ネット証券大手の「楽天証券」の口座開設の手順を解説します。

パソコンから申し込みをする場合の手順です。スマホ(スマートフォン用サイト)から申し込みをする場合はスマートフォン用サイトからの申し込み方法を参照してください。

※初めてネット証券の口座開設をする初心者のかたが「口座開設の申込ってこんな感じ」という流れをつかむためのものです。デザインのリニューアルなどで画面が変更する場合があります。

パソコンからの口座開設申し込み方法

楽天証券公式サイトから口座開設申込ページへ

まずは楽天証券の公式サイトに行きます。

公式サイトの『いますぐ口座開設』をクリックします。
※キャンペーン等でデザインはよく変わるので、デザインが違う場合は「口座開設」というボタンをクリックしてください。

楽天証券公式サイトキャプチャ画像

 
★楽天会員は口座開設の申し込みがカンタンです!

楽天会員の方は『楽天会員の方』をクリックしてログインすると、名前や住所などが自動的に反映し、最短5分で簡単に口座開設の申し込みができます。楽天会員でない方は『楽天会員ではない方』をクリックし、情報を入力していきます。

楽天会員か楽天会員でないかを選ぶ

ここでは、楽天会員ではない方の手順を解説します。

*この後の本人確認では以下の書類が必要になります。

運転免許証・住民票の写し・印鑑登録証明書・各種健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート・在留カード・特別永住証明証・個人番号(マイナンバー)カード。※通知カードは利用できません。

 

お客様情報を入力

お客様情報の入力画面に入力します。

お客様情報の入力画面
❶名前・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレスを入力し、納税方法を選択します。

楽天証券の口座開設:納税方式の選択

楽天証券の納税方法をどれにすればいいかわからない方は「おすすめ」になっている「確定申告は原則不用」というところを選びましょう(最初に選択されているのでそのまま先に進みます)。それ以外の場合は確定申告をする必要があったり、損益を自分で計算しなければいけないため、特別な理由がある人以外は選びません。

楽天銀行の口座やNISA口座も同時開設できる

また、楽天銀行の口座やNISA口座を同時に申込むことができます。

楽天銀行の口座の同時開設は「追加サービスの選択」というところで、「申込む」を選択するだけ。楽天銀行はマネーブリッジの設定で普通預金の金利が個人向け国債より高くなるので持っておいて損はないですよ。

楽天証券と楽天銀行の口座の同時開設

「楽天銀行の口座の申込」を左側の「申込む」をクリックすると、以下のように青くなり、楽天銀行の口座も同時に申込ができます。

楽天証券と楽天銀行の口座の同時開設

NISA口座は「つみたてNISAを開設」がはじめに選択されていますが、楽天証券でNISAの口座を開設すると決めている人以外、NISAが何かわからない人などは「開設を希望しない・あとで登録する」を選びましょう。NISAは手続きが大変なうえ、1人1口座しか作れません。後からいつでも開設できますのでここでしなくても大丈夫です。

NISA口座開設の選択画面

NISA口座以外にも、楽天銀行口座・個人型確定拠出年金(iDeCo)・楽天FX口座・信用取引口座
を申込むことができます。

❷全て入力したら『内容確認へ』をクリックします。

❸確認画面で内容を確認します。
修正する場合は、修正する箇所の『修正』をクリックします。
確認したら『内容を確定する』をクリックします。

 

重要書類への同意

線枠内をクリックするとPDFが表示されます。
PDFを表示した後は、チェックボタンをチェックできるようになります。
同意する場合はチェックして、『同意して次へ』をクリックします。

重要書類への同意画面

本人確認書類の提出

提出方法は以下の方法があります。

  • パソコンから提出
  • スマートフォンから提出
  • 郵送で提出

ここでは参考として『パソコンからの提出』を選択します。

本人確認書類の提出画面

提出方法を選択したら『アップロード画面へ』をクリックします。

※本人確認書類が今手元にない場合は、『後でアップロードする』をクリックすると、送られてくるメールにより、後日アップロードの再開ができます。

 

■本人確認書類をアップロード

いずれかの書類の画像を準備し、ファイルをアップロードします。
アップロードは画像ファイルをドラッグ&ドロップするか、もしくは『ファイルを選択』をクリックして画像を選択します。

本人確認書類のアップロード画面

画像を選択したら『本人確認資料の確定』をクリックすると申込みが完了します。

申込完了画面

上記の画面が表示されたら口座開設の申し込みは完了です。

数日後に郵便でログイン用のIDとパスワードが届きます

 

