「執行条件」で始値や終値で買うことができる

執行条件とは、株を買うときの注文に時間的な条件をつけることです。

「寄付で買いたい」「引けで成行注文したい」「指値注文が約定しなければ引けで成行注文」など条件付で指値や成行の注文をするときに使います。

特になければ「なし」や「当日中」を選べば執行条件の指定なしで発注ができます。基本的に自分から何も指定しなければ執行条件は「なし」になっています。

成行+執行条件」の寄成(よりなり)・引成(ひけなり)、「指値+執行条件」の寄指(よりさし)・引指(ひけさし)、指値と成行を組み合わせた「指成(さしなり)・不成(ふなり)」、IOC注文などがあります。

なぜ執行条件があるのかというと、始値や終値など、その日の取引の最初と最後は全ての注文が集計されて決まるためです。

執行条件を使うことで以下のようなことができます。

その日の終値で買いたい場合、タイミングによっては注文が間に合わなかったり終値より早く注文が出てしまったりするため、この執行条件を使うことでそういったことを防ぐことができます。

成行+執行条件

寄成(よりなり)=寄付+成行注文

前場または後場の寄付で成行注文をします。朝イチまたは午後イチで成行注文を出し、その日の始値や午後イチの株価で買うための注文です。

その日の最初の売買を「寄付」と言い、後場での最初の売買を「後場寄り」と言いますが、そのタイミングで成行注文を出すことで始値や午後の最初の値段で買うことができます。

「じゃあ普通に成行注文でいいじゃん?」と思うかもしれませんが、注文する株数が多い場合は寄付の値段だけで買いきれずに、株価を上げながら買い上がってしまうということもあります。

まあ、少額の注文なら基本的に寄成は使わず普通に「始まる前に成行注文」で大丈夫です。

前場が始まる前の寄成は前場の寄付きでのみ有効な成行注文となります。ただ、(特別気配などで)前場が値付かずの場合は注文が後場に引き継がれます。前場が始まる前に普通に執行条件無しで成行注文をしても変わりはないです。

後場に寄成で注文を出して値付かずの場合は翌日には引き継がれず注文が失効します。

引成(ひけなり)=引け+成行注文

前場または後場の引けで成行注文をします。午前の取引終了時(前引け)または午後の取引終了時(大引け)に成行注文を出すということです。

大引けに引成で注文を出すことでその日の終値で買うことができます。前場の終値やその日の終値で買いたいときに使います。

こちらは寄成と違って「終了ギリギリで成行注文を出す」というのはタイミングが難しく、買い逃しもあるので「終値で買いたい」というときには少額の注文の場合でも使えますね。

寄成のときとは違い、前場でザラ場引けで(特別気配などで)前場が値付かずになった場合は引け注文は成立せず失効し、注文は後場には引き継がれません。

指値+執行条件

寄指(よりさし)=寄付+指値注文

前場または後場の寄付で指値注文をします。朝イチまたは午後イチで指値注文を出し、その日の始値や午後イチの株価で指値が成立したら買うという注文です。

「始値がいくら以下だったら買いたい」といったことができます。

寄付前に普通に指値注文を出したときとの違いは、寄付の値段で決まらなければ指値以下でも約定しないということです。

寄指と寄成の違いは、寄指は「寄付の値段が指値以下なら買う」、寄成は「寄付の値段で絶対買う」という違いがあります。

前場が始まる前の寄指は前場の寄付きでのみ有効な成行注文となりますが、(特別気配などで)前場が値付かずの場合は注文が後場に引き継がれます。前場が始まる前に普通に執行条件無しで指値注文をしても変わりはないです。

後場に寄指で注文を出して値付かずの場合は翌日には引き継がれず注文が失効します。

引指(ひけさし)=引け+指値注文

前場または後場の引けで指値注文をします。午前の取引終了時(前引け)または午後の取引終了時(大引け)に指値注文を出すということです。

大引けに引指で注文を出すことでその日の終値で指値注文が成立すれば買うことができます。

「終値がいくら以下だったら買いたい」といったことができます。

引指と引成の違いは、引指は「引けの値段が指値以下なら買う」、引成は引けの値段で絶対買う」という違いがあります。

寄指のときとは違い、前場でザラ場引けで(特別気配などで)前場が値付かずになった場合は引け注文は成立せず失効し、注文は後場には引き継がれません。

指成(さしなり)・不成(ふなり)

証券会社によって指成(さしなり)や不成(ふなり)と呼び方が違いますが同じものです。

指値で注文を出し、取引時間中に指値注文が約定しなかった場合に、自動的に引けで成行注文に変更する注文方法です。

「できればいくら以下で買いたいけど、でも無理だったら終値で確実に買っておきたい」というときに使えます。

前場に注文を出せば午前の取引終了時(前引け)で、後場に注文を出せば午後の取引終了時(大引け)に未約条文が成行注文に切り替わります。前場でザラ場引けで(特別気配などで)前場が値付かずになった場合は引け注文は成立せず失効し、注文は後場には引き継がれません。

指成(不成)は意外と使える便利な注文方法ですが、どこの証券会社でも使えるわけではありません。大手の証券会社でも三菱UFJモルガン・スタンレー証券では使えない(2018年7月時点)など、証券会社によります。

ただ、ネット証券ではマネックス証券SBI証券をはじめ、ほとんどのネット証券で使えます。

特にマネックス証券は執行条件以外にもツイン指値リバース注文連続注文など注文の発注方法が豊富で、使い慣れるとパソコンの画面の前にいなくても戦略どおりのトレードができる非常に便利なネット証券です。

 

執行条件のもう一つ、IOCに関しては、IOCのページで解説しています。

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)