ETFがどんな商品なのかはETF入門のページで解説しました。ではそのETFはどうやって買うのか?ETFの買い方についてこのページで解説していきます。

このページの内容

 

ETFと投資信託の違い

ETF=投資信託と思っている方は意外と多いです。しかし、これは半分当たりで、半分はずれです。

一言で言うと、ETFは取引所に上場していて、株のように自由に取引ができる投資信託になります。(上場投資信託と言います)

また、ETFはある指標に連動するように作られています。例えば、日経平均株価やTOPIXに連動するETFが有名です。価格が指数に連動するため、インデックス投資信託に近い商品になります。

それではETFと一般的な投資信託とは、何が違うのでしょうか?まずはETFの仕組みを知り、具体的な違いをひとつずつ理解していきましょう。

ETFの仕組み

ETFには2つの仕組みが存在します。まず一つ目は、実際に商品の裏付けがあるものです。

例えば、日経平均株価に連動するETFなら、実際にETFを発行する関係機関には、日経平均株価に近い動きをするような株が預けられています。この預けられている株が裏付けとなり、ETFが発行されて市場で取引されているわけです。

ただ、あくまで日経平均株価に連動することを目的とした株であり、日経平均採用銘柄225社の株が均等に預けられているかはブラックボックスです。

もうひとつのETFの仕組みは、実際の商品の裏付けの代わりに、リンク債を裏付けにするものです。

例えば、簡単に預けられる日本の株と違って、新興国の株だとETFを発行する関連機関に株を預けていない場合があります。その場合は、その指数(今回の場合だと新興国の株価指数)に連動するように債券を作ります。これがリンク債です。

実際に株が預けられていないため、このリンク債を裏付けとしてETFが発行されます。ただ、このリンク債の中身はブラックボックスです。おそらく、その指数に影響がある外国株を保有しているファンドに投資していると考えられます。

ETFには、この現物拠出型とリンク債型の2つの仕組みがあることを覚えておきましょう。

ETFはインデックスファンドより手数料が安い

ここまで聞くと、「わざわざETFを選ばなくても、インデックスファンド(指数に連動した投資信託)に投資すればいいのでは?」そう思う方もいるでしょう。

確かに、同じ指数に連動させるよう運用すれば、理論的には同じ運用結果になります。日経平均やTOPIXなどの代表的な指数は、インデックスファンドもETFも複数あります。

しかし、実際はETFを選んだほうがお得です。

ETFはインデックスファンドよりも信託報酬が安いからです。

例えば投資信託の中でも信託報酬が安い「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」でも信託報酬は0.155%(税抜)。それに対してETFの「iシェアーズ・コア TOPIX ETF (1475)」は0.06%(税抜)です。

インデックスファンドよりも、ETFのほうが管理費が安いため、運用する側も少額のコストで運用できます。その結果、最終的に投資家が負担する手数料も安くなります。

一般的にETFを発行する機関は、もともと大量の日本株を保有しています。それらの株を眠らせずに活かすために、関係機関に株を預けてETFを発行します。そのETFが市場で売買されることにより、少しでも利益を得ようとするのです。

いちいち市場から株を買い集める必要がないため、手数料は発生しません。また、多くの投資家を相手にするために必要な経費も掛かりません。(リンク債型も同様)

その結果、一般的な投資信託よりもコストが低くなるのです。

安い手数料でインデックス投資ができる投資家と、眠らせたままの株を活かせる発行元。お互いにメリットがある、ETFはよくできた仕組みですね。

どこで買えるかの違い

ETFはどこの証券会社でも買える銘柄は同じです。それに対して投資信託の場合は証券会社ごとに取扱銘柄が異なります。

買いたい投資信託の商品がある場合は、その商品を取扱っているところで口座を作る必要があります。それに対してETFはどこの証券会社でも同じく買うことができます。

投資信託はネット証券では2000種類以上の銘柄を扱うところもありますが、店舗型の証券会社では大手でも数百種類くらいになります。

また、ETFは株と同じような扱いなので、銀行でETFを購入することはできません。銀行でETFの案内がある場合は、銀行は窓口になっているだけで実際の売買は関連の証券会社などに口座開設をしてそちらで行います。

