証券会社の窓口で口座開設をした体験談を7件いただいています。野村證券・大和証券・みずほ証券・三菱UFJモルガン・スタンレー証券・日興コーディアル証券・アイザワ証券・むさしの証券の窓口で口座開設をしたかたの体験談です。

※野村證券は件数が多かったのでわかりやすいよう別ページに移動しました。(→野村證券の店舗の窓口で口座開設の申し込みをした方の体験談

実際に証券会社の窓口で口座開設の手続きをした経験のあるユーザーさんから寄せられた体験談を良い体験談も悪い体験談もそのまま掲載しています。(誤字脱字の修正や太字や赤文字での強調等はしておりますが、内容は変更せずそのまま掲載しております)

証券会社の窓口というと、敷居が高いイメージや小口客は相手にされないようなイメージがありますが、証券会社によって対応が全然違いますね。やはり名前の知れている大手の証券会社は小口の顧客に対しても対応が良いようです。

「どうやって口座開設するのか」という口座開設の流れや手順などは証券会社の口座の作り方を参考にしてください。

大和証券で口座開設(2件)

大和証券の口座開設の手順はこちら

株式投資に興味があり、祖母が大和証券を使っていたから(35歳保育士)

35歳、保育士の女性です。大和証券千葉支店で口座を開設しました。口座を開設したかったのは、株式投資に興味があったからです。祖母が大和証券を利用していたので、同じところにしました。

初めは、ネットから申し込みをして、郵送で済ませたかったのですが、書類の書き方がわからず、電話で質問しながらかくより、窓口で書いて提出した方が楽で、速そうという印象だったので、支店に行きました。身分証などの添付書類も多く、全てを自分で用意してコピーをして、貼るという作業が面倒だったという理由もあります。

家からも遠くなく、交通費もかからないので、コピー代より安く済むし、間違えても、後から訂正する手間もないし、その場で全ての手続きが終わるので、店舗の方が楽だと思っていました。事前に電話して持ち物を聞いてから行きました。

店舗では、事前に電話で口座開設にいくことを言っていたので、スムーズに対応してくれました

プランが色々あり、よくわからなかったので、プランの違いについて説明してもらいました。

ネットでやりとりをした方が安いけど、できないこともあるなど、メリットやデメリットを教えてもらい、納得のいく内容で契約ができました。

店舗ごとに無料でセミナーなども行なっており、どんな内容なのか、参加するにはどうすればいいのかなど、ネットでは記載されていないことも詳しく教えてくれました。とても丁寧で親切でした。

夫婦で株式投資をするため夫と同じ大和証券で(33歳主婦)

33歳主婦、大和証券の久留米支店で口座開設しました。主人が大和証券で国内株取引をしていたので、勧めもあり私も投資を始めるにあたり大和証券で口座を作ることにしました。 初めて証券会社を訪れましたが、入り口に警備員の方がおり、入るのに躊躇してしまいました。

中はシンプルで銀行に似た雰囲気ですが静かで落ち着いており、各ブースに仕切りがありプライバシーの確保もしっかりされていました。

全くの初心者であり、ただの主婦の私が証券会社に口座を作ることに少し躊躇いを感じていましたが、窓口の方は素人の私にも、1つ1つ丁寧に説明してくださいました。口座を作るに当たって、銀行の口座開設とは違い提出書類の多さに戸惑いましたが、足りないものは後日自宅より発送という形で何度も足を運ばずに口座開設することができました。

証券のことは全く知らなかったので、聞いたことのない用語も多々出てきました。その都度意味を説明してもらい理解することができました。

口座開設後に株の取引をするにあたり、証券会社の方のフォローが必要な場合は、別途料金が発生することを聞きました。私の場合は主人が助けてくれるので不要でしたが、素人の人だとサポートしてもらえるのはとても助かると思います。実際口座開設に行った際にご高齢の方が相談にみえていました。

私の場合は口座を開設するために窓口に行きました。対面式の口座開設は、不明な点をその都度解決できるのがいいところだと思います。

みずほ証券で口座開設(30歳主婦)

みずほ証券の口座開設の手順はこちら

30歳女性。専業主婦です。みずほ証券、池袋支店で口座開設をしました。

銀行にただ預けていても、資産が増えないので何か投資をしようと考えていました。 ちょうど定期預金が満期になったものがあったので、それを元手に少し興味があった株を、社会勉強も含めて初めてみようと思いました。

