その他の理由で投資を始めた方のアンケートの回答です。※投資を始めた理由のアンケート結果です。

 

自分の人生を自分でコントロールするために(28歳女性・会社員)

28歳女性、会社員(事務職)です。野村証券で株式投資をしています。

自身でも満足する大手会社に入社することができており、将来的にも安定した生活は確保出来ています。しかしながら、テレビで30歳の億トレ―ダ―が人生成功の体験談を感動的に語っていたことや、株主優待で生活する高齢者の番組を見て衝撃を受けました。

人間の醜い部分ですが、現状に満足せずさらにその上を目指してしまいます。

また、今の会社にずっとしがみつくような人生も嫌だったので、いつでも違う人生に切り替えられるようにしたかったこともありました。

最終的に、自身も億のお金を動かせるような人間になり、大きな家に住んで、高級車に乗り回し、おしゃれな食事を食べるなど、周りの友人などから羨ましがられたかったため投資を始めました。

投資を始めた当初の目標はまだ達成出来ていませんが、投資を始めてから、世界経済のことをよく勉強することが出来ました。

転職前の会社の株を応援する気持ちで(31歳女性・事務)

31歳女性、転職をして事務員をしています。楽天銀行に口座をもっていたので、楽天証券で始めました。

転職前の会社の株を応援する気持ちで、1000株買ったことが始まりです。

業績が低迷しており、配当金なし、株主優待制度なしで持っていて、どうなることやらと最初は不安でしたが、業界の動向を調べたり、毎日株価の動きをチェックしたりと世の中の動きに敏感になりました。

前の会社以外でも株主優待がもらえて配当金が出て、なおかつ安く購入できる株を探して投資を始めました。

その後、前の会社の株は3倍近くまで株価が上がり、全て手放したときにはとても大きな利益となって返ってきたことがとても嬉しかったことを覚えています。

株を買うことにより会社にも愛着をもったり、世の中の動向にアンテナを張ったりといいことばかりだったと思います。

損はしたくありませんが、今後も株を買いたいです。

高校生の授業で株ゲームをして、株の虜に(20歳女性・大学生)

20歳女性、大学生です。カブドットコム証券で株を買っています。

高校2年生のときに、経済の授業の一環として、株ゲームを1年を通してやりました。

班に分かれてそのゲームをやっていたのですが、最初は有名企業のみから買っていたのですが、やり進めていくうちに、有名企業の株が儲かるとは限らない、寧ろ変動が大きい企業に焦点をあてたほうが面白いと気づき、株の虜になりました。

その後、大学生になってアルバイトを始めてから、自分のアルバイトのお給料を使って、少量ですが株を買うようになりました。

このように私が投資をはじめようと思ったきっかけは、勉強のため、将来のため、大儲けしたいという目標というよりは、株に対する単純な興味だと思います。

1年ほど経った今では、始めてよかったなあと思います。きっと、基本的に株が生きもののように思えるからだと思います。

今日はいくらかなと見るのが、毎日とても楽しいです。

勤め先の持株会に半ば強制的に入会(46歳男性・営業職)

46歳男性、営業職です。野村証券で株投資をしています。

当初は、株や投資にはあまり興味はなかったのですが、勤め先の持株会を半ば強制的にやらされていたので、貯金のつもりで入会していました。

以前は1000株以上であれば好きな時に下ろせたのですが、数年前から証券会社に持ち株を移して自分で売却しなければならなくなり、必然的に自社株の値動きを見なければならなくなりました。

ちょうど同時期に会社からスマートフォンを支給され、その中に株価を見られるアプリがあったため、頻繁に自社株の値動きを見るようになり、持株会の時の平均買い付け単価の倍くらいの値が付いたときに売却出来たのですが、その後さらに値上がりし、儲けそこなった感を強く持つようになりました。

そうこうしているうち、もっと儲かる株はないものかと思うようになり、いくつの銘柄を売買するようになりました。

あまり儲かっていないので何とも言えませんが、以前よりは経済や政治のことに興味を持つようにはなりました。それは仕事の面で役には立っています。

自営業になって自宅にいる時間が増えたため(31歳男性・自営業)

31歳男性、自営業です。松井証券で現物株投資をしています。

サラリーマン生活から自営業にジョブチェンジして、自宅にいる時間が増えたため、ネットでの株式投資を始めました。

リーマンショックや東日本大震災以降、株価が底を突いたと感じていたので、丁度よい機会だと思いました。

ネットでの売買はとても手軽で、リアルタイムに行なえるメリットもあり、抵抗なく始められました。手数料の安さも魅力的で、一日に複数回の売買を繰り返すデイトレードにも関心があったのです。また、利鞘を稼ぐだけでなく、各企業が用意している株主優待を受けたいと考えたのも理由の一つです。

長期保有する株式と、日銭を稼ぐ資金とを区別して楽しく投資を続けていけると考え、こうした点が投資を始めるきっかけとなったのです。

投資を始めてからは、日本経済や企業の健全性に関心を持てるようになりました。

勤めていた会社が持株会社に(43歳女性・事務)

43歳女性、建設業事務です。大和証券で株を買っています。

株には全く興味がなかったのですが、勤めていた会社が持株会社になり、上場する前に会長から何株か買い取りました。会長から、「上場したら購入価格よりも価格が上昇する」と言われて、いざ上場したら確かに価格がはね上がり、株は上手に売買すれば儲けが出るし、また会社の利益が上がれば年に1度お小遣い程度の収入(配当)があることもそこで知りました。

