株の買い方の勉強をする女性株式投資を始めるとき、初心者の方がまず迷うのは「株ってどうやって買うの?」ということです。つまり、株の買い方・購入方法がわからないということですね。

慣れている人にとっては当たり前のことでも、株式投資を始めたばかりの初心者の方にとっては難しいものです。

そこで、ここでは株の買い方(購入方法)を初心者の方にわかりやすいように解説していきます。

はじめての株の買い方は4ステップで考える

初めて株を買うというときは、4つのステップで考えていきましょう。

  1. 証券会社(ネット証券)で口座開設をする
  2. 購入する資金を入金する
  3. 買い注文を出す
  4. 約定する(注文が成立して買うことができる)

4ステップもあるのは最初だけ。口座開設は1度作ってしまえばおしまいだし、資金の入金も十分な資金を入れておけば必要ありません。

そのため、2回目以降は基本的には3と4を繰り返す形になり、最後の4(約定する)は注文したら買えるまで待つだけです。

つまり、口座開設をして資金を入れてしまえば、あとは注文を出すだけなのでカンタンです。

順番に詳しく見ていきましょう。

1.証券会社(ネット証券)で口座開設をする

証券会社(ネット証券)で口座開設をするまず、株を購入するには証券会社で口座開設をする必要があります。株はどこかに行って現金で直接買うのではなく、証券会社の口座を通じて購入します。

銀行にお金を預けるためには銀行に口座開設をするのと同じく、株の売買をするためには証券会社で口座開設をします。

銀行の口座開設にお金がかからないのと同様、ネット証券(インターネット専用の証券会社)の場合は口座開設をするのにお金はかかりません。

また、銀行では振込などを行うと手数料がかかりますが、証券会社でも株を買うときや売るときには手数料がかかります。これは証券会社によって手数料が違い、ネット証券は手数料がかなり安いため、最近では新しく株を始めるときは多くの方がネット証券を使っています。

ネット証券の場合は口座開設なども全てスマホやパソコンを使って手続きがでできるので、家から一歩も出ることなく口座開設ができて非常に便利です。はじめての方は2000円がもらえる口座開設キャンペーンなどを利用して最初からプラスで始めるのもよいですね。

口座開設の手順などはわかりやすく解説しているサイトが他にたくさんあるのでここでは割愛させていただきます。

参考:ネット証券の口座開設方法(画像つきで解説)

2.株を購入する資金を入金する

株を購入する資金を入金する口座開設が完了したら、株を購入する資金を証券会社に入れます。

株を買うときは、私たちが普段商品を買うときのように直接お金を払って買うわけではなく、まず証券会社に資金を入金し、その資金で株を買うという流れになります。そのため、まずは資金を入れるという手順が必要になります。

証券会社に資金を入れるときは、銀行振込などがメジャーです。入金確認に時間がかかるので、ネット証券で対応したネットバンキングで入金をすると即時反映(振込み手続き完了と同時に資金が反映され、すぐに株が買えるようになる)され、振込手数料も無料になるので、ネット証券+ネットバンキングは非常に便利です。

3.買い注文を出す

スマートフォンで株を購入する注文を出す(または売る注文を出す)証券会社に株を購入するための資金が反映されたら、株を買う注文を出します。どの銘柄(どの企業の株)をいくらで何株買うかを決め、株を購入する注文を出します。

この株を何株、いくらで買いますというように注文を出せばいいだけなので、注文自体はネットショッピングやオークションのようで簡単ですね。

注文画面は↓こんな感じです。(注文の部分だけ切り抜きです、この画面で他にもいろいろな情報が見れます)

ネット証券で株を買うときの注文画面
マネックス証券での発注の画面です

注文する株数や発注する金額も横にある+-のボタンで決められるので簡単ですね。

ちなみに、ネット証券なら株の購入はパソコンだけでなく、スマートフォンでもできます。

ちょっと用事があって出かけるときなど外出先でもタイミングを逃さず株を購入したり売ったりできて便利ですね。

4.約定する(注文が成立して買うことができる)

注文が成立することを約定(やくじょう)と言います。

株を買うときには、例えばあなたが「100円で買う」という注文を出したときに市場では株価が103円だった場合、株価が100円に下がるまでは約定しません。

株は「買いたい」という人の提示する買値と「売りたい」という人の提示する売値がマッチしたときに初めて売買が成立します。

「いくらでもいいから今すぐ買いたい」という場合は、現在の株価より高い値段で指値の買い注文を入れるか、「成行(なりゆき)」という注文方法(いくらでもいいから買う・売るという注文)を入れます。

以上が株の買い方です。

慣れてしまえば株を買うのは難しくない

慣れてしまえば株を買うのは難しくない株の買い方はこの4ステップでしたね。

  1. 証券会社で口座開設
  2. 購入する資金を入金
  3. 買い注文を出す
  4. 約定する(注文が成立)

でも、4ステップあるのは最初だけで、実際はもっと簡単です。

1(証券会社の口座開設)は作れば終わり、2(資金を入金)も、最初に資金を入れたあとはしばらくは必要ないでしょう。

基本的には、3(買い注文)、4(約定)の「売買」の部分だけです。

「買うとき」と「売るとき」に注文を出して約定を待つ(成行ならすぐに約定します)、資金が足りなくなったら入金する、というのが株を買ったり売ったりする手順になります。

株を買ったことがない方は「難しいんじゃないか」というイメージがあったかもしれませんが、株の買い方はやってみれば意外と簡単ですよ。

株式投資に興味がある方は、まずは最初の口座開設の申し込みからやってみて下さい。ネット証券ならインターネット上で今すぐ申し込みができますよ。

参考:ネット証券の口座開設方法(画像つきで解説)

【おすすめ】9/30までもれなく2000円がもらえる口座開設キャンペーン

初心者におすすめや人気のネット証券はどこ?

ネット証券はたくさんありますが、これから株を買いたい初心者の方にはサイトが使いやすいマネックス証券や、スマホで取引がしやすい岡三オンライン証券、口座を持っている人の数が多いSBI証券などが初心者の方にはおすすめです。

  1. マネックス証券【PC取引の方におすすめ】

    初心者でもわかりやすく、サポートも充実!

  2. 岡三オンライン証券【スマホ取引の方におすすめ】

    「岡三かんたん発注」はスマホやタブレットでの使いやすさ抜群!
    もれなく2000円がもらえる口座開設キャンペーン中 ※9/30申込まで限定

  3. SBI証券

    口座数はネット証券でNo1!


 

関連記事