銀行に預けてもお金が増えないため、少しでもお金を増やすために投資を始めたという方のアンケートの回答です。※投資を始めた理由のアンケート結果です。

件数が多かったため女性の回答と男性の回答に分けました。このページは女性の回答です。男性の回答はこちら

 

定期預金で預けていたけど利息は本当に微々たるものだった(30歳・主婦)

30歳女性。専業主婦です。みずほ証券で株を購入しています。

投資をするまでは銀行に定期預金で預けたりしていましたが、利息は本当に微々たるもので、銀行に預けていても増えることはないので、定期預金がちょうど満期になったものがあったときに、そのお金を元手になにか投資をはじめてみようと思ったのがきっかけです。

もともと金融系に勤めていたこともあり、投資に興味はありましたが、なかなかやるまでに至らなかったのですが、仕事を辞めて専業主婦になってからは自分の貯金という意味と社会勉強も含めて、やってみようと重い腰がやっと動きました。

そして1番身近にできそうだと思ったのが、株主優待などがある株でした。自分が知っている会社や良い商品だなと思っていた会社を応援できることも株の魅力だったと思います。

投資を始めてから、経済の動きに関心がわきました。1番変わったことは新聞をよく読むようになったことだと思います。

お金を増やすために投資を始めましたが、それ以上に得るものも大きかったです。

銀行の積立貯金でコツコツと貯めていたけど利率の悪さにびっくり(37歳・医療系)

37歳女性、医療系の仕事をしています。SBI証券で投資信託楽天証券で投資信託をしています。

私が投資をしようと思った理由は、将来のお金を増やしたいと思ったからです。

銀行で積立貯金をしたりコツコツと貯めてはいましたが、改めて利率の悪さにびっくりし、このままで大丈夫だろうかという不安がありました。

投資信託については、身近にしている人もいて以前より興味はありましたが、やはりリスクもあるということでなかなか始めることができずにいました。

2018年より積み立てnisa制度がスタートしたことは、私の迷いを後押ししてくれました。少額からでも始められる証券口座もありましたし、少額なら生活に負担をかけることなく、万が一のリスクも少なくて済むことは始めるきっかけにもなりました。

またお金が必要になったとき、いつでも止めることができるのも安心でした。

またまだ始めたそれ程経ってはいませんが、株価など経済にも興味を持つようになりました。お金に関しても勉強する機会ができ良かったです。

銀行の利息だけでは我が家の貯金は目減りしてしまう(45歳・主婦)

45歳、女性、専業主婦、SBI証券で株を買っています。

私が株を始めたのは、消費税5%から8%に増税したことがきっかけでした。毎日スーパーに買い物に行く専業主婦なので、少額ではありますが確実に毎日の出費が以前より増えたことを実感しました。しかも8%というのは、消費税が10%になるまでの過程であって、10%になるのは確定していること。

このままでは、我が家の貯金は銀行の利息だけでは目減りしてしまうと思ったからです。

とは言え、自分にとって株投資は全くの未知の世界です。本やWEBを見てもさっぱりわかりませんでした。

なので、これは実際に株を買って、その動向を見ながら勉強するしかないと思いました。

最初の予算は10万円で、株主優待があるところと決めて探しました。私にとって、仮に損をしたとしても勉強代と思える金額が10万円迄でしたし、株主優待があると値動きに一喜一憂しなくて済むと思ったからです。

実際に株に投資した事は良かったと思っています。現在も続けています。世間の株主様のような大金を手に入れたわけではありませんが、確実に銀行の利息よりも貯金を殖やすことができました。

大きな変化はニュースを意識して見るようになったことです。私はまだニュースを見て、株の値動きを推測することはできません。ですが、その日のニュースで翌日の株の値動きが変化することがわかっただけでも、株が未知の世界だった私にとっては大きな変化なのです。

定期預金が満期になった時の利息の少なさに愕然として(31歳・事務職)

31歳女性、教育業で事務を行っています。SBI証券で投資信託を行っています。

今までまとまったお金ができたら定期預金に入れていました。ところが定期預金が満期になった時の利息の少なさに愕然

ネットバンクを利用していたので、普通の銀行よりは金利が高いものの、雀の涙でした。これなら投資を始めた方がいいかも、と考えるようになりました。

投資は元本割れを起こすリスクがあって怖いというイメージがあったのですが、口座を開設すると現金がプレゼントされるキャンペーンが後押しになって、始めることにしました。

NISAが始まり、節税できることも大きかったです。新しい制度なので情報量も多く、ネットで多くの情報を得ることができました。私みたいな投資初心者向けの制度で少額で始められると分かり、恐る恐るですが投資デビューをすることにしました。

経済関連のニュースをよく見るようになりました。あと、物事を長期的に考えるようになりました。

定期預金をしていたけどほとんど利息が付かなかった(30歳・主婦)

