SMBC日興証券の「キンカブ」の評判→1株未満でも500円から株が買える

SMBC日興証券のキンカブってどうなの?という質問をもらったので、他のネット証券もいろいろ使い慣れている管理人がキンカブを検証してみました。

SMBC日興証券のキンカブ、最近CMで見かけますね。(参考: SMBC日興証券 )これはSMBC日興証券のオンライントレード「日興イージートレード」の一つの発注の種類です。

キンカブの特徴は、株の売買単位に関係なく500円単位で購入することができるというものです。

通常は株には最低売買単位というものがあり、例えば株価が1000円でも最低売買単位が100株なら1000円×100株=10万円が必要になります。

しかしSMBC日興証券のキンカブではこの最低売買単位に関係なく、500円以上の金額指定(もしくは小数点以下第5位までの株数指定)で取引ができるというものになります。

1株未満でも買うことができるため、単元未満株よりもさらに小さい単位で売買ができます。

キンカブの名称の由来は金額か株数を指定して買えるため「額・数指定取引」となり、その愛称としてキンカブという名前になるそうです。

キンカブの手数料は高い?

キンカブの取引には手数料はかかりません。ただ、スプレッドといって取引金額の0.5%〜1%が加算され、これが手数料代わりとなります。

注文金額100万円までは買いはゼロ、売りは0.5%です。

買い手数料が無料ということは、手数料を払わずにコツコツ買い増していけるので積立投資に向いていますね。

買いのときはゼロなので、手数料を比較するため実質的に0.25%(買って売ってで0.5%なので)と考えると、100万円以下の注文なら単元未満株より安いですね。(単元未満株は安くて0.5%)

100万円超の場合は買いも売りも1%のスプレッド(実質的な手数料)がかかります。

ただ、キンカブは少ない単位で少額で取引できるのが魅力。

ということは100万円を超えるような大きな金額で取引することは、私たち個人投資家にとってはあまりないと言えるでしょう。その場合はオンライントレードで普通に取引すればSMBC日興証券はネット証券並みに安いですからね。

なので実質的に「キンカブは売りのときだけ0.5%の手数料がかかる」と考えてよいと思います。

買うときはゼロ、売るときは0.5%のスプレッドなので、買って売っての往復で0.5%。

通常は買いのときも売りのときも同じ手数料がかかるので、比較しやすくするために平均すると買いも売りも0.25%と考えることができます。(実際は「売りのときの0.5%」なので厳密には異なりますが比較のため)

この0.25%というのが高いか安いかということになるのですが、結論から言うと、

です。

一般的な株の取引では、例えばネット証券で10万円の株を購入したときの手数料はだいたい100円以下が多いです。(ネット証券により異なります)

10万円で100円の手数料、%にすると0.1%です。

100株単位ではなく、1株単位で買える単元未満株では、安い金額で購入できる分手数料は割高になり、単元未満株の手数料は注文金額の0.5%(税別)が一番安いです。(買いのときに0.5%、売りのときも0.5%)

これを考えるとSMBC日興証券のキンカブは、手数料はかなり割安といえます。

NISAとの相性も良い

500円単位で投資できるから「NISAの120万円の枠をギリギリまでぴったり使う」ということもできます。

まあ、そもそもNISAは利益が出てはじめて意味があるので、”枠をいっぱいに使う”ことを考えるより利益が出る銘柄を探すことのほうが大事です。

「1万円分NISAの枠が余った!もったいない!」と思ってしまうかもしれませんが、その1万円でどのくらい利益が出せるでしょうか?仮に10%値上がりしたとして1000円の利益、そこにかかる税金は200円です。あまり神経質になる金額でもないですよね。

ただ、利益が出ている調子の良い銘柄、今後もさらに上がりそうな銘柄をNISA枠めいっぱい買っておくという使い方はよいと思います。

キンカブのメリット

キンカブのデメリットは先にあげたように500円から少額で株が買えること、そして手数料が安いこと。

また、キンカブのメリットとしては「買いたい銘柄をNISA枠や資金の限界まで買う」という使い方では有効です。

買いたい銘柄がもう決まっていて、例えば「孫社長が好きだからソフトバンクグループの株を買いたい」としましょう。そして、資金は120万円あるとします。

そんな時キンカブなら「ソフトバンク株に120万円分投資」ということができます。

ソフトバンク株は2019年2月末時点では1単元100株で株価が10250円なので、この時点で必要な金額は102万5000円になり、あと102万5000円ないと買い増しができません。

しかし、キンカブなら「120万円分」と指定して買うことができます。これはキンカブの大きなメリットですね。

まあ、他のネット証券でも1単元買って残りを単元未満株で買えばほぼギリギリまでは買えますが、金額指定で買えるというのはわかりやすくていいですよね。

キンカブのデメリット

キンカブのデメリットは、株主優待がもらえないことや株主としての議決権がないこと。(配当金は株数に応じてもらえます)

ただ、キンカブで買い付けた株式が単元株以上になったら、「単元株振替」機能を使って、キンカブ口座から保護預り口座へ振り替えれば、株主優待の権利を得ることができます。

また、キンカブでの取引はスマホやガラケーのサイトでできないこともデメリットです。

ただ、 日興フロッギー というSMBC日興証券が運営するサイトの記事から株が買えるサービスを使えばスマホからも買うことができます。

キンカブや日興フロッギーで株を買うには

キンカブや日興フロッギーはSMBC日興証券のサービスなので、SMBC日興証券の口座を持っていれば使うことができます。

SMBC日興証券 (公式サイト)

>> 株関連トピックス一覧に戻る