続いて、スマートフォン用サイトからの申し込みの場合の手順です。

 

★スマートフォンでの口座開設申込方法

楽天証券のスマートフォン公式サイトから口座開設申込ページへ

スマートフォンで楽天証券の公式サイトに行きます。

スマートフォンで公式サイトにアクセスすると、最初に以下このような案内が出ますが、「ここから先が楽天証券のサイトですよ」という案内なので「サイトを見る」を押して公式サイトを表示します。

楽天証券の案内

公式サイトは以下のような画面になります。「かんたん口座開設」のボタンを押して口座開設に進みます。
※キャンペーン等でデザインはよく変わるので、デザインが違う場合は「口座開設」というボタンを探して押してください。

楽天証券のスマートフォン公式サイト

 
★楽天会員は口座開設の申込みがカンタンです!

楽天会員の方は『楽天会員の方』をタップしてログインすると、名前や住所などが自動的に反映し、最短5分で簡単に口座開設の申し込みができます。楽天会員でない方は『楽天会員ではない方』をタップし、情報を入力していきます。

楽天会員か楽天会員でないかを選ぶ

*以下のいずれかの本人確認書類が必要になります。
運転免許証・住民票の写し・印鑑登録証明書・各種健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート・在留カード・特別永住証明証・個人番号(マイナンバー)カード。※通知カードは利用できません。

 

お客様情報を入力

名前・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレスを入力していきます。

お客様情報の入力画面

※楽天会員の場合はログインして1画面で入力できますが、楽天会員以外の場合は、名前を入力したら次の画面、性別と生年月日を登録したら次の画面、住所を入力して次の画面と、複数の画面で入力していきます。

納税方法を選択するところで、どれを選べばいいかわからない方が多いようです。

楽天証券の口座開設:納税方式の選択

納税方法は、どれを選べばいいかわからない方は「おすすめ」になっている「確定申告は原則不用」というところを選びましょう(最初に選択されているのでそのまま先に進みます)。それ以外の場合は確定申告をする必要があったり、損益を自分で計算しなければいけないため、特別な理由がある人以外は選びません。

また、NISA口座を同時に申込むことができます。

こちらは「つみたてNISAを開設」がはじめに選択されていますが、楽天証券でNISAの口座を開設すると決めている人以外、NISAが何かわからない人などは「開設を希望しない・あとで登録する」を選びましょう。NISAは手続きが大変なうえ、1人1口座しか作れません。後からいつでも開設できます。

NISA口座開設の選択画面

『追加サービス選択』をタップすると次の画面へすすみます。

楽天銀行口座・個人型確定拠出年金(iDeCo)・楽天FX口座・信用取引口座の追加サービスを申込むことができます。
申込まない場合は、『申込まない』を選択します。
全て入力・選択したら『内容確認へ』をタップします。

確認画面で内容を確認します。
修正する場合は、修正する箇所の『修正』をタップします。
間違いがなければ『内容を確定する』をタップします。

 

重要書類への同意

線枠内をタップするとPDFが表示されます。
PDFを表示した後は、チェックボタンをチェックできるようになります。
同意する場合はチェックして、『同意して次へ』をタップします。

重要書類への同意画面

本人確認書類の提出

提出方法は以下の方法があります。

  • スマートフォンから提出
  • 郵送で提出

ここではスマートフォンからの提出を選択しています。

本人確認書類の提出画面
本人確認書類が今手元にない場合は、『後でアップロードする』をタップすると、送られてくるメールにより、後日アップロードによる提出の再開ができます。

提出方法を選択したら『提出方法を確定し、アップロード画面へ』をタップします。

本人確認書類アップロード(スマートフォンから提出の場合)

いずれかの書類の画像を準備し、ファイルをアップロードします。
『1枚目(表面)をアップロード』をタップして画像を選択します。

本人確認書類のアップロード画面
*裏面がある書類は、2枚目でアップロードします。

画像を選択したら『本人確認資料の確定』をタップすると申込みが完了します。
(確認画面は表示されないので注意してください)

 

郵便でログイン用のIDとパスワードを受け取って取引開始

口座開設の申込が完了すると、後日、楽天証券から口座開設完了の郵便が届きます。

楽天証券の口座開設完了のお知らせの封筒

楽天証券の口座開設完了の郵便の中身

こちらに記載されている取引用のIDやパスワードを使って取引を行うことができます。

 

*本解説は、2018年6月18日時点の内容に基づいています。
サービスご利用の際は、最新の公式情報をご確認のうえご利用ください。

楽天証券の関連記事

この記事を読んだ方におすすめの体験談