知り合いがみずほ証券で株取引をしているというのを聞いていたので、ネット証券の方が手数料などは安いと思いましたが、窓口があって、顔が見える方が安心だったので、みずほ証券で口座開設をすることを決めました。

窓口の方は同じくらいの年齢だったので、緊張することもなく、とても話しやすかったです。 和やかな雰囲気で相談にのってくれたので、ほとんど知識がなかった私の不安も和らぎました。 株の運用のメリットやデメリット、投資信託で積立するのも良いのではないかなど、私の意向にあった投資方法を一緒に検討していただいたので、心強かったです。

私は株取引を主に検討していましたが、投資信託の商品も詳しく紹介してくれたり、知識があまりなかったのですが、とても分かりやすく説明してくれました。 手続きもスムーズにできて、安心して口座開設をすることができました。

後日、インターネットでの株取引の方法で分からないことがあったので、電話したときも丁寧に説明してもらったので、とても印象がよかったです。対面でお話しできる窓口で口座開設できて、良かったです。

証券会社によっては初心者にあまり優しくない証券会社もあるようです。長いつきあいになることなのでご自分にあった証券会社または担当者さんに巡り会うことが大事だと思いました。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券で口座開設(47歳自由業)

47歳自由業、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の町田支店で口座開設を申し込みました。父が亡くなり、相続で株の移動が必要になったからです。

手続きの際、新しい口座が必要とのことで書類の提出先に相談したところ、系列会社の証券会社を紹介されました。他の証券会社もネット検索したり、問合せしたりして検討しましたが、結局紹介された窓口に行ってみることにしました。

株などやったことがなく、何の知識もなかったのでとても緊張しましたが、窓口の方がとても丁寧に対応してくださったので問題なく口座開設することが出来ました。とりあえず株を移すことが目的で、すぐに現金が必要というわけでもなかったので、一番オーソドックスで簡易的な形にしてもらいました。ネットや郵送のみでも手続きは可能なようでしたが、初めての場合はやはり窓口の方が安心なのではないかと思いました。

初めてで知識もなかったので不安でしたが、一から丁寧に説明していただき、リラックスして手続き出来ました。特に営業的なお勧めされることもなく、一番良い形にしてもらいました。

(ちょっとうろ覚えですが)経営理念的なことで「証券の知識がない人に無理に売りつけるようなことはしない」というものがあるそうで、一番心配していたことなので安心出来ました。開設後のことや、配当金の受け取り方なども融通を利かせてくださったので、特に不満や疑問点も残らず良かったと思います。

相続で必要に迫られての口座開設だったので、相談しつつ出来たのはとても良かったです。

日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)で口座開設(43歳女性)

※日興コーディアル証券は2009年10月より三井住友フィナンシャルグループの一員となり、2011年4月にSMBC日興証券に商号変更しています。この体験談はそれ以前のかなり昔のもので、SMBC日興証券の体験談ではありません

職場の仕事の関係で、上司から資産運用を勉強するよう勧められました。仕方がないので、なけなしの10万円を持って証券口座を開設することにしました。

事前準備として、東京証券取引所の主催する無料のセミナーに参加しました。お茶やお菓子が配られ、資料もたくさんくれました。女性もたくさん参加し真剣に話を聞いていました。その資料を家でじっくり見て運用成績の良いファンドの投資信託に絞り、お目当ての投資信託「7つの卵」を販売していた日興コーディアル証券の窓口に行って投資信託を購入しました。

窓口の人には、運用や商品の相談は全くせず、この投資信託を買いたいと話しました。余計な商品を勧められたり、金額が低いと言われるのではないかと非常にビクビクしていました。

窓口の人はハッキリ言って態度が悪かったです。仕事の休みを取り、午後に窓口に行ったのですが、小口客ということもあり鼻であしらわれた感じでした。順番待ちをしてようやく私の番になり、申し込み書類を書いたり、重要事項の説明やリスクの説明を受けた段階で3時が近づいてきました。ネットや電話で取引できる様に手続もたくさんしました。

