投資するほどの会社なので、自分が社員になったかのように考えてしまいがちです。よって、自分の働いている会社と投資している会社それぞれを考えていたら、それぞれの良し悪しを見比べるようになり、視野が広がったので人間的な成長が出来たと思います。

投資=一人のファンとして始めた方が楽しく株ができます。

買ってよかった株はモスフードサービス・・・儲けのためではなく、一人のファンとして株を購入しました。株の損得ではなく、頑張ってほしいという応援を兼ねております。もちろん、株価が上がったら嬉しいです。

株式投資の関連記事

株を買えるようになると(証券会社の口座を持つと)、株だけでなくETFREITも買えるようになります。