投資歴15年という30代の主婦の方の個人向け国債の体験談です。

マネー雑誌を読んで個人向け国債のことを知る

貯蓄は学生時代からしていましたが、社会人になりもう少し投資を増やして良いかも…と思っていた時にマネー雑誌を読んでいて個人向け国債を知りました。

個人向け国債は金利は変動制ですが、元本は10年預け入れしていれば補償されますし定期預金に比べて金利が良いです。近くの郵便局でも、ネット銀行でも証券会社でも買えるというお手軽感も良いですし、何より貸し出し先が国なので元本割れを起こさないという安心感があります。

ただ、今は株式投資の方が面白いので個人向け国債の金額は相対的に低いです。

元本割れの心配がない安全資産として取り入れる

預け入れる期間が長い分、定期預金に入れるより使い勝手は悪いし株式投資に比べて面白さには欠けますが、ポートフォリオに占める割合のうちの「安全資産」として考えるのにぴったりだと思い保有しています。

当時はまわりに個人向け国債を買った事がある人がほとんどおらず、また、かなりの田舎に住んでいたため郵便局や銀行の窓口の方も取り扱いをしている割に知識がなく、当時はスマートフォンがある時代では無かったですから、ネットも今のようにお手軽感では無かったので情報を得るのに苦労しました。

もっぱらマネー雑誌を読んで情報収集をし、同時期に株の取引を始めたので証券会社のホームページをじっくりよんで個人向け国債を購入する事にしました。郵便局の窓口で購入する事も考えましたが買うまでの手続きが面倒くさそうでしたのでネット経由で証券会社から購入しました。

まわりに個人向け国債を購入したことがある人がいればこんなにたいへんな思いをしなくて済んだだろうなぁと思いました。

マネー雑誌をじっくりよんで、証券会社のホームページをしっかり読んで最終的に自分が納得出来たから購入出来ました。

自分の稼いだお金ですから、預け入れ先は大事です。安全資産として使える先が一つ確保出来そうだというのはうれしいです。

ただ、よくわからないで銀行の窓口でお年寄りが購入しているのも見たことがありますし、相続した家族が困っているのも見たことがあります。もう少し使いやすい投資先になれば良いのになぁと思います。

株取引のために口座開設したネット証券で国債も購入

初めて購入するときは銀行や郵便局の窓口で買うことも考えましたが、結局、インターネット証券会社で購入しました。ちょうど株式投資に興味を持ち始めた時期で、ネット証券会社に口座を開設したばかりだったのでまずは入金をして国債を購入しました。

国債は買える時期はありますが、買うタイミングを考えなくてよいので口座から初めて購入する商品にぴったりでした。画面上でポチッとクリックするだけなので始めは不安でしたが、なんとか購入したのを覚えいます。しばらくすると証券会社から明細書が送られて来て安心しました。

国債は預金的な感じがありますが、国のお金にもなります。国が使っているんだ、私の貯蓄が役に立ってるんだ、と思うとなんとなくうれしい気持ちになります。

ただ貯蓄をしている位なら貯蓄より利率がよく安心安全資産な個人向け国債をおすすめします。

個人向け国債の関連記事