30歳女性。主婦。SBI証券で投資信託をしてます。

貯金があったので銀行で定期預金を利用していたのですが、ほとんど利息が付かない状況でした。そこで、インターネットでいい方法がないか検索してみると、株と投資信託の話が多くあったので興味を持ちました。

株と投資信託どちらにしようか迷ったのですが、株はリスクが高いイメージもあり断念しました。投資信託は長く続けるといいということなどが本やインターネットで書かれていたので投資信託をはじめることにしました。

投資信託をはじめることもリスクがともなうので、かなり不安でした。しかし、やってみないとわからないと思ったのでまずは少額ずつ積み立ての投資信託を行うことにきめて現在も続けています。

まだ初めて半年ほどしかたっていないので何とも言えません。今の段階で銀行に預けるよりも利息はついているのでこのまま続けていく予定です。

株なら配当金で少しでも資産が増えるし株主優待ももらえる(35歳・主婦)

35歳主婦、楽天証券で株取引をしています。

元々、祖父が資産運用として株や国債等の取引をしていたこともあり、幼い頃より投資が身近な存在でした。また、夫も証券会社勤務の親戚もいたため投資に興味関心がありました。

銀行に預けても金利が低く、株なら株主配当金で少しでも資産が増えること、株主優待を利用してお得に生活したいと夫婦共通の考えのもと余剰の貯金を利用して、手数料の安かった楽天証券で株取引を始めました。

投資初心者なので、ハイリスクハイリターンの投資は考えられず、手堅い株取引を選びました。自身が取引をするのは初めてということもあり、株価が安定し株主配当金目的でメガバンクの株を買いました。また、株主優待目的で通販会社とアミューズメント関係の株を買いました。

株取引を始めたことで、経済について興味が出たこと、流行に敏感になりました。実際、メガバンクの株は塩漬け状態ですが、株主優待目的の株は、利益のある状態で手放すことができました。

今は、子供に教育資金がかかる時期なので新たな投資は出来ていないのですが、貯金に余力が出たら投資を再開したいと考えています。

銀行に預けておくより確実に資産運用できそうだと思った(29歳・事務職)

29歳女性、IT企業で一般事務の仕事をしています。SMBC日興証券で投資信託をしています。

母親が十数年前から投資をしていて、新しいおすすめの商品があるという電話を頂いたとき、私も母と一緒に話を聞きに行ったことがきっかけで興味を持ち、私も投資を始めることにしました。

投資をしようと決断した一番の理由は、銀行の預金口座に入れておいてもお金は増えないからです。

投資は初めての経験だったので、株の様に大きな儲けはできないかもしれませんが、リスクは株よりも少なく多少の損が出ても長期で置いておけばそれなりに回復が期待できる投資信託を選びました。

投資とはいっても安定した某有名企業の商品なので、元本保証はなくとも長期的な目で見れば、低い利率の銀行に預けておくよりは確実に資産運用できそうだと思ったので購入を決めました。

投資を始めたことで資産運用に興味をもち、円の値段や日経平均株価についても気にするようになりました。また、将来のお金について考えるようになりお金に対する意識が変わりました。

マイナス金利の影響で銀行に預けても利息がつかない(25歳・会社員)

25歳女性、会社員です。楽天証券で投資信託と日本株式に投資してます。

投資を始めた理由は3つあります。1つはマイナス金利の影響で銀行に預けても利息がつかないので、それなら利息分だけでもと思い投資信託をしています。

投資信託は毎月や毎週、毎日と分散投資がありリスクも少なく投資ができます。ただこれも長期での投資を想定しています。

2つ目は、素人なのでプロが投資信託を運用してくれるのでほったらかしにできるところが魅力です。経済状況によっては元本を割れてしまうかもしれませんが、長期運用であれば利益をだせる可能性が上がると思っています。

3つ目は、少しでもお金を増やして、今後の夢のマイホームなどの資金にしたいと思ったからです。日本人はタンス貯金が多いと思いますが、タンスに預けても、銀行に預けても一緒なので投資しました。

一喜一憂してしまうことはありますが、気長に利益を待ってます。

銀行で貯金しているだけではお金が増えなくてもったいない(25歳・管理栄養士)

25歳女性、管理栄養士です。楽天証券で投資信託をしています。

貯金はしているのですが、銀行に預けているだけではお金が増えないなと思い始めていました。

そんな中で本屋で投資の本をみたときに面白さに気がつき、試しに始めてみることにしました。

年齢的にこれから子供もできるので、お金には常に不安があります。できれば増やせるだけ増やしたいので投資に興味を持ちました。

また月々の貯金額が大きく、この大きな金額をただ預けるだけでいいのかと疑問にも思っていました。

投資に対して不安はありましたが、周りの友達にもやっている人が多くいたので安心な証券会社や銘柄を教えてもらいました。投資の中でも投資信託を選んだので少額で始めることができ、気軽に始めることができたのも始めるきっかけになりました。

