証券会社に勤めていたという主婦のかたが投資信託を買ったときの体験談です。
「すぐに使わないお金を使う」「バランスよく分散投資する」ということが初めからできているのはさすが証券会社に勤めていたというだけありますね。

夫婦で相談してリスクが低いものから始める

30代の主婦で、投資歴は4年です。

私自身、結婚をするまでずっと証券会社に勤めていたこともあり、投資に関してはあまり抵抗を感じませんでした。

主人に相談すると「するのは構わないが、極力リスクが低いものにしてほしい」と言われました。二人で貯めたお金で、すぐに使わないお金を証券会社の口座に移行して投資をすることにしました。

ゼロ金利が続くなら利回りの良い投資にお金をまわす

私が投資をしようと思ったきっかけは、ゼロ金利が当面続くと思ったからです。銀行の定期預金に預けていてもほとんど利子はつきません。それなら多少の手数料は支払っても投資信託や株に投資した方がいいのではないかと思いました。株や投資信託も銘柄が豊富なので、利回りがいいものもたくさんあります。それらを厳選して投資していくことにしました。

野村證券でリスクの低い投資信託を購入

最初は野村証券で口座を開き、みずほハイブリッド証券ファンドの円コースを購入しました。この銘柄を選んだ理由としては、投資先が債券類で安心できる上、円コースの運用になるので為替の影響を受けないという点が気に入りました。主人に相談すると、リスクも低そうとのことでOKが出ました。比較的安定な投資先にも関わらず、分配金が毎月45円出るので思ったよりも利回りがいいことも決め手になりました。

この他にも、社債を少し購入しました。何かに偏って投資するのではなく、株・投資信託・債券とバランスよくポートフォリオを組むことが大切になってくると思うので、適宜見直していきたいと思っています。今はこの銘柄にしてよかったと思っています。

投資信託の関連記事