米国ETFの買い方(海外ETFの購入方法)

海外ETFの買い方

ETFで日経平均やTOPIXなどいろいろな指数に投資ができるのは非常に便利ですが、ETF取引に慣れてくるともっと視野を広げて米国ETFなど海外のETFも買ってみたいと思うかもしれません。

例えば有名な米国ETFで「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」があります。これは先進国・新興国47カ国の株式市場をカバーしたETFで、これ一つで世界に分散投資できる人気の米国のETFですね。

このような海外ETFの買い方(購入方法)を初心者の方にわかりやすいように解説していきます。

※国内ETFの買い方はETFの買い方のページを参照してください。

■このページの内容

日本で買える主な海外ETFの種類

日本で買える主な海外ETFは「米国ETF」と「中国ETF(香港ETF)」です。

日本のETFは株と同じようにどこの証券会社でも購入できますが、海外ETFを買いたいという場合は、海外ETFを取扱っている証券会社やネット証券で取引をする必要があります。

ちなみに、海外ETFを「海外の指標(NYダウなど)に連動するETF」と勘違いをしている方もいるようですが、海外の指標でも日本国内で上場しているETFなら海外ETFではなく国内のETFとして売買できます。

例えばNYダウ平均に連動したETFなら「Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信(1679)」や「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種(1546)」などは国内のETFですね。(ただし、信託報酬は海外ETFのほうがかなり安い傾向にあります)

このページで言う海外ETFは海外市場(アメリカや中国など)に上場したETFです。日本市場にはないものもたくさんあり、取引の幅は大きく広がります。

米国ETFと中国ETF(香港ETF)は、マネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引ができます。この3社はNISA口座で海外ETFを買うこともできます。

米国株や米国ETFの手数料無料期間があるマネックス証券は人気が高いですね。

また、それ以外の国は銘柄数はかなり少ないですが、SBI証券で韓国ETFシンガポールETFを、楽天証券ではシンガポールETFを買うことができます。

また、ネット取引はできませんが大手の野村證券ではオーストラリア・ドイツ・イタリア・パリ・ロンドンなどの市場に上場したETFを買うこともできます。(銘柄数はかなり少ないですが・・・)

いろいろな国のETFを買うことができますが、基本は米国ETFなので実際に米国ETFをどのように購入するのか、わかりやすいように2ステップで解説して行きます。

米国ETFの買い方3ステップ

米国ETFを買うというときは、3つのステップで考えていきましょう。

  1. 米国ETFを取扱っている証券会社(外国株取引ができる証券会社)で口座開設をする
  2. 買いたいETFを検索する
  3. 外国株取引で買い注文を出す

順番に見ていきましょう。

1.米国ETFを取扱っている証券会社で口座開設をする

米国ETFは購入できる証券会社が限られていますので、米国ETFを購入するにはまず米国ETFを取扱っている証券会社で口座開設をする必要があります。

主要ネット証券で米国ETFを取扱っているのは以下の3社です。

まずは通常の証券総合口座(日本株取引の口座)を作ると、外国株取引もできるようになります。

ネット証券は口座開設するのにお金はかかりませんし口座の維持費もかかりません。

ネット証券が初めてというかたは、口座開設の手順を図解でわかりやすく解説しているページがあるのでそちらを参照してください。

参考:ネット証券の口座開設手順を「図解」でわかりやすく解説

2.買いたいETFを検索

口座開設が完了したら、ログインして買いたいETFを検索します。

3.外国株取引の口座で買い注文を出す

買いたい商品を決めたら、買う注文を出します。

米国ETFを買うには外国株取引の口座が必要なので、米国ETFだけでなくアメリカの企業の株(米国株)を買うこともできるようになります。

例えばAppleAmazonなどの株を買えるようになります。米国株は1株単位で買えるので少額で有名企業の株を買えることも多く、取引の幅が広がりますね。

以上ではじめて米国ETFを買うときの買い方の3ステップは完了です。

米国ETFは難しくない

パソコンでETFを購入する女性

米国ETFの買い方は外国株取引ができる証券会社の口座さえ作ってしまえば簡単です。日本の証券会社で日本語の画面で取引ができますし、情報なども日本語で見れます。

外国株の取引をしたことがない方は「難しいんじゃないか」というイメージがあったかもしれませんが、口座さえ作ってしまえばあとは日本株と同じです。

米国ETFを買うのは一度やってみれば意外と簡単です。投資に興味がある方は、まずは最初の「口座開設の申し込み」からやってみて下さい。ネット証券ならスマホ1台で今すぐ申し込みができますよ。

次のページ:ネット証券の口座開設手順を「図解」でわかりやすく解説

米国ETFが購入できる証券会社

米国ETFを取扱っているのは、ネット証券は3社、大手証券会社は5社ともで合わせて8社です。(2018年7月15日現在)

ネット証券で米国ETFを取扱っているのは以下の3社です。

米国ETFの買い方や外国株取引の口座開設の手順などは米国ETFの買い方3ステップを参考にして下さい。

米国株やETFの手数料無料期間があるマネックス証券は人気が高いですね。

大手証券会社5社も米国ETFや海外ETFが買えます。

大手の証券会社でも米国ETFや海外ETFを取扱っていますが、野村證券やみずほ証券はネット取引不可、他も大手はネット取引ができるのは一部銘柄のみとなっているので、米国ETFの取引はネット証券のほうが有利です。

「一部銘柄」とはどのくらいなのか?

試しに公式サイトに取扱銘柄とネット対応が記載されていたSMBC日興証券で調べてみたところ、ネット取引に対応した銘柄は香港市場の5銘柄のみ、米国市場のETFは無しでした。(公式サイト記載の2019年2月1日時点の銘柄一覧)

参考:海外上場ETF(SMBC日興証券)

ただし、大手にメリットがないかというとそうでもなく、野村證券ではネット証券では取扱っていないオーストラリア・ドイツ・イタリア・パリ・ロンドンなどのヨーロッパ市場に上場したETFを買うこともできます。(銘柄数はかなり少ないですが・・・)

ネット取引ができないということは手数料はコールセンター手数料や店頭取引の手数料になるため、ネット取引と比べて手数料がかなり割高になりますので、大手証券会社で米国ETFを買う場合はその点は覚悟しておきましょう。

米国ETFの主な銘柄

海外ETFといったら、やはり主要なのは米国のETFです。そこで、主な米国ETFをいくつか紹介します。

米国ETFにはどんな指数に連動するETFがあるのかなど参考にしてみてください。

米国株厳選銘柄レポートBOOKより一部引用。実際のレポートBOOKにはそれぞれのチャートや、各ETFのポートフォリオ(主な構成銘柄)、利回りや過去3年のパフォーマンスなど詳細な情報を見ることができます。(閲覧は無料ですが閲覧にはマネックス証券の口座が必要です)

マネックス証券の「USAプログラム」で米国ETFの手数料が実質無料に

マネックス証券のUSAプログラム(米国ETF買付応援プログラム)では、対象となる米国ETFの取引は取引日の翌月末までに手数料が米ドルでキャッシュバックされます。

対象銘柄は限られていますが、手数料無料で米国ETFが買えるのは嬉しいですね。

米国ETFに限らず、マネックス証券は米国株の個別銘柄の取扱数もダントツで多いので、米国ETFに興味のある方はマネックス証券の口座開設を検討してみるとよいでしょう。

米国ETFの取引ができる外国株の口座開設の手順も参考にしてください。