そして、窓口の女性が驚くべき言葉を発したのです。「この投資信託の購入は、明日じゃダメですか?」私は怒りました。「今日にしてください」

時間はまだあったのに小口だからバカにされたんだと思いました。窓口の人は忙しいので、相談には向かないと思います。

43歳 女性 パート

アイザワ証券で口座開設(51歳男性)

51歳・男・小売業を営む自営業。株の売買に興味を持ち、まずは手始めに株主優待目的でイオンの株を購入しようと歩いていける範囲にあったアイザワ証券に取引口座を開設しようと思い出掛けて行きました。

株式売買に興味を持ち、まずは手始めに株主優待を目的にイオンの株を1単元100株購入しようと思いアイザワ証券に口座を開設することにしました。

ネット証券など取引手数料の安い証券会社がいつくもあることは知っていましたが、株主優待目的で長期保有するであろうこととイオン以外の銘柄を買うことはないだろうということから、自宅から歩いていける範囲のところにあったアイザワ証券で口座を開設することにしました。

初めて行く証券会社、お金持ちの人ばかりが集まる場所…というイメージを持ってたので当然緊張しました。

受付カウンターに座ると担当の女性が出てきて目的を尋ねられました。

「イオンの株を100株欲しい」ということを告げました。

そして受付の女性にこう言われました。

「うちは手数料が高いですよ。ネット証券や他の証券会社の方が手数料が安いですよ…」

「え?」

私は一瞬びっくりしてしまいましたが気を取り直して。

「それは知っています。それは承知でここで買おうと思っているのですが…」

「いえいえ…他で買った方がいいですよ」

このような問答の繰り返しです。

購入額が小さすぎるのか?理由は定かではないのですが、暗に口座開設を拒否されているようなのでその場を去ることにしました。

それにしても思いもよらなかったこの受付の女性の対応には正直驚いてしまいました。なぜ口座開設をさせてもらえなかったのか未だ持ってわかりません。もしかしたらアイザワ証券は初心者には敷居の高い証券会社なのかもしれません。

初めて訪れる証券会社で私も緊張していたのですが、受付の女性の対応には正直驚いてしまいました。
面倒な手続きがあるのではないかとは予想していたのですが、まさか口座開設を拒まれるとは思ってもみませんでした。

「そんなイオン100株なんて…うちは手数料が高いからよそに行ってくれ…」

もちろん言い方はもう少し柔らかな表現でしたが、私には案にこう言われているように感じてしまいました。

私に何か不備があったのかわかりませんがこの対応は決して気持ちのいいものではありませんでした。

株主優待などの小口の取引にはあまり良い顔をされない…と思い込んでしまい、その後別の証券会社に行くのが少々怖かったのですが、のちに訪れた野村證券では男性の担当者が気持ち良く対応してくれて無事に口座を開通することができました。

結果的には野村證券に問題なく口座を開設し、現在十数銘柄の株主優待のある銘柄を所有するに至っています。

むさしの証券で口座開設(40歳男性)

今は無くなってしまったようですが、埼玉県の深谷市にりそな銀行の前に支店があったと記憶しています。どうも移動したみたいですけど。特に相談に行ったとかではなく、証券口座を作るのに資料を自宅に送ってくるまで時間がかかります。昔の証券会社は、今と若干ちがっていて銀行印など結構講座を作るまでに手間がかかっていたと記憶しています。そこで直接窓口で手続きを行ったという訳です。早いし、印鑑って少しでもかすれていたりすると、また書き直しをさせられたりいらいらします。その点窓口であれば、相談というよりは手数料の事など証券会社の特徴など、直接聞き出す事ができます。電話だとやはり待たされますし。結局口座は作ったのですが取引はなかったように記憶しています。

かなり昔の事なので記憶が定かではありませんが、銀行とかと同じ感覚のようだったと記憶しています。なんといっても手数料の部分が、こうした情報を聞き出す機会だと思います。自分の場合、多額の資金を持っている訳ではなく、泡沫的な投資ばかりだたので特に相談をするつもりではありません。従って、私のような人には手数料の情報こそが重要です。ただ丁寧に説明して頂いたという記憶があります。特に不快感を感じた記憶はありません。早い対応が出来たのでよかったと思います。

40歳 男性

野村證券で口座開設(4件)

野村證券は件数が多いため別ページに移動しました。(→野村證券の店舗の窓口で口座開設の申し込みをした方の体験談

この記事を読んだ方におすすめの体験談