会長から株を購入した際に、口座を開かなければいけない旨を知り、証券会社もどこがいいか分からないままに、会長からの紹介で大和証券に口座を開きました。

他の株式会社はどんな優待があるのか、これから伸びる会社はどういった業種なのか勉強するために、日経マネーを読みながら色々考察しています。でも、性格が慎重なので細々と購入している感じです。

投資を始めてからは、株式優待が届くのが楽しみになったのでよかったと思います。

お金について本当に無知でした。これから、他の投資も勉強する気になりました。

資産運用についてのコラムを20本作製することになった(35歳・フリーライター)

35歳、フリーライターです。ライブスター証券などに口座を持っています。

ライターの仕事で、資産運用についてのコラムを20本作製することになり、しぶしぶはじめたというのが正直な理由です。

まっとうに貯金してお金を貯めるのが趣味でしたので、嫌々ではありましたが、勉強してみると投資はギャンブルとも違ったもので、なかなか興味深いと思いました。

資産運用というと株式を一番に思い浮かべてしまいますが、実際には金投資や投資信託、社債などさまざまな投資方法があります。方法によってリスクとリターンをコントロールできることがわかり、素人でもそれほどリスクを負わずに運用にチャレンジできることがわかり、本格的に投資をはじめようと思いました。

周りに投資をやっている人がいないので最初は不安でしたが、自分でしっかり準備してからなので今は不安はないです。

投資を始めてからは、世の中の動きに敏感になりました。また、経済ニュースも興味深く見られるように変わりました。ただし、政府への不満は高まってしまいました。。

前職の持ち株会に入った事がきっかけ(37歳男性・サラリーマン)

37歳男性、サラリーマンです。野村證券オンラインで株の売買をしています。

初めは、前職の持ち株会に入った事がきっかけでした。しかし一年と持たず、会社自体が大規模なリストラを始めた事から私も早期退職を希望致しました。

その際、結果的に野村證券の口座開設をし、持ち株の300株が手元に残りました。しばらくは乱高下を続けましたが、取得額前後に戻ってきたところで売り、なんとか増やせたりはしないものかと思い、金額は少額ながらトレードを始めてみました。

一応参考書も買い、読み漁りましたが、やはり度胸も知識もなく正直大きく負けはないものの勝ちもありません。

しかし、現職は田舎で給料は低いものの時間はたっぷりあるので、少しでもプラスになればとダラダラとトレードを続けています。なんとか月一万くらいのプラスが出ればと思っています。

投資を始めて良かったことは、お金への意識が変わったことです。

「はじめての人のための3000円投資生活」という本を読んで(28歳男性・契約社員)

28歳男性、契約社員です。楽天証券で株を購入しています。

今の家計やこれからの資産運用について考えていく中で、銀行に貯金する以外で何か新しいことを始めたい、そしてお金に関することや経済の仕組みも勉強できたらと思い、投資を始めました。

投資のことは全く詳しくなく、投資にまわせる資金も少ない状況でしたが、まずは少額から始めて少しずつ勉強していき、徐々に慣れてきたら本格的に運用していこうというスタンスでやっています。

きっかけは、「はじめての人のための3000円投資生活」(著:横山光昭)という本を読んだことです。ネットで情報収集していた時にこの本を知りました。

素人でも理解できるようにとても分かりやすく、投資を始める際の証券会社や商品の選び方なども著述されていて、とても参考になりました。

まだ始めて間もないので、投資に関してはよかったという実感もよくなかったという実感もありません。

ですが、これまでよりニュースや経済情報に目がいく様になりましたし、今も投資に関する勉強中なので、個人的には多くの面で役に立っていると思います。

ポイントプレゼントキャンペーンをやっていたから(29歳女性・情報処理事務)

29歳女性、IT関連の会社で情報処理事務をしています。イオン銀行で投資信託をしています。

たまたま休日にイオン銀行に寄る用事があって、そこで待ち時間の間に、銀行員の方に投資信託を勧められたからです。

その時は、投資信託を始めるとWAONポイントプレゼントキャンペーンなるものをやっていて、前々から投資には興味もあり、千円の少額から始められると聞いて、投資の勉強をするのにちょうど良いかなと思いました。

子供の頃に親から、「金持ち父さん貧乏父さん」という投資の本を貰って以来、株式投資や投資信託に興味は持っていたのですが、恥ずかしながらあまり自己資金に余裕が無く、また投資は難しいとのイメージがあって敬遠していました。

でも、いつも行っている身近な銀行で、気軽に相談できるというメリットに魅力を感じて、投資信託をすることに決めました。

投資をしてみて良かったです。3ヶ月に一度、投資信託の現在の様子を郵送で受け取ることが出来るのですが、想像していたよりずっと良い結果が出ていたのに驚きました。

もちろん、ちょうど株価が上がっている時期だったからというのもあるのですが、それでも投資で利益を出すのは素人の、それも初心者だと難しいと思っていたので、意外な喜びでした。

現在は、選んだ投資信託の中でよく購入されている銘柄の株価をチェックするなど、少しずつ投資について学んでいます。

いずれは投資信託だけで無く、株式投資にも参加してみたいです。

投資を始めた理由アンケート関連記事