投資を始めて良かったです。経済について詳しくなりましたし、貯金が楽しくなりました。

まとまった大きなお金が手に入ったけど銀行では増えないため(30歳・会社員)

30歳女性、会社員。野村證券で株取引、ボーイング社の株に投資しています。

まず、投資を始めたきっかけは、まとまった大きなお金が手にはいったことです。わたしは年収も低くて、いつもなかなか貯金ができずにいました。自分ではなかなか手にすることができない額のお金を、使うのではなくてどうにか増やしていけないかと思い、いろいろ調べ始めました。

銀行に預けていても数百円しか増えないことを知り、投資を調べたのですが、株はなかなか利益をだすことが難しいこともよくわかりました。

なので最初は投資信託から始めて、証券会社の人のアドバイスを聞きながら少しずつ増やしました

そして、投資信託である程度が利益がでたあとは、自分で株を始めました。投資は最初難しいものだと思っていたのですが、始めると簡単でした。

投資を始めてから経済にも興味がもてました。

リスクは少しあっても増やせる可能性にかけたかった(57歳・自由業)

57歳、女性、自由業です。三菱UFJモルガン・スタンレー証券で投資信託をしています。

私が投資を始めたきっかけは数年前に親から相続で投資信託を譲り受けたことです。もともと生活資金とは別に譲り受けたものだったので、そのまま同じ証券会社で投資をしようと思いました。

当時親が持っていた投資信託はあまり成績が良くなかったので、証券会社の担当者と相談して別のものに投資してみることにしました。勤めていた会社を早期退職して自由業へと変わったこともあり、不安定な収入を補うために毎月分配型のものにしました。

また老後の資金を貯めることを考えると、銀行の貯蓄はリスクはありませんが利息がほとんどないため、少しリスクはあっても増やせる可能性にかけてみようと思ったことも理由の一つです。それ以来、同じ投資信託を続けています。

投資は初めての体験でほとんど知識もなかったので不安でしたが、相続という形で投資と言うものがどういうものか知ることができました。経済新聞の記事を読むようになったり、わからないことをインターネットや本で調べるようになりました。

肝心の投資の成績はあまりよくありませんが、今では少し経済のことにも関心を持つようになったので、もう少し勉強してよりよい投資ができるよう頑張りたいと思っています。

リスクの低いMMFでも定期預金より金利がよかったから(47歳・主婦)

47歳女性、専業主婦です。大和証券と野村証券でミニ株式に投資SBI証券で株式・外貨建て債券及びMMF・FXに投資しています。

就職当初から、積立定期預金をしていましたが、時代の推移と共に金利が低くなり、全く増えなくなりました。

最初はリスクをとる勇気がなく、投資は考えていませんでしたが、ある程度勤務年数を重ねまとまった額の預貯金ができてきた頃、知人から投資の話を聞き、リスクの低い商品もあることを教えてもらいました。

そこから投資のことを調べ始めましたが、リスクの低いMMFでも定期預金よりは金利がいいことが分かり、少しづつ投資への心の壁が低くなっていきました。

また、タダで貰えるものが好きな性格だったので、株主優待のある銘柄に関心を持ちました。

それまで世界情勢に無関心でしたので、株や外貨を通してこういったことにも目を向けられるようになりたいとも思いました。

投資を始めたことにより、トータルで資産が増えました。これはとても嬉しいことでした。

一時期ゲーム的な感覚でリスクの高い投資をしていた時期があり、その時は損失を出してしまいましたが、その経験によって自分に向いている投資法というものがブラッシュアップできました。

今後はリスクはほどほどにしながら投資を続けていきたいと考えています。

仕組預金等でお金を預けても年0.4%程なのが不満だった(20代・事務)

20代女性、保険関係の事務職をしています。SBI証券で株の購入をしています。

主に株主優待狙いで投資をしようと思い立ちました。自分がよく使う施設や購入するものを少しでも安くしたかったのと、仕組み預金等でお金を預けても年0.4%程なのが不満だった為に、株主優待狙いで購入しました。

仮に10万円を年0.4%の利子で預けると利子は400円。一方、株主優待がついている株を10万円分購入したとして、優待で1回600円の温泉施設利用券が4枚つけば、2400円分お金が浮く事になります。そう考えれば利子は2.4%と同等なので、ただ銀行に預けるよりは得した気分になれるかなと思い購入しました。

株主優待も企業によって様々で、探す事自体が楽しくもあります。株主優待でなければ貰えない特注商品の贈呈もあるので、まさに優待という扱いが嬉しいです。

株とは今まで縁が無いものと思っていましたが、企業を応援する気持ちで少額から始める株もありだなと思います。

投資を始めた理由アンケート関連記事