投資信託の場合は銀行でも購入できます。ただしこちらもその銀行の投資信託用の口座の開設が必要です。

  • 証券口座・・・ETFも投資信託も買える
  • 銀行の投資信託用の口座・・・投資信託だけが買える
  • 銀行の普通預金の口座・・・どちらも買えない

と覚えておきましょう。

参考:ETFの買い方

注文方法と最低投資金額の違い

一般的な投資信託は、一日に一回しか取引ができません。15時までに申請すれば、翌営業日の朝に取引できます。15時以降だと、翌々営業日の朝になります。

この時間差があるため、注文を出す際に基準価格がわかりません。この基準価格がわからない状態で取引することをブラインド方式といいます。何故こんなことをするのかというと、投資信託を保有している他の方に、不利益がでないようにするためです。

一方、ETFは株のように市場でリアルタイムに価格が変動します。自分の好きな価格で指値注文や成行注文ができるため、比較的希望の価格で売買することができます。

これは想像していた価格と乖離する可能性のある投資信託と比べて、大きなメリットといえるでしょう。

また、1000円程度から投資できたり、「1万円分」というように金額を指定して投資できるものが多い投資信託と違って、ETFは最低投資金額はその時の価格よって決まり、1万円以上のものが多いです。この最低投資金額の違いも覚えておきましょう。

小見出し:ETFの仕組みが優れていても、必ず儲かるわけではない
最低投資金額や注文方法からもわかる通り、ETFは投資信託よりも株の意味合いが強いです。そのため、自分でどんな株に投資をすればいいのか分からないときに、ETFは有力な選択肢のひとつになります。

それなら、最初から投資信託を買えばいいのでは?と思うかもしれませんが、流動性やコストの問題があります。このような特性から、株取引と投資信託の間がETFという考え方もできます。

ここまで読むと、あらゆる面で投資信託より優れているように感じますが、日本の指数の投資対象になりえるETFは、日経平均株価連動型とTOPIX連動型の2パターンしかありません。外国株価指数連動型のETFも、リンク債型であることや、為替の影響が大きいことなど一筋縄ではいきません。

いくらETFの仕組みが優れていても、必ず儲かるわけではないことを覚えておきましょう。

金ETFなどの「商品」に連動したETF

株価指数だけではなく、商品に連動しているETFもあります。

例えば、金連動型ETFです。商品型ETFの場合は、基準になる指数の計算がETFごとに自由に設定できるため、金だけで実に様々なETFが存在します。

  • 実際に金が預けられているか?リンク債か?(現物の裏付けの有無)
  • どう計算しているか?(指数の計算方法)
  • どこで取引されている金に連動しているか?

これらの設定の詳細を紐解いて、それぞれのETFと比べるのは困難です。そのため、実際に投資する際には、金の現物と乖離なく連動しているか?現物保管型なのか?などで判断するしかありません。

現物保管型のETFなら、一定口数あれば現物の金と交換できます。金を現物で購入すると、それなりに管理コストがかかるため、将来的に現物の金の保有を考えているのなら、現物保管型のETFを少しずつ買っていくのも一つの手でしょう。

ETFと投資信託の違いのまとめ

1.上場しているのがETF

ETFと投資信託の違いは、投資信託の中でも上場しているものがETF、上場していないものが通常の投資信託です。

企業も証券取引所に上場している「上場企業」と、していない「未上場企業」がありますよね。

2.ETFは指数に連動している

そして、ETFは指数に連動するもので、投資信託はそれぞれ商品ごとにテーマがあり、指数に連動するものもあれば指数とは関係のないものもあります。

3.ETFはリアルタイム取引ができる

ETFは株と同じようにリアルタイムで売買することができます。投資信託は基準価額が決まるのは1日1回で、注文した翌日の基準価額で購入することになります。

4.「どこで買えるか」が違う

ETFは株と同じような扱いなので、証券会社やネット証券で購入します。銀行でETFを購入することはできません

投資信託は銀行でも購入できますが、その銀行の投資信託用の口座の開設が必要です。

  • 証券口座・・・ETFも投資信託も買える
  • 銀行の投資信託用の口座・・・投資信託だけが買える
  • 銀行の普通預金の口座・・・どちらも買えない

参考:ETFの買い方

5.ETFは投資信託より信託報酬が安い

投資信託には購入時の手数料とは別に信託報酬という隠れたコストがあります。

基本的にETFは投資信託に比べて信託報酬が安いです。

 

関連記事