楽天証券で1株ずつ買う単元未満株やミニ株は買えないの?

楽天証券で株を1株だけ買いたいんだけどどうやって買うの?

「楽天証券で1株だけ株を買いたいんだけどやり方がわかりません。どうやって1株ずつ買うんですか?」

「なるほど、楽天証券で1株ずつ買う単元未満株取引がしたいんですね。
残念ですが、楽天証券では1株単位で株を購入することができないんです。」

1株から株を買える単元未満株取引や、10株ずつ買えるミニ株という制度がありますが、楽天証券は単元未満株もミニ株も買えません。そのため、楽天証券では100株ずつの単位で株を買うことになります。

最近は1株ずつ株が買うのが前提のネオモバなども人気なので、「1株ずつ買いたい」という人も増えていますし、少ない資金の少額投資でもたくさんの銘柄に投資できるのですごく便利なのですが、楽天証券ではできないんですね。

1株単位で株を買いたい場合は楽天証券ではなく…

楽天証券だと100株ずつしか個別株は買えないので、ある程度大きな資金が必要になってきます。資金が少ない人は買える株も限られてくるし、少額でたくさんの株を買ってみたい人にはあまり向いていません。

でも、1株単位で買えると資金が少ない人でもいろいろ買えてかなり楽しくなります。

1株単位で少額で株を買いたい場合は、楽天証券ではなくマネックス証券やSBI証券などの他の証券会社で買いましょう。

参考:単元未満株が買える証券会社

単元未満株取引の手数料が安いのは、買い手数料が無料(手数料がかかるのは売る時だけ)のマネックス証券ですね。

参考:単元未満株の手数料比較表

楽天証券で1万円で買える株

楽天証券だと100株単位なので、例えば資金が1万円しかない人が買える株は株価が100円以下のものだけになります。そうなるとかなり選択肢が限られてしまいます。

1株ずつ買える証券会社なら株価が1万円以下の銘柄は1万円で買えます。これだけで選択肢は大きく違ってきますね。

そのため、1株ずつ買うために楽天証券とは別の証券会社にも口座を持っておくというのもおすすめです。

1株ずつの株取引はできる方がいい

1株単位で買えると、単元取引(100株単位)の100分の1の資金で買えるので、いろんな株をたくさん買って分散投資をしたり、100株ではとても手が出ないような株価の高い株を買えるようになり、取引の幅が広がって楽しくなります。

また、100株単位だとどうしても金額が大きくなるため、株価の値動きでメンタルがブレやすくなってしまいます。株価が気になって仕事に集中できない人とか多いですよね。

一方で1株単位なら、多少株価が動いても利益や損失が大きくならず、冷静に取引を楽しむことができます

例えば株価1000円なら100株で10万円、10%下がれば1万円の損失です。同じ株価1000円でも1株だけ買ったなら10%下がっても損失は100円です。

初心者にはそっちの方が向いています。

株価が上がった時も同じです。100株単位だと「もっと上がれ!今いくらだ!?」と常に株価が気になります。1株単位だと「あー上がったね」くらいでそこまで気になりません。

1株単位のほうが仕事にも影響なく、取引も冷静にできます。だから初心者にはそっちの方が向いています。

冷静でない時の取引は間違った判断をしやすく、またそういう時の取引は投資の経験値にならないですからね。

そういった意味で、楽天証券に口座を持っている人でも、1株ずつ単元未満株を買うために他の証券口座を作るのをおすすめします。

また、単元未満株よりさらに小さく100円単位で株を買えるキンカブ取引というものもあります。

キンカブはSMBC日興証券の独自のサービスで、どの株でも100円単位で買うことができます。1株の株価が1万円以上するような株でも100円から買うことができます。

楽天証券